明治維新(めいじいしん)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。薩長土肥の四藩中心に行われた江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策の改革・近代化など多岐に及んでいる。敵側となった多くの幕臣・江戸幕府出身の学者・外交官・軍人など有能な人員を免罪して体制側に大量登用することで、現先進国の近代の体制転換・内戦における死傷者が最小だったことでも評価されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 明治維新(めいじいしん)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。薩長土肥の四藩中心に行われた江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策の改革・近代化など多岐に及んでいる。敵側となった多くの幕臣・江戸幕府出身の学者・外交官・軍人など有能な人員を免罪して体制側に大量登用することで、現先進国の近代の体制転換・内戦における死傷者が最小だったことでも評価されている。 (ja)
  • 明治維新(めいじいしん)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。薩長土肥の四藩中心に行われた江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策の改革・近代化など多岐に及んでいる。敵側となった多くの幕臣・江戸幕府出身の学者・外交官・軍人など有能な人員を免罪して体制側に大量登用することで、現先進国の近代の体制転換・内戦における死傷者が最小だったことでも評価されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4516 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 21881 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81603095 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 明治維新(めいじいしん)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。薩長土肥の四藩中心に行われた江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策の改革・近代化など多岐に及んでいる。敵側となった多くの幕臣・江戸幕府出身の学者・外交官・軍人など有能な人員を免罪して体制側に大量登用することで、現先進国の近代の体制転換・内戦における死傷者が最小だったことでも評価されている。 (ja)
  • 明治維新(めいじいしん)とは、明治時代初期の日本が行った大々的な一連の維新をいう。薩長土肥の四藩中心に行われた江戸幕府に対する倒幕運動から明治政府による天皇親政体制への転換と、それに伴う一連の改革を指す。その範囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方行政・金融・流通・産業・経済・文化・教育・外交・宗教・思想政策の改革・近代化など多岐に及んでいる。敵側となった多くの幕臣・江戸幕府出身の学者・外交官・軍人など有能な人員を免罪して体制側に大量登用することで、現先進国の近代の体制転換・内戦における死傷者が最小だったことでも評価されている。 (ja)
rdfs:label
  • 明治維新 (ja)
  • 明治維新 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:reason of
is prop-ja:rejectY of
is prop-ja:result of
is prop-ja:subject of
is prop-ja:国籍 of
is prop-ja:変遷 of
is prop-ja:官位 of
is prop-ja:幕府 of
is prop-ja:時代 of
is dct:subject of
is foaf:primaryTopic of