鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界中の多くの地域で消費されている。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューといった様々な鳥の卵が使われる。日本においては、「卵」といえば鶏卵を指す。東アジアや東南アジアではアヒルの卵も一般的である。ハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。

Property Value
dbo:abstract
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界中の多くの地域で消費されている。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューといった様々な鳥の卵が使われる。日本においては、「卵」といえば鶏卵を指す。東アジアや東南アジアではアヒルの卵も一般的である。ハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界中の多くの地域で消費されている。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューといった様々な鳥の卵が使われる。日本においては、「卵」といえば鶏卵を指す。東アジアや東南アジアではアヒルの卵も一般的である。ハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1150881 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28614 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 31448 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81079409 (xsd:integer)
  • 85487166 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:betacaroteneUg
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:calciumMg
  • 51 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • 鶏卵 (ja)
  • 鶏卵 (ja)
prop-ja:carbs
  • 0.3
prop-ja:copperMg
  • 0.080000 (xsd:double)
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
  • 20021008211652 (xsd:decimal)
  • 20080517140027 (xsd:decimal)
  • 20110831005911 (xsd:decimal)
prop-ja:fat
  • 10.3
prop-ja:folateUg
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 1.800000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 632 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.020000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • 鶏卵(全卵、生) (ja)
  • 鶏卵(全卵、生) (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 0.100000 (xsd:double)
prop-ja:note
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。 冷凍液全卵を含む 廃棄部位: 付着卵白を含む卵殻(卵殻: 13 %) 卵黄:卵白=31:69 ビタミンD: ビタミンD活性代謝物を含む(ビタミンD活性代謝物を含まない場合: 0.9 μg) (ja)
  • ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した。 冷凍液全卵を含む 廃棄部位: 付着卵白を含む卵殻(卵殻: 13 %) 卵黄:卵白=31:69 ビタミンD: ビタミンD活性代謝物を含む(ビタミンD活性代謝物を含まない場合: 0.9 μg) (ja)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 420.0
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 25.400000 (xsd:double)
prop-ja:pantothenicMg
  • 1.450000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:potassiumMg
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 12.3
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.430000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:seleniumUg
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:thiaminMg
  • 0.060000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • たまご博物館 (ja)
  • 二黄卵を多発する鶏種について (ja)
  • 第7回 食材別衛生管理 卵の衛生管理 (ja)
  • たまご博物館 (ja)
  • 二黄卵を多発する鶏種について (ja)
  • 第7回 食材別衛生管理 卵の衛生管理 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:vitaUg
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:vitb12Ug
  • 0.900000 (xsd:double)
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.080000 (xsd:double)
prop-ja:vitdUg
  • 1.800000 (xsd:double)
prop-ja:viteMg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:vitkUg
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 76.1
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 1.300000 (xsd:double)
dct:subject
rdfs:comment
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界中の多くの地域で消費されている。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューといった様々な鳥の卵が使われる。日本においては、「卵」といえば鶏卵を指す。東アジアや東南アジアではアヒルの卵も一般的である。ハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
  • 鶏卵(けいらん)は、ニワトリ(鶏)の卵である。世界中の多くの地域で消費されている。殻(卵殻)を割った中身は黄身(卵黄)と白身(卵白)に分かれている。生の卵を溶いたものを「溶き卵」と言う。 一般的に食用とする鳥類の卵は国・地域によって異なり、カモ、ガチョウ、ダチョウ、カモメ、ホロホロチョウ、キジ科、エミューといった様々な鳥の卵が使われる。日本においては、「卵」といえば鶏卵を指す。東アジアや東南アジアではアヒルの卵も一般的である。ハトの卵もあり、用途に応じて使い分けられている。 (ja)
rdfs:label
  • 鶏卵 (ja)
  • 鶏卵 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:ingredient of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:minorIngredient of
is prop-ja:name of
is prop-ja:事業内容 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of