比丘(びく、巴: Bhikkhu、梵: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。 比丘の生活は涅槃に達することを目的としており、質素な生活を送ることで、自身の修行の助けとなるよう設計されている。 インドでは紀元前六世紀ごろから、出家し、各地を遊行しながら托鉢する修行者がおり、釈迦もその一人であった。釈迦の弟子が増え仏教教団(サンガ)が成立してからは、その主要な構成員として、信徒に教えを説き、教団を維持する働きをもつ。

Property Value
dbo:abstract
  • 比丘(びく、巴: Bhikkhu、梵: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。 比丘の生活は涅槃に達することを目的としており、質素な生活を送ることで、自身の修行の助けとなるよう設計されている。 インドでは紀元前六世紀ごろから、出家し、各地を遊行しながら托鉢する修行者がおり、釈迦もその一人であった。釈迦の弟子が増え仏教教団(サンガ)が成立してからは、その主要な構成員として、信徒に教えを説き、教団を維持する働きをもつ。 (ja)
  • 比丘(びく、巴: Bhikkhu、梵: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。 比丘の生活は涅槃に達することを目的としており、質素な生活を送ることで、自身の修行の助けとなるよう設計されている。 インドでは紀元前六世紀ごろから、出家し、各地を遊行しながら托鉢する修行者がおり、釈迦もその一人であった。釈迦の弟子が増え仏教教団(サンガ)が成立してからは、その主要な構成員として、信徒に教えを説き、教団を維持する働きをもつ。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 12908 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3060 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 3157 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81192775 (xsd:integer)
  • 86677207 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:en
  • Monk (ja)
  • Monk (ja)
prop-ja:ja
  • 比丘, 雲水 (ja)
  • 比丘 (ja)
  • 比丘, 雲水 (ja)
  • 比丘 (ja)
prop-ja:jaLatn
  • Biku, unsui (ja)
  • Biku (ja)
  • Biku, unsui (ja)
  • Biku (ja)
prop-ja:km
  • ភិក្ខុ (ja)
  • ភិក្ខុ (ja)
prop-ja:pi
  • Bhikkhu (ja)
  • Bhikkhu (ja)
prop-ja:sa
  • Bhikṣu (ja)
  • Bhikṣu (ja)
prop-ja:si
  • භික්ෂුව (ja)
  • භික්ෂුව (ja)
prop-ja:th
  • ภิกษุ (ja)
  • ภิกษุ (ja)
prop-ja:title
  • 比丘, 雲水 (ja)
  • 比丘 (ja)
  • 比丘, 雲水 (ja)
  • 比丘 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zh
  • 比丘, 和尚 (ja)
  • 比丘 (ja)
  • 比丘, 和尚 (ja)
  • 比丘 (ja)
prop-ja:zhLatn
  • Phikkhok (ja)
  • bǐqiū (ja)
  • Phikkhok (ja)
  • bǐqiū (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 比丘(びく、巴: Bhikkhu、梵: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。 比丘の生活は涅槃に達することを目的としており、質素な生活を送ることで、自身の修行の助けとなるよう設計されている。 インドでは紀元前六世紀ごろから、出家し、各地を遊行しながら托鉢する修行者がおり、釈迦もその一人であった。釈迦の弟子が増え仏教教団(サンガ)が成立してからは、その主要な構成員として、信徒に教えを説き、教団を維持する働きをもつ。 (ja)
  • 比丘(びく、巴: Bhikkhu、梵: Bhikṣu)は、仏教において出家し、具足戒を守る男性の修行者である。女性の出家修行者は比丘尼(びくに, Bhikkhunī)。 比丘の生活は涅槃に達することを目的としており、質素な生活を送ることで、自身の修行の助けとなるよう設計されている。 インドでは紀元前六世紀ごろから、出家し、各地を遊行しながら托鉢する修行者がおり、釈迦もその一人であった。釈迦の弟子が増え仏教教団(サンガ)が成立してからは、その主要な構成員として、信徒に教えを説き、教団を維持する働きをもつ。 (ja)
rdfs:label
  • 比丘 (ja)
  • 比丘 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:occupation of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:otheroccupation of
is prop-ja:他の活動 of
is prop-ja:前職 of
is prop-ja: of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:職業 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of