第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英: World War II、略称:WWII、中国語: (繁体字)第二次世界大戰、ドイツ語: Zweiter Weltkrieg、フランス語: Seconde Guerre mondiale、ロシア語: Вторая мировая войнаה)は、1939年から1945年までの7年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、オランダ、フランス、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソビエト連邦によるポーランド侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告によりヨーロッパは戦場と化した。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダ、オーストラリアとの太平洋戦争(大東亜戦争)開戦によって、戦火は全世界に拡大し、人類史上最大規模の戦争となった。 詳細は「第二次世界大戦の参戦国」を参照 戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため全面的な人的、物的資源の動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。

Property Value
dbo:abstract
  • 第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英: World War II、略称:WWII、中国語: (繁体字)第二次世界大戰、ドイツ語: Zweiter Weltkrieg、フランス語: Seconde Guerre mondiale、ロシア語: Вторая мировая войнаה)は、1939年から1945年までの7年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、オランダ、フランス、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソビエト連邦によるポーランド侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告によりヨーロッパは戦場と化した。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダ、オーストラリアとの太平洋戦争(大東亜戦争)開戦によって、戦火は全世界に拡大し、人類史上最大規模の戦争となった。 詳細は「第二次世界大戦の参戦国」を参照 枢軸国は1940年に成立した三国同盟に加入した国と、それらと同盟関係にあった国を指す。一方、連合国は枢軸国の攻撃を受けた国、そして1942年に成立した連合国共同宣言に署名した国を指す。すべての連合国と枢軸国が常に戦争状態にあったわけではなく、一部の相手には宣戦を行わないこともあった。しかし大戦末期には当時世界に存在した国家の大部分が連合国側に立って参戦した。また、イタリアなど連合国に降伏したあとに、枢軸国陣営に対して戦争を行った旧枢軸国も存在するが、これらは共同参戦国と呼ばれ、連合国の一員であるとはみなされなかった。枢軸国の中核となったのはドイツ、日本、イタリアの3か国、連合国の中核となったのはイギリス、ソビエト連邦、中華民国、アメリカ合衆国、フランスの5か国である。 第二次世界大戦の戦域を大別する際、ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアの一部を含むものと、東アジア・東南アジアと太平洋・インド洋全域を含むものに分けられる。このうちドイツ、イタリアなどとイギリス、フランス、ソ連、アメリカなどとの戦いを欧州戦線、日本などとイギリス、中華民国、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、オランダなどとの戦いを太平洋戦線と大別する。欧州戦線はイギリス、アメリカ、フランス、ブラジルなどが枢軸国と戦った西部戦線および北アフリカ戦線と、ソ連と枢軸国が戦った東部戦線(独ソ戦)に分けられる。太平洋戦線は太平洋戦争と呼称され(当時の日本側の呼称は「大東亜戦争」)、日本とイギリス、オーストラリア、アメリカなどが戦った、オランダの植民地のインドネシアやイギリス領のマレー半島、フランス領インドシナなどで日本とオランダ、イギリス、アメリカなどが戦った、ビルマやインド、セイロンやアフリカで日本がイギリス、アメリカなどと戦った、そして中国大陸で日本が中華民国とアメリカなどと戦った日中戦争に分けられる。しかし、これら以外にオーストラリアや中南米、カリブ海、東アフリカなどでも戦闘が行われ、文字通り世界的規模の戦争であった。 戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため全面的な人的、物的資源の動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。 第一次世界大戦と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。第一次世界大戦は塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたが、第二次世界大戦では無線通信を用いた機動戦の結果、戦線が拡大した。また、無線は電信と違い敵に傍受されるため、暗号による作戦伝達や、その解読による戦果がもたらされた。使用された兵器には、著しく発達した航空機や戦車などに加え、レーダーやジェット機、長距離ロケットなどの新兵器、さらに原子爆弾つまり核兵器という大量殺戮兵器がある。 総力戦も第一次世界大戦より徹底され、国民はただ単に戦争に反対しないという態度では許されず、戦争遂行に献身的な協力を要求され、非協力者に対する国家による制裁は厳しかった。この戦争では戦場と銃後の区別がなくなり、人類史上初の原子爆弾投下を含め、民間人が住む都市への大規模な爆撃、占領下の各地で実施された強制労働により、多くの民間人や捕虜が命を失った。 またドイツは、自国および占領地においてユダヤ人・ロマ・障害者に対して組織的大量虐殺を戦争と並行して進めた。これらはホロコーストと呼ばれる。こうした要因による大戦中の民間人の死者は、総数約5,500万人の半分以上の約3,000万人に達した。また大戦末期から大戦後にかけては、ドイツ東部や東ヨーロッパから1,200万人のドイツ人が追放され、その途上で200万人が死亡している。新たにソ連領とされたポーランド東部ではポーランド人も追放され、大幅な住民の強制移住が行われた。またアジア・太平洋では日本人が強制送還され、捕虜となった枢軸国の将兵や市民は戦後も数年間シベリアなどで強制労働させられた。 戦争中から連合国では、国際連合など戦後秩序作りが協議されていた。戦場となったヨーロッパ、日本の国力が著しく低下したこともあり、戦争の帰趨に決定的影響を与えたソビエト連邦とアメリカ合衆国の影響力は突出し、極めて大きくなった。この両国は戦後世界を指導する超大国となったが、やがて対立するようになり、その対立は長い間冷戦構造をもたらし、世界の多くの国々はその影響を受けずにはいられなかった。また、欧州の白人諸国家の統治下にあったアジア、アフリカの植民地では民族自決そして独立の機運が高まって多くの国々が独立し、結果として欧州列強の地位は著しく低下した。こうした中で、相対的な地位の低下を迎えた西ヨーロッパでは大戦中の対立を乗り越え欧州統合の機運が高まった。 (ja)
  • 第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英: World War II、略称:WWII、中国語: (繁体字)第二次世界大戰、ドイツ語: Zweiter Weltkrieg、フランス語: Seconde Guerre mondiale、ロシア語: Вторая мировая войнаה)は、1939年から1945年までの7年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、オランダ、フランス、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソビエト連邦によるポーランド侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告によりヨーロッパは戦場と化した。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダ、オーストラリアとの太平洋戦争(大東亜戦争)開戦によって、戦火は全世界に拡大し、人類史上最大規模の戦争となった。 詳細は「第二次世界大戦の参戦国」を参照 枢軸国は1940年に成立した三国同盟に加入した国と、それらと同盟関係にあった国を指す。一方、連合国は枢軸国の攻撃を受けた国、そして1942年に成立した連合国共同宣言に署名した国を指す。すべての連合国と枢軸国が常に戦争状態にあったわけではなく、一部の相手には宣戦を行わないこともあった。しかし大戦末期には当時世界に存在した国家の大部分が連合国側に立って参戦した。また、イタリアなど連合国に降伏したあとに、枢軸国陣営に対して戦争を行った旧枢軸国も存在するが、これらは共同参戦国と呼ばれ、連合国の一員であるとはみなされなかった。枢軸国の中核となったのはドイツ、日本、イタリアの3か国、連合国の中核となったのはイギリス、ソビエト連邦、中華民国、アメリカ合衆国、フランスの5か国である。 第二次世界大戦の戦域を大別する際、ヨーロッパ・北アフリカ・西アジアの一部を含むものと、東アジア・東南アジアと太平洋・インド洋全域を含むものに分けられる。このうちドイツ、イタリアなどとイギリス、フランス、ソ連、アメリカなどとの戦いを欧州戦線、日本などとイギリス、中華民国、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、オランダなどとの戦いを太平洋戦線と大別する。欧州戦線はイギリス、アメリカ、フランス、ブラジルなどが枢軸国と戦った西部戦線および北アフリカ戦線と、ソ連と枢軸国が戦った東部戦線(独ソ戦)に分けられる。太平洋戦線は太平洋戦争と呼称され(当時の日本側の呼称は「大東亜戦争」)、日本とイギリス、オーストラリア、アメリカなどが戦った、オランダの植民地のインドネシアやイギリス領のマレー半島、フランス領インドシナなどで日本とオランダ、イギリス、アメリカなどが戦った、ビルマやインド、セイロンやアフリカで日本がイギリス、アメリカなどと戦った、そして中国大陸で日本が中華民国とアメリカなどと戦った日中戦争に分けられる。しかし、これら以外にオーストラリアや中南米、カリブ海、東アフリカなどでも戦闘が行われ、文字通り世界的規模の戦争であった。 戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため全面的な人的、物的資源の動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。 第一次世界大戦と比較すると、ともに総力戦であったが相違もあった。第一次世界大戦は塹壕戦とケーブル切断を主体に展開されたが、第二次世界大戦では無線通信を用いた機動戦の結果、戦線が拡大した。また、無線は電信と違い敵に傍受されるため、暗号による作戦伝達や、その解読による戦果がもたらされた。使用された兵器には、著しく発達した航空機や戦車などに加え、レーダーやジェット機、長距離ロケットなどの新兵器、さらに原子爆弾つまり核兵器という大量殺戮兵器がある。 総力戦も第一次世界大戦より徹底され、国民はただ単に戦争に反対しないという態度では許されず、戦争遂行に献身的な協力を要求され、非協力者に対する国家による制裁は厳しかった。この戦争では戦場と銃後の区別がなくなり、人類史上初の原子爆弾投下を含め、民間人が住む都市への大規模な爆撃、占領下の各地で実施された強制労働により、多くの民間人や捕虜が命を失った。 またドイツは、自国および占領地においてユダヤ人・ロマ・障害者に対して組織的大量虐殺を戦争と並行して進めた。これらはホロコーストと呼ばれる。こうした要因による大戦中の民間人の死者は、総数約5,500万人の半分以上の約3,000万人に達した。また大戦末期から大戦後にかけては、ドイツ東部や東ヨーロッパから1,200万人のドイツ人が追放され、その途上で200万人が死亡している。新たにソ連領とされたポーランド東部ではポーランド人も追放され、大幅な住民の強制移住が行われた。またアジア・太平洋では日本人が強制送還され、捕虜となった枢軸国の将兵や市民は戦後も数年間シベリアなどで強制労働させられた。 戦争中から連合国では、国際連合など戦後秩序作りが協議されていた。戦場となったヨーロッパ、日本の国力が著しく低下したこともあり、戦争の帰趨に決定的影響を与えたソビエト連邦とアメリカ合衆国の影響力は突出し、極めて大きくなった。この両国は戦後世界を指導する超大国となったが、やがて対立するようになり、その対立は長い間冷戦構造をもたらし、世界の多くの国々はその影響を受けずにはいられなかった。また、欧州の白人諸国家の統治下にあったアジア、アフリカの植民地では民族自決そして独立の機運が高まって多くの国々が独立し、結果として欧州列強の地位は著しく低下した。こうした中で、相対的な地位の低下を迎えた西ヨーロッパでは大戦中の対立を乗り越え欧州統合の機運が高まった。 (ja)
dbo:casualties
  • 400 (xsd:integer)
  • 800 (xsd:integer)
  • 1700 (xsd:integer)
  • 3300 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • *
  • ----
  • 連合国
  • 枢軸国
  • (1945)
  • border|25px|イタリア社会共和国の旗イタリア社会共和国(1943-1945)
  • (-1940)
  • (1939-1945)
  • (1940)
  • (1940-)
  • (1940-1943)
  • (1941)
  • (1941-1944)
  • (1941-1945)
  • (1941–1944)
  • (1941–1945)
  • (1942-1945)
  • (1943-1945)
  • (1943-1945)など
  • (1944-1945)
  • (1944–1945)
  • (1945)など
  • border|25px|自由フランスの旗自由フランス(1940-1944)
  • border|25x20px|ポーランドの旗ポーランド(1939)
  • 中華民国]](1941-1945)
  • 大英帝国(1939-1945)
  • 非宣戦国家
dbo:description
  • 左下:に署名するドイツ元帥ヴィルヘルム・カイテル (ja)
  • 右中央:東部戦線におけるシュトゥーカ急降下爆撃機 (ja)
  • 右上:第一次エル・アラメイン会戦 (ja)
  • 右下: (ja)
  • 左上:万家嶺の戦い (ja)
  • 左中央:スターリングラード攻防戦 (ja)
  • 左下:に署名するドイツ元帥ヴィルヘルム・カイテル (ja)
  • 右中央:東部戦線におけるシュトゥーカ急降下爆撃機 (ja)
  • 右上:第一次エル・アラメイン会戦 (ja)
  • 右下: (ja)
  • 左上:万家嶺の戦い (ja)
  • 左中央:スターリングラード攻防戦 (ja)
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 連合国の勝利
  • *ソ連とアメリカの対立
  • *冷戦の始まり
  • *国際連合創設
  • *国際連盟の解散
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2593589 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 192166 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81593568 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 第二次世界大戦 (ja)
  • 第二次世界大戦 (ja)
prop-ja:campaign
  • 第二次世界大戦 (ja)
  • 第二次世界大戦 (ja)
prop-ja:caption
  • 左下:に署名するドイツ元帥ヴィルヘルム・カイテル (ja)
  • 右中央:東部戦線におけるシュトゥーカ急降下爆撃機 (ja)
  • 右上:第一次エル・アラメイン会戦 (ja)
  • 右下: (ja)
  • 左上:万家嶺の戦い (ja)
  • 左中央:スターリングラード攻防戦 (ja)
  • 左下:に署名するドイツ元帥ヴィルヘルム・カイテル (ja)
  • 右中央:東部戦線におけるシュトゥーカ急降下爆撃機 (ja)
  • 右上:第一次エル・アラメイン会戦 (ja)
  • 右下: (ja)
  • 左上:万家嶺の戦い (ja)
  • 左中央:スターリングラード攻防戦 (ja)
prop-ja:casualties
  • 死者 (ja)
  • 民間人3300万人 (ja)
  • 民間人400万人 (ja)
  • 軍人1700万人 (ja)
  • 軍人800万人 (ja)
  • (諸説有り) (ja)
  • 死者 (ja)
  • 民間人3300万人 (ja)
  • 民間人400万人 (ja)
  • 軍人1700万人 (ja)
  • 軍人800万人 (ja)
  • (諸説有り) (ja)
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffccaa (ja)
  • background:#ffccaa (ja)
prop-ja:combatant
  • 連合国 (ja)
  • border|25px|イタリア社会共和国の旗 イタリア社会共和国 (ja)
  • 枢軸国 (ja)
  • border|25px|自由フランスの旗 自由フランス (ja)
  • など ---- (ja)
  • など ---- 非宣戦国家 (ja)
  • 中華民国]] (ja)
  • 大英帝国 * * * * * * (ja)
  • border|25x20px|ポーランドの旗 ポーランド (ja)
  • 連合国 (ja)
  • border|25px|イタリア社会共和国の旗 イタリア社会共和国 (ja)
  • 枢軸国 (ja)
  • border|25px|自由フランスの旗 自由フランス (ja)
  • など ---- (ja)
  • など ---- 非宣戦国家 (ja)
  • 中華民国]] (ja)
  • 大英帝国 * * * * * * (ja)
  • border|25x20px|ポーランドの旗 ポーランド (ja)
prop-ja:commander
  • dbpedia-ja:ヴワディスワフ・シコルスキ
  • dbpedia-ja:ファイル:Flag_of_Poland_(1928-1980).svg
  • ウィリアム・ライアン・マッケンジー・キング (ja)
  • アドルフ・ヒトラー (ja)
  • ウィンストン・チャーチル (ja)
  • ハリー・S・トルーマン (ja)
  • フィリップ・ペタン (ja)
  • ベニート・ムッソリーニ (ja)
  • ホルティ・ミクローシュ (ja)
  • ボリス3世 (ja)
  • ヨシフ・スターリン (ja)
  • ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世 (ja)
  • 昭和天皇 (ja)
  • 蔣介石 (ja)
  • 鈴木貫太郎 (ja)
  • キリル (ja)
  • アルベール・ルブラン (ja)
  • 初代ウェーヴェル子爵 (ja)
  • イオン・アントネスク (ja)
  • クレメント・アトリー (ja)
  • ジョージ6世 (ja)
  • カール・デーニッツ (ja)
  • クアン・アパイウォン (ja)
  • ラーマ8世 (ja)
  • ネヴィル・チェンバレン (ja)
  • フランクリン・D・ルーズベルト (ja)
  • ロバート・メンジーズ (ja)
  • リスト・リュティ (ja)
  • 第2代リンリスゴー侯爵 (ja)
  • ジョン・カーティン (ja)
  • 愛新覚羅溥儀(康徳帝) (ja)
  • 小磯國昭 (ja)
  • 東条英機 (ja)
  • プレーク・ピブーンソンクラーム ---- ファイサル2世 (ja)
  • border|25px|自由フランスの旗 シャルル・ド・ゴール (ja)
prop-ja:commons
  • World War II (ja)
  • World War II (ja)
prop-ja:commonscat
  • World War II (ja)
  • World War II (ja)
prop-ja:conflict
  • 第二次世界大戦 (ja)
  • 第二次世界大戦 (ja)
prop-ja:d
  • Q362 (ja)
  • Q362 (ja)
prop-ja:date
  • --09-01
prop-ja:place
prop-ja:result
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikisource
  • Category:第二次世界大戦 (ja)
  • Category:第二次世界大戦 (ja)
prop-ja:出典の明記
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:脚注の不足
  • --01-01
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英: World War II、略称:WWII、中国語: (繁体字)第二次世界大戰、ドイツ語: Zweiter Weltkrieg、フランス語: Seconde Guerre mondiale、ロシア語: Вторая мировая войнаה)は、1939年から1945年までの7年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、オランダ、フランス、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソビエト連邦によるポーランド侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告によりヨーロッパは戦場と化した。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダ、オーストラリアとの太平洋戦争(大東亜戦争)開戦によって、戦火は全世界に拡大し、人類史上最大規模の戦争となった。 詳細は「第二次世界大戦の参戦国」を参照 戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため全面的な人的、物的資源の動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。 (ja)
  • 第二次世界大戦(だいにじせかいたいせん、英: World War II、略称:WWII、中国語: (繁体字)第二次世界大戰、ドイツ語: Zweiter Weltkrieg、フランス語: Seconde Guerre mondiale、ロシア語: Вторая мировая войнаה)は、1939年から1945年までの7年間、ドイツ、日本、イタリアの日独伊三国同盟を中心とする枢軸国陣営と、イギリス、ソビエト連邦、オランダ、フランス、アメリカ、中華民国などの連合国陣営との間で戦われた全世界的規模の戦争。1939年9月のドイツ軍によるポーランド侵攻と続くソビエト連邦によるポーランド侵攻、そして英仏からドイツへの宣戦布告によりヨーロッパは戦場と化した。その後1941年12月の日本とイギリス、アメリカ、オランダ、オーストラリアとの太平洋戦争(大東亜戦争)開戦によって、戦火は全世界に拡大し、人類史上最大規模の戦争となった。 詳細は「第二次世界大戦の参戦国」を参照 戦争は完全な総力戦となり、主要参戦国では戦争遂行のため全面的な人的、物的資源の動員、投入が行われた。世界の61か国が参戦し、総計で約1億1,000万人が軍隊に動員され、主要参戦国の戦費は総額1兆ドルを超える膨大な額に達した。 (ja)
rdfs:label
  • 第二次世界大戦 (ja)
  • 第二次世界大戦 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 第二次世界大戦 (ja)
  • 第二次世界大戦 (ja)
is dbo:genre of
is dbo:isPartOfMilitaryConflict of
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:battles of
is prop-ja:built of
is prop-ja:byWar of
is prop-ja:campaign of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:era of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:for of
is prop-ja:header of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:purpose of
is prop-ja:service of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:unit of
is prop-ja:used of
is prop-ja:war of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:主な戦歴 of
is prop-ja:内容 of
is prop-ja:参加国・地域数 of
is prop-ja:命名基準 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:年代 of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:戦功 of
is prop-ja:戦闘 of
is prop-ja:指揮 of
is prop-ja:時代設定 of
is prop-ja:最終階級 of
is prop-ja:歴史 of
is prop-ja:活動期間 of
is prop-ja:画像説明 of
is prop-ja:著名な実績 of
is prop-ja:解散理由 of
is prop-ja:軍歴 of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of