伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日〈天保12年9月2日〉- 1909年〈明治42年〉10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により朝鮮の独立を清国に認めさせた(第一条)ことが特記できる。 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人・安重根に暗殺された。 死後、渋沢栄一によって幕末時の暗殺稼業が暴露された。

Property Value
dbo:abstract
  • 伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日〈天保12年9月2日〉- 1909年〈明治42年〉10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により朝鮮の独立を清国に認めさせた(第一条)ことが特記できる。 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人・安重根に暗殺された。 死後、渋沢栄一によって幕末時の暗殺稼業が暴露された。 (ja)
  • 伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日〈天保12年9月2日〉- 1909年〈明治42年〉10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により朝鮮の独立を清国に認めさせた(第一条)ことが特記できる。 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人・安重根に暗殺された。 死後、渋沢栄一によって幕末時の暗殺稼業が暴露された。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 1922-02-01 (xsd:date)
dbo:activeYearsStartDate
  • 1921-02-01 (xsd:date)
  • 1922-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1909-10-26 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 215 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2139659 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 68579 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81495848 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:2前代
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:2前首相名
  • 松方正義 (ja)
  • 松方正義 (ja)
prop-ja:2在任期間
  • --08-08
prop-ja:2当代
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:2次代
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:2次首相名
  • 松方正義 (ja)
  • 松方正義 (ja)
prop-ja:3前代
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:3前首相名
  • 松方正義 (ja)
  • 松方正義 (ja)
prop-ja:3在任期間
  • --01-12
prop-ja:3当代
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:3次代
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:3次首相名
  • 大隈重信 (ja)
  • 大隈重信 (ja)
prop-ja:4前代
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:4前首相名
  • 山縣有朋 (ja)
  • 山縣有朋 (ja)
prop-ja:4在任期間
  • --10-19
prop-ja:4当代
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:4次代
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:4次首相名
  • 桂太郎 (ja)
  • 桂太郎 (ja)
prop-ja:after
prop-ja:afternote
  • 総裁 (ja)
  • 総裁心得 (ja)
  • 総裁 (ja)
  • 総裁心得 (ja)
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
  • 総裁心得 (ja)
  • 総裁心得 (ja)
prop-ja:title
  • dbpedia-ja:立憲政友会
  • 伯爵 (ja)
  • 侯爵 (ja)
  • 公爵 (ja)
  • 法制局長官 (ja)
  • 枢密院議長 (ja)
  • 大蔵少輔 (ja)
  • 工部卿 (ja)
  • 工部大輔 (ja)
  • 民部少輔 (ja)
  • 参事院議長 (ja)
  • 帝室制度調査局総裁 (ja)
  • 法典調査会総裁 (ja)
  • 租税頭 (ja)
  • 賞勲局長官 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1869 (xsd:integer)
  • 1871 (xsd:integer)
  • 1873 (xsd:integer)
  • 1875 (xsd:integer)
  • 1876 (xsd:integer)
  • 1880 (xsd:integer)
  • 1884 (xsd:integer)
  • 1893 (xsd:integer)
  • 1895 (xsd:integer)
  • 1898 (xsd:integer)
  • 1899 (xsd:integer)
  • 1900 (xsd:integer)
  • 1903 (xsd:integer)
  • 1907 (xsd:integer)
  • 第3代:1891年 - 1892年 (ja)
  • ''賞勲事務局長官 (ja)
  • ((1870年途中から吉井友実と共同)) (ja)
  • ((1872年から山尾庸三と共同)) (ja)
  • ((1870年中吉井友実と、1870年から1871年途中まで井上馨と共同)) (ja)
  • 伊藤(博文)家初代 (ja)
  • 初代:1888年 - 1889年 (ja)
  • 初代:1900年 - 1903年 (ja)
  • 第10代:1909年 (ja)
  • 第8代:1903年 - 1905年 (ja)
prop-ja:その他の職歴
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • ItoH kao.png (ja)
  • ItoH kao.png (ja)
prop-ja:人名
  • 伊藤 博文 (ja)
  • 伊藤 博文 (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 天皇 (ja)
  • 天皇 (ja)
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、周防国熊毛郡束荷村 (ja)
  • (現:山口県光市) (ja)
  • 、周防国熊毛郡束荷村 (ja)
  • (現:山口県光市) (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前職
  • 武士(長州藩士) (ja)
  • 武士(長州藩士) (ja)
prop-ja:各国語表記
  • いとう ひろぶみ (ja)
  • いとう ひろぶみ (ja)
prop-ja:国旗
  • 兵庫県 (ja)
  • JPN (ja)
  • 兵庫県 (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:在任期間
  • --12-22
prop-ja:子女
prop-ja:就任日
  • 1873 (xsd:integer)
  • --01-12
  • --03-21
  • --04-30
  • --06-01
  • --06-14
  • --07-10
  • --07-12
  • --07-13
  • --08-08
  • --09-17
  • --10-19
  • --12-21
  • --12-22
  • (1895年8月 - 1907年9月) (ja)
  • (1907年9月 (ja)
prop-ja:当代
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:次代
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 黑田清隆 (ja)
  • 黑田清隆 (ja)
prop-ja:死没地
  • 、黒龍江省ハルビン市 (ja)
  • 、黒龍江省ハルビン市 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1909-10-26 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --09-02
prop-ja:画像
  • ITŌ Hirobumi.jpg2.png (ja)
  • ITŌ Hirobumi.jpg2.png (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 215 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • 1878 (xsd:integer)
  • --02-01
  • --04-30
  • --05-10
  • --05-21
  • --06-14
  • --06-30
  • --08-31
  • --09-16
  • --10-26
  • --12-22
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日〈天保12年9月2日〉- 1909年〈明治42年〉10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により朝鮮の独立を清国に認めさせた(第一条)ことが特記できる。 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人・安重根に暗殺された。 死後、渋沢栄一によって幕末時の暗殺稼業が暴露された。 (ja)
  • 伊藤 博文(いとう ひろぶみ、1841年10月16日〈天保12年9月2日〉- 1909年〈明治42年〉10月26日)は、日本の武士(長州藩士)、政治家。位階勲等爵位は従一位大勲位公爵。 諱は博文(ひろぶみ、「ハクブン」と読むこともある)。幼名は利助(りすけ)、後に吉田松陰から俊英の俊を与えられ、俊輔(しゅんすけ)とし、さらに春輔(しゅんすけ)と改名した。号は春畝(しゅんぽ)で、春畝公と表記されることも多い。また小田原の別邸・滄浪閣を所持していたことから滄浪閣主人(そうろうかくしゅじん)を称して落款としても用いた。 周防国出身。長州藩の私塾である松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。維新後は薩長の藩閥政権内で力を伸ばし、岩倉使節団の副使、参議兼工部卿、初代兵庫県知事(官選)を務め、大日本帝国憲法の起草の中心となる。初代・第5代・第7代・第10代の内閣総理大臣および初代枢密院議長、初代貴族院議長、初代韓国統監、元老を歴任した。内政では、立憲政友会を結成し初代総裁となったこと、外交では日清戦争の勝利に伴う日清講和条約の起草・調印により朝鮮の独立を清国に認めさせた(第一条)ことが特記できる。 1909年、ハルビン駅で朝鮮民族主義活動家の朝鮮人・安重根に暗殺された。 死後、渋沢栄一によって幕末時の暗殺稼業が暴露された。 (ja)
rdfs:label
  • 伊藤博文 (ja)
  • 伊藤博文 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 伊藤 博文 (ja)
  • 伊藤 博文 (ja)
is dbo:author of
is dbo:predecessor of
is dbo:relative of
is dbo:starring of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:6組降級 of
is prop-ja:after of
is prop-ja:afterElection of
is prop-ja:author of
is prop-ja:before of
is prop-ja:beforeElection of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:criminalCharge of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:主席閣僚氏名 of
is prop-ja:元首 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:初代 of
is prop-ja:初代就任者 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:画像 of
is prop-ja:親戚 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is prop-ja:関係する人物 of
is prop-ja:首相等氏名 of
is foaf:primaryTopic of