Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 榎本 武揚(えのもと たけあき、1836年10月5日(天保7年8月25日) - 1908年(明治41年)10月26日)は、日本の武士(幕臣)、化学者、外交官、政治家。海軍中将、正二位勲一等子爵。通称は釜次郎、号は梁川(りょうせん)。榎、釜を分解した「夏木金八(郎)」という変名も用いていた。なお、武揚は「ぶよう」と故実読みでも呼ばれた。伊能忠敬の元弟子であった幕臣・榎本武規(箱田良助)の次男として生まれる。昌平坂学問所、長崎海軍伝習所で学んだ後、幕府の開陽丸発注に伴いオランダへ留学した。帰国後、幕府海軍の指揮官となり、戊辰戦争では旧幕府軍を率いて蝦夷地を占領、いわゆる「蝦夷共和国」の総裁となった。箱館戦争で敗北し降伏、東京・辰の口の牢獄に2年半投獄された。敵将・黒田清隆の尽力により助命され、釈放後、明治政府に仕えた。開拓使で北海道の資源調査を行い、駐露特命全権公使として樺太千島交換条約を締結したほか、外務大輔、海軍卿、駐清特命全権公使を務め、内閣制度開始後は、逓信大臣・文部大臣・外務大臣・農商務大臣などを歴任、子爵となった。また、メキシコに殖民団を送ったほか、東京農業大学の前身である徳川育英会育英黌農業科や、東京地学協会や電気学会など数多くの団体を創設した。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1922-02-01 (xsd:date)
  • 2015-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1908-10-26 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 19973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 43792 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58901345 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:caption
  • エスクイントラの位置
prop-ja:float
  • right
prop-ja:label
  • エスクイントラ
prop-ja:labelSize
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:latDeg
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:latDir
  • N
prop-ja:latMin
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:lonDeg
  • 92 (xsd:integer)
prop-ja:lonDir
  • W
prop-ja:lonMin
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1888 (xsd:integer)
  • 初代:1869年 - 1869年
  • 初代:1885年 - 1889年
  • 初代:1888年 - 1909年
  • 第10代:1894年 - 1897年
  • 第2代:1889年 - 1890年
  • 第3代:1880年 - 1881年
  • 第7代:1891年 - 1892年
prop-ja:その他職歴
prop-ja:人名
  • 榎本 武揚
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 武蔵国江戸下谷御徒町
prop-ja:出身校
prop-ja:前職
prop-ja:国旗
  • JPN
prop-ja:就任日
  • --01-22
  • --01-27
  • --02-28
  • --03-22
  • --04-30
  • --05-29
  • --12-22
prop-ja:死没地
  • 東京府
prop-ja:没年月日
  • 1908-10-26 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --10-05
prop-ja:画像
  • Takeaki Enomoto.gif
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 幕末の榎本
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --03-22
  • --04-07
  • --05-17
  • --06-27
  • --07-25
  • --08-08
prop-ja:配偶者
  • 榎本たつ(多津)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 榎本 武揚(えのもと たけあき、1836年10月5日(天保7年8月25日) - 1908年(明治41年)10月26日)は、日本の武士(幕臣)、化学者、外交官、政治家。海軍中将、正二位勲一等子爵。通称は釜次郎、号は梁川(りょうせん)。榎、釜を分解した「夏木金八(郎)」という変名も用いていた。なお、武揚は「ぶよう」と故実読みでも呼ばれた。伊能忠敬の元弟子であった幕臣・榎本武規(箱田良助)の次男として生まれる。昌平坂学問所、長崎海軍伝習所で学んだ後、幕府の開陽丸発注に伴いオランダへ留学した。帰国後、幕府海軍の指揮官となり、戊辰戦争では旧幕府軍を率いて蝦夷地を占領、いわゆる「蝦夷共和国」の総裁となった。箱館戦争で敗北し降伏、東京・辰の口の牢獄に2年半投獄された。敵将・黒田清隆の尽力により助命され、釈放後、明治政府に仕えた。開拓使で北海道の資源調査を行い、駐露特命全権公使として樺太千島交換条約を締結したほか、外務大輔、海軍卿、駐清特命全権公使を務め、内閣制度開始後は、逓信大臣・文部大臣・外務大臣・農商務大臣などを歴任、子爵となった。また、メキシコに殖民団を送ったほか、東京農業大学の前身である徳川育英会育英黌農業科や、東京地学協会や電気学会など数多くの団体を創設した。
rdfs:label
  • 榎本武揚
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 榎本 武揚
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:主席閣僚氏名 of
is prop-ja:備考 of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:初代就任者 of
is foaf:primaryTopic of