新井 白石(あらい はくせき)は、江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。一介の無役の旗本でありながら6代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の7代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して8代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述活動に勤しんだ。 学問は朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学と多岐に亘る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。白石は号で、諱は君美(きみよし、きんみ)。

Property Value
dbo:abstract
  • 新井 白石(あらい はくせき)は、江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。一介の無役の旗本でありながら6代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の7代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して8代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述活動に勤しんだ。 学問は朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学と多岐に亘る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。白石は号で、諱は君美(きみよし、きんみ)。 (ja)
  • 新井 白石(あらい はくせき)は、江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。一介の無役の旗本でありながら6代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の7代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して8代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述活動に勤しんだ。 学問は朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学と多岐に亘る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。白石は号で、諱は君美(きみよし、きんみ)。 (ja)
dbo:alias
  • 号:白石、紫陽、天爵堂、忽斎、在中、済美 (ja)
  • 伝蔵(幼名)→君美 (ja)
  • 慈清院殿釈浄覚大居士 (ja)
  • 渾名:火の子、鬼 (ja)
  • 仮名:与五郎 (ja)
  • 号:白石、紫陽、天爵堂、忽斎、在中、済美 (ja)
  • 伝蔵(幼名)→君美 (ja)
  • 慈清院殿釈浄覚大居士 (ja)
  • 渾名:火の子、鬼 (ja)
  • 仮名:与五郎 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 53812 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9100 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80338340 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:別名
prop-ja:墓所
prop-ja:
  • 正室:朝倉万右衛門の娘 (ja)
  • 正室:朝倉万右衛門の娘 (ja)
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:幕府
prop-ja:戒名
  • 慈清院殿釈浄覚大居士 (ja)
  • 慈清院殿釈浄覚大居士 (ja)
prop-ja:改名
  • 伝蔵(幼名)→君美 (ja)
  • 伝蔵(幼名)→君美 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-19
prop-ja:氏名
  • 新井白石 (ja)
  • 新井白石 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:新井正済、母:不明 (ja)
  • 父:新井正済、母:不明 (ja)
prop-ja:生誕
  • --02-10
prop-ja:画像
  • Arai_Hakuseki_-_Japanischer_Gelehrter.jpg (ja)
  • Arai_Hakuseki_-_Japanischer_Gelehrter.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:祖父
  • 勘解由 (ja)
  • 勘解由 (ja)
prop-ja:
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 新井 白石(あらい はくせき)は、江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。一介の無役の旗本でありながら6代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の7代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して8代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述活動に勤しんだ。 学問は朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学と多岐に亘る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。白石は号で、諱は君美(きみよし、きんみ)。 (ja)
  • 新井 白石(あらい はくせき)は、江戸時代中期の旗本・政治家・朱子学者。一介の無役の旗本でありながら6代将軍・徳川家宣の侍講として御側御用人・間部詮房とともに幕政を実質的に主導し、正徳の治と呼ばれる一時代をもたらす一翼を担った。家宣の死後も幼君の7代将軍・徳川家継を間部とともに守り立てたが、政権の蚊帳の外におかれた譜代大名と次第に軋轢を生じ、家継が夭折して8代将軍に徳川吉宗が就くと失脚し引退、晩年は著述活動に勤しんだ。 学問は朱子学、歴史学、地理学、言語学、文学と多岐に亘る。また詩人で多くの漢詩が伝わる。白石は号で、諱は君美(きみよし、きんみ)。 (ja)
rdfs:label
  • 新井白石 (ja)
  • 新井白石 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 新井白石 (ja)
  • 新井白石 (ja)
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of