Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 有栖川宮 熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう、天保6年2月19日(1835年3月17日) - 明治28年(1895年)1月15日)は、江戸時代後期~明治時代の日本の皇族、政治家、軍人。号は初め「泰山」、後に「霞堂」。階級・勲等・功級は陸軍大将大勲位功二級。有栖川宮幟仁親王の第1王子で、幼名は歓宮(よしのみや)。生母は家女房の佐伯祐子。官職は任命順に、大宰帥、国事御用掛、政府総裁、東征大総督、兵部卿、福岡藩知事(のちに県知事、県令)、元老院議官(後に議長)、鹿児島県逆徒征討総督、左大臣、陸軍参謀本部長、参謀総長、神宮祭主。和宮親子内親王と婚約していたことで知られる。だが和宮との婚約は時の政治情勢により反故となり、旧水戸藩主・徳川斉昭の娘で徳川慶喜の妹の徳川貞子を、明治維新後に最初の妃として迎える。貞子は婚儀の2年後、熾仁親王の福岡赴任中に23歳で病没。明治6年(1873年)7月に旧越後新発田藩主・溝口直溥の七女・董子と再婚した。明治維新後は陸軍軍人として明治天皇を支え、明治28年(1895年)に61歳で薨去。有栖川宮は跡を継いだ異母弟の有栖川宮威仁親王の代で断絶した。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1895-01-15 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:restingPlace
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:title
  • 殿下
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 107964 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58968071 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
  • 参謀本部長
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --04-02
  • --05-18
  • --12-22
prop-ja:人名
  • 有栖川宮熾仁親王
prop-ja:出生日
  • --03-17
prop-ja:埋葬地
prop-ja:埋葬日
  • --01-29
prop-ja:役職
  • 国事御用掛(1864)、政府総裁(1867)、兵部卿(1870-1871)、福岡県令(1871-1872)、元老院議長(1876-1880)、左大臣(1880-1885)、参謀総長(1885-1895)、日本赤十字社初代総裁(1887)
prop-ja:敬称
  • 殿下
prop-ja:死亡日
  • 1895-01-15 (xsd:date)
prop-ja:母親
  • 佐伯祐子
prop-ja:没地
  • 兵庫県明石郡垂水村
prop-ja:父親
prop-ja:生地
  • 山城国京都
prop-ja:画像
  • Taruhito Arisugawanomiya 2.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 陸軍大将正服着用の熾仁親王
prop-ja:称号
  • 歓宮
prop-ja:続柄
  • 有栖川宮幟仁親王第1王子
prop-ja:身位
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 有栖川宮 熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう、天保6年2月19日(1835年3月17日) - 明治28年(1895年)1月15日)は、江戸時代後期~明治時代の日本の皇族、政治家、軍人。号は初め「泰山」、後に「霞堂」。階級・勲等・功級は陸軍大将大勲位功二級。有栖川宮幟仁親王の第1王子で、幼名は歓宮(よしのみや)。生母は家女房の佐伯祐子。官職は任命順に、大宰帥、国事御用掛、政府総裁、東征大総督、兵部卿、福岡藩知事(のちに県知事、県令)、元老院議官(後に議長)、鹿児島県逆徒征討総督、左大臣、陸軍参謀本部長、参謀総長、神宮祭主。和宮親子内親王と婚約していたことで知られる。だが和宮との婚約は時の政治情勢により反故となり、旧水戸藩主・徳川斉昭の娘で徳川慶喜の妹の徳川貞子を、明治維新後に最初の妃として迎える。貞子は婚儀の2年後、熾仁親王の福岡赴任中に23歳で病没。明治6年(1873年)7月に旧越後新発田藩主・溝口直溥の七女・董子と再婚した。明治維新後は陸軍軍人として明治天皇を支え、明治28年(1895年)に61歳で薨去。有栖川宮は跡を継いだ異母弟の有栖川宮威仁親王の代で断絶した。
rdfs:label
  • 有栖川宮熾仁親王
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 有栖川宮熾仁親王
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:初代就任者 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is foaf:primaryTopic of