Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 次官(じかん)は、国の行政をつかさどる府・省・庁等の国家機関において、主に長たる官職の次位に位置付けられる高級幹部の官職である。日本語における次官の語の使用は、律令制のもとですべての官司に置かれた四等官の第2位である「次官」(すけ)に遡り、大宝律令以来の官名である。近代以降の日本においては、大臣(各省大臣および大臣庁の長官たる国務大臣)の下に位置する官僚機構の最高責任者であり、戦後は事務次官と称する。これに対して、大臣を置かない機関(警察庁)や外局(法務省外局の公安調査庁、国土交通省外局の海上保安庁、経済産業省外局の中小企業庁など)では、次官ではなく次長と称する。日本以外の国については、一般に日本の例にならって、日本の省に相当する国家行政機関の大臣・長官の下に置かれる官職(Deputy Secretary、Vice-Minister)を「次官級」と日本では総称しており、これを「次官」と訳す場合がある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 117551 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7994 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58141974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 次官(じかん)は、国の行政をつかさどる府・省・庁等の国家機関において、主に長たる官職の次位に位置付けられる高級幹部の官職である。日本語における次官の語の使用は、律令制のもとですべての官司に置かれた四等官の第2位である「次官」(すけ)に遡り、大宝律令以来の官名である。近代以降の日本においては、大臣(各省大臣および大臣庁の長官たる国務大臣)の下に位置する官僚機構の最高責任者であり、戦後は事務次官と称する。これに対して、大臣を置かない機関(警察庁)や外局(法務省外局の公安調査庁、国土交通省外局の海上保安庁、経済産業省外局の中小企業庁など)では、次官ではなく次長と称する。日本以外の国については、一般に日本の例にならって、日本の省に相当する国家行政機関の大臣・長官の下に置かれる官職(Deputy Secretary、Vice-Minister)を「次官級」と日本では総称しており、これを「次官」と訳す場合がある。
rdfs:label
  • 次官
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of