D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式蒸気機関車である。 主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、国鉄における所属総数は1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数でも最大を記録した。この記録は現在も更新されていない。 この他に、台湾総督府鉄道向けに32両、胆振縦貫鉄道(1944年(昭和19年)に国有化)向けに5両(再掲)が製造され、戦後はソビエト連邦サハリン州鉄道向けに30両、台湾鉄路管理局向けに5両、朝鮮戦争における国連軍向けの標準軌仕様機が2両製造されており、製造総数は1,184両に及ぶ。 また、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には、西日本旅客鉄道(JR西日本)に1両(200号機)が継承され、翌1988年(昭和63年)には東日本旅客鉄道(JR東日本)で1両(498号機)が復籍し、この2両が動態保存されている。JR東日本の498号機は復籍後の初仕業で来日中のオリエント急行を牽引して復活、西日本の200号機は2017年(平成29年)に山口線のSLやまぐち号で、本線運転に復帰した。

Property Value
dbo:abstract
  • D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式蒸気機関車である。 主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、国鉄における所属総数は1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数でも最大を記録した。この記録は現在も更新されていない。 この他に、台湾総督府鉄道向けに32両、胆振縦貫鉄道(1944年(昭和19年)に国有化)向けに5両(再掲)が製造され、戦後はソビエト連邦サハリン州鉄道向けに30両、台湾鉄路管理局向けに5両、朝鮮戦争における国連軍向けの標準軌仕様機が2両製造されており、製造総数は1,184両に及ぶ。 また、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には、西日本旅客鉄道(JR西日本)に1両(200号機)が継承され、翌1988年(昭和63年)には東日本旅客鉄道(JR東日本)で1両(498号機)が復籍し、この2両が動態保存されている。JR東日本の498号機は復籍後の初仕業で来日中のオリエント急行を牽引して復活、西日本の200号機は2017年(平成29年)に山口線のSLやまぐち号で、本線運転に復帰した。 現場の機関士にも操作性の良さから人気があり「デゴイチ」の愛称は、日本の蒸気機関車の代名詞にもなった。また、「デコイチ」という愛称もある。 (ja)
  • D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式蒸気機関車である。 主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、国鉄における所属総数は1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数でも最大を記録した。この記録は現在も更新されていない。 この他に、台湾総督府鉄道向けに32両、胆振縦貫鉄道(1944年(昭和19年)に国有化)向けに5両(再掲)が製造され、戦後はソビエト連邦サハリン州鉄道向けに30両、台湾鉄路管理局向けに5両、朝鮮戦争における国連軍向けの標準軌仕様機が2両製造されており、製造総数は1,184両に及ぶ。 また、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には、西日本旅客鉄道(JR西日本)に1両(200号機)が継承され、翌1988年(昭和63年)には東日本旅客鉄道(JR東日本)で1両(498号機)が復籍し、この2両が動態保存されている。JR東日本の498号機は復籍後の初仕業で来日中のオリエント急行を牽引して復活、西日本の200号機は2017年(平成29年)に山口線のSLやまぐち号で、本線運転に復帰した。 現場の機関士にも操作性の良さから人気があり「デゴイチ」の愛称は、日本の蒸気機関車の代名詞にもなった。また、「デコイチ」という愛称もある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 16513 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 63216 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81591095 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シリンダ
  • 550 (xsd:integer)
prop-ja:シリンダ数
  • 単式2気筒 (ja)
  • 単式2気筒 (ja)
prop-ja:ボイラ圧力
  • (戦後全車) (ja)
  • (戦後全車) (ja)
prop-ja:ボイラ水容量
  • 6.0
prop-ja:保安装置
  • ATS-P/Ps,ATS-SW/ATS-P (ja)
  • ATS-P/Ps,ATS-SW/ATS-P (ja)
prop-ja:全伝熱面積
  • 221.5
prop-ja:全蒸発伝熱面積
  • 168.8
prop-ja:全長
  • 19730.0
prop-ja:全高
  • 3980.0
prop-ja:制動装置
prop-ja:動輪径
  • 1400.0
prop-ja:大煙管
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:定格出力
  • 1280.0
prop-ja:小煙管
  • 57 (xsd:integer)
prop-ja:弁装置
prop-ja:引退
  • --12-24
prop-ja:愛称
  • デゴイチ・デコイチ (ja)
  • デゴイチ・デコイチ (ja)
prop-ja:文字色
  • #fff (ja)
  • #fff (ja)
prop-ja:最大出力
  • 1400.0
prop-ja:最高運転速度
  • 85.0
prop-ja:機関車重量
  • 78.370000 (xsd:double)
prop-ja:水槽容量
  • 20.0
prop-ja:火室蒸発伝熱面積
  • 17.5
prop-ja:火格子面積
  • 3.27
prop-ja:炭水車重量
  • 47.400000 (xsd:double)
prop-ja:煙管蒸発伝熱面積
  • 147.4
prop-ja:燃料
  • 石炭 (ja)
  • 石炭 (ja)
prop-ja:燃料搭載量
  • 8.0
  • 10.0
prop-ja:画像
  • JNR D51 SteamLoco Double header at okoba loop.jpg (ja)
  • JNR D51 SteamLoco Double header at okoba loop.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • 肥薩線で混合列車を牽くD51 545(1970年) (ja)
  • 肥薩線で混合列車を牽くD51 545(1970年) (ja)
prop-ja:総重量
  • 125.77
prop-ja:背景色
  • #000 (ja)
  • #000 (ja)
prop-ja:製造年
  • 1935 (xsd:integer)
prop-ja:製造所
prop-ja:製造数
  • 1115 (xsd:integer)
prop-ja:車両名
  • 国鉄D51形蒸気機関車 (ja)
  • 国鉄D51形蒸気機関車 (ja)
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:軸配置
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:軸重
  • 14.3
prop-ja:運用者
prop-ja:過熱伝熱面積
  • 41.4
dct:subject
rdfs:comment
  • D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式蒸気機関車である。 主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、国鉄における所属総数は1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数でも最大を記録した。この記録は現在も更新されていない。 この他に、台湾総督府鉄道向けに32両、胆振縦貫鉄道(1944年(昭和19年)に国有化)向けに5両(再掲)が製造され、戦後はソビエト連邦サハリン州鉄道向けに30両、台湾鉄路管理局向けに5両、朝鮮戦争における国連軍向けの標準軌仕様機が2両製造されており、製造総数は1,184両に及ぶ。 また、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には、西日本旅客鉄道(JR西日本)に1両(200号機)が継承され、翌1988年(昭和63年)には東日本旅客鉄道(JR東日本)で1両(498号機)が復籍し、この2両が動態保存されている。JR東日本の498号機は復籍後の初仕業で来日中のオリエント急行を牽引して復活、西日本の200号機は2017年(平成29年)に山口線のSLやまぐち号で、本線運転に復帰した。 (ja)
  • D51形蒸気機関車(D51がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が設計、製造した、単式2気筒で過熱式のテンダー式蒸気機関車である。 主に貨物輸送のために用いられ、太平洋戦争中に大量生産されたこともあって、国鉄における所属総数は1,115両に達しており、ディーゼル機関車や電気機関車などを含めた日本の機関車1形式の両数でも最大を記録した。この記録は現在も更新されていない。 この他に、台湾総督府鉄道向けに32両、胆振縦貫鉄道(1944年(昭和19年)に国有化)向けに5両(再掲)が製造され、戦後はソビエト連邦サハリン州鉄道向けに30両、台湾鉄路管理局向けに5両、朝鮮戦争における国連軍向けの標準軌仕様機が2両製造されており、製造総数は1,184両に及ぶ。 また、1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化時には、西日本旅客鉄道(JR西日本)に1両(200号機)が継承され、翌1988年(昭和63年)には東日本旅客鉄道(JR東日本)で1両(498号機)が復籍し、この2両が動態保存されている。JR東日本の498号機は復籍後の初仕業で来日中のオリエント急行を牽引して復活、西日本の200号機は2017年(平成29年)に山口線のSLやまぐち号で、本線運転に復帰した。 (ja)
rdfs:label
  • 国鉄D51形蒸気機関車 (ja)
  • 国鉄D51形蒸気機関車 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:south of
is prop-ja:設備・遊具 of
is foaf:primaryTopic of