Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 自動列車制御装置(じどうれっしゃせいぎょそうち、ATC : Automatic Train Control)とは、鉄道における信号保安装置の一種である。運転安全規範には「先行列車との間隔及び進路の条件に応じて、車内に列車の許容運転速度を示す信号を現示し、その信号の現示に従って、列車の速度を自動作用により低下する機能を持った装置をいう」と定義されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 43470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 293 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59098419 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
prop-ja:出典の明記
  • --11-29
prop-ja:参照方法
  • --11-19
prop-ja:国際化
  • --11-29
prop-ja:独自研究
  • --11-29
prop-ja:領域
  • 日本
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 自動列車制御装置(じどうれっしゃせいぎょそうち、ATC : Automatic Train Control)とは、鉄道における信号保安装置の一種である。運転安全規範には「先行列車との間隔及び進路の条件に応じて、車内に列車の許容運転速度を示す信号を現示し、その信号の現示に従って、列車の速度を自動作用により低下する機能を持った装置をいう」と定義されている。
rdfs:label
  • 自動列車制御装置
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:cause of
is prop-ja:ブレーキ方式 of
is prop-ja:保安装置 of
is prop-ja:閉塞方式 of
is foaf:primaryTopic of