Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 青函連絡船(せいかんれんらくせん)は、1908年(明治41年)から1988年(昭和63年)までの間、青森県の青森駅と北海道の函館駅との間を結んでいた日本国有鉄道(国鉄)・北海道旅客鉄道(JR北海道)の航路(鉄道連絡船)である。航路の名称は青函航路、実距離は61海里、旅客営業キロ程113.0km、貨物営業キロ程300kmで、津軽海峡は陸岸から20海里以内のため就航船は沿海区域航行資格を持っていた。旅客輸送と鉄道車両航送の他に乗用車の航送も行っており、指定駅のみどりの窓口で予約が可能だった。国鉄・JR以外の会社が青森港 - 函館港間に運航する航路は「津軽海峡フェリー」「青函フェリー」を、鉄道院による連絡船就航以前の沿革については「青函航路」を参照。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 33371 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 533 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58344344 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 青函連絡船(せいかんれんらくせん)は、1908年(明治41年)から1988年(昭和63年)までの間、青森県の青森駅と北海道の函館駅との間を結んでいた日本国有鉄道(国鉄)・北海道旅客鉄道(JR北海道)の航路(鉄道連絡船)である。航路の名称は青函航路、実距離は61海里、旅客営業キロ程113.0km、貨物営業キロ程300kmで、津軽海峡は陸岸から20海里以内のため就航船は沿海区域航行資格を持っていた。旅客輸送と鉄道車両航送の他に乗用車の航送も行っており、指定駅のみどりの窓口で予約が可能だった。国鉄・JR以外の会社が青森港 - 函館港間に運航する航路は「津軽海峡フェリー」「青函フェリー」を、鉄道院による連絡船就航以前の沿革については「青函航路」を参照。
rdfs:label
  • 青函連絡船
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:所属路線 of
is foaf:primaryTopic of