貞和(じょうわ、(ていわ)は、日本の南北朝時代の元号の一つ。北朝方にて使用された。康永の後、観応の前。1345年から1350年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が光明天皇、崇光天皇。南朝方が後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏。なお、実父と対立した尊氏の庶子・足利直冬は九州の広い地域で「貞和7年」(=観応2年=1351年)までこの元号を用いた。

Property Value
dbo:abstract
  • 貞和(じょうわ、(ていわ)は、日本の南北朝時代の元号の一つ。北朝方にて使用された。康永の後、観応の前。1345年から1350年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が光明天皇、崇光天皇。南朝方が後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏。なお、実父と対立した尊氏の庶子・足利直冬は九州の広い地域で「貞和7年」(=観応2年=1351年)までこの元号を用いた。 (ja)
  • 貞和(じょうわ、(ていわ)は、日本の南北朝時代の元号の一つ。北朝方にて使用された。康永の後、観応の前。1345年から1350年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が光明天皇、崇光天皇。南朝方が後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏。なお、実父と対立した尊氏の庶子・足利直冬は九州の広い地域で「貞和7年」(=観応2年=1351年)までこの元号を用いた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 94183 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3545 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3633 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78932260 (xsd:integer)
  • 82755226 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 貞和(じょうわ、(ていわ)は、日本の南北朝時代の元号の一つ。北朝方にて使用された。康永の後、観応の前。1345年から1350年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が光明天皇、崇光天皇。南朝方が後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏。なお、実父と対立した尊氏の庶子・足利直冬は九州の広い地域で「貞和7年」(=観応2年=1351年)までこの元号を用いた。 (ja)
  • 貞和(じょうわ、(ていわ)は、日本の南北朝時代の元号の一つ。北朝方にて使用された。康永の後、観応の前。1345年から1350年までの期間を指す。この時代の天皇は、北朝方が光明天皇、崇光天皇。南朝方が後村上天皇。室町幕府将軍は足利尊氏。なお、実父と対立した尊氏の庶子・足利直冬は九州の広い地域で「貞和7年」(=観応2年=1351年)までこの元号を用いた。 (ja)
rdfs:label
  • 貞和 (ja)
  • 貞和 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:創建年 of
is prop-ja:年号 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of