ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。 古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。

Property Value
dbo:abstract
  • ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。 古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。 (ja)
  • ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。 古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 19336 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26952 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81567414 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ガイウス・ユリウス・カエサル (ja)
  • (ja)
  • ガイウス・ユリウス・カエサル (ja)
  • (ja)
prop-ja:出生
prop-ja:出身階級
prop-ja:官職
  • 執政官(紀元前59年) (ja)
  • 按察官(紀元前65年) (ja)
  • 最高神祇官(紀元前63年) (ja)
  • 法務官(紀元前62年) (ja)
  • 独裁官(紀元前46年) (ja)
  • 終身独裁官(紀元前45年) (ja)
  • 財務官(紀元前69年) (ja)
  • 執政官(紀元前59年) (ja)
  • 按察官(紀元前65年) (ja)
  • 最高神祇官(紀元前63年) (ja)
  • 法務官(紀元前62年) (ja)
  • 独裁官(紀元前46年) (ja)
  • 終身独裁官(紀元前45年) (ja)
  • 財務官(紀元前69年) (ja)
prop-ja:家族名
prop-ja:属州総督
  • ガリア(紀元前58年) (ja)
  • ヒスパニア(紀元前61年) (ja)
  • ガリア(紀元前58年) (ja)
  • ヒスパニア(紀元前61年) (ja)
prop-ja:後継者
  • オクタウィウスカエサリオン (ja)
  • オクタウィウスカエサリオン (ja)
prop-ja:指揮戦争
  • ガリア戦争(紀元前58年) (ja)
  • 第二次ローマ内戦(紀元前49年) (ja)
  • ガリア戦争(紀元前58年) (ja)
  • 第二次ローマ内戦(紀元前49年) (ja)
prop-ja:死没
  • --03-15
prop-ja:死没地
prop-ja:氏族名
prop-ja:渾名
  • カエサル(Caesar) (ja)
  • カエサル(Caesar) (ja)
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Julius Caesar Coustou Louvre MR1798.jpg (ja)
  • Julius Caesar Coustou Louvre MR1798.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:見出し
  • ガイウス・ユリウス・カエサル立像ニコラ・クストゥ作、ルーヴル美術館所蔵 (ja)
  • ガイウス・ユリウス・カエサル立像ニコラ・クストゥ作、ルーヴル美術館所蔵 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。 古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。 (ja)
  • ガイウス・ユリウス・カエサル(古典ラテン語:Gaius Iulius Caesar、紀元前100年 - 紀元前44年3月15日)は、共和政ローマ期の政治家、軍人であり、文筆家。「賽は投げられた」(alea iacta est)、「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici) 、「ブルータス、お前もか (et tu, Brute?)」などの特徴的な引用句でも知られる。また彼が布告し彼の名が冠された(ユリウス暦)は、紀元前45年から1582年まで1600年間以上に渡り欧州のほぼ全域で使用され続けた。 古代ローマで最大の野心家と言われ、マルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスとの第一回三頭政治と内戦を経て、ルキウス・コルネリウス・スッラに次ぐ終身独裁官(ディクタトル)となった。 (ja)
rdfs:label
  • ガイウス・ユリウス・カエサル (ja)
  • ガイウス・ユリウス・カエサル (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:notableWork of
is dbo:opponents of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:builder of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:位置画像説明 of
is prop-ja:渾名 of
is prop-ja: of
is prop-ja:範囲 of
is foaf:primaryTopic of