Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 吊り掛け駆動方式(つりかけくどうほうしき)は、電車・電気機関車等の電気車において、モーターから輪軸に動力を伝達する(モーターを台車に装架する)方式の一種。手法としては単純で、すでに古典的な方式である。釣掛式、吊りかけ式、つりかけ式支持装置などとも表記する。日本工業規格による英語表記は「nose suspension drive」とされる。日本では、電車の駆動方式としてはカルダン駆動方式に取って代わられ、現存例は多くない。しかし、大形の主電動機を装備する電気機関車の駆動方式としては21世紀初頭現在でも広く使われている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56500 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57117320 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 吊り掛け駆動方式(つりかけくどうほうしき)は、電車・電気機関車等の電気車において、モーターから輪軸に動力を伝達する(モーターを台車に装架する)方式の一種。手法としては単純で、すでに古典的な方式である。釣掛式、吊りかけ式、つりかけ式支持装置などとも表記する。日本工業規格による英語表記は「nose suspension drive」とされる。日本では、電車の駆動方式としてはカルダン駆動方式に取って代わられ、現存例は多くない。しかし、大形の主電動機を装備する電気機関車の駆動方式としては21世紀初頭現在でも広く使われている。
rdfs:label
  • 吊り掛け駆動方式
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:primemover of
is prop-ja:駆動方式 of
is prop-ja:駆動装置 of
is foaf:primaryTopic of