承久の乱(じょうきゅうのらん)は、1221年(承久3年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。承久の変、承久合戦ともいう。 上皇の院宣で討伐対象として挙げていたのは義時であったが、北条家は鎌倉幕府全体への攻撃であるとして東国御家人たちを動員することに成功。京都に攻め上って勝利した。乱後、後鳥羽上皇は隠岐に配流され、鎌倉幕府は朝廷を監視する六波羅探題を京都に置いた。以降、明治維新まで600年以上に及ぶ朝廷に対する武家政権の優位を決定づけた画期となった。 後鳥羽上皇の挙兵目的については、武家政権の打倒ではなく、院宣のとおり義時の排除であったとする見解()もある。

Property Value
dbo:abstract
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、1221年(承久3年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。承久の変、承久合戦ともいう。 上皇の院宣で討伐対象として挙げていたのは義時であったが、北条家は鎌倉幕府全体への攻撃であるとして東国御家人たちを動員することに成功。京都に攻め上って勝利した。乱後、後鳥羽上皇は隠岐に配流され、鎌倉幕府は朝廷を監視する六波羅探題を京都に置いた。以降、明治維新まで600年以上に及ぶ朝廷に対する武家政権の優位を決定づけた画期となった。 後鳥羽上皇の挙兵目的については、武家政権の打倒ではなく、院宣のとおり義時の排除であったとする見解()もある。 (ja)
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、1221年(承久3年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。承久の変、承久合戦ともいう。 上皇の院宣で討伐対象として挙げていたのは義時であったが、北条家は鎌倉幕府全体への攻撃であるとして東国御家人たちを動員することに成功。京都に攻め上って勝利した。乱後、後鳥羽上皇は隠岐に配流され、鎌倉幕府は朝廷を監視する六波羅探題を京都に置いた。以降、明治維新まで600年以上に及ぶ朝廷に対する武家政権の優位を決定づけた画期となった。 後鳥羽上皇の挙兵目的については、武家政権の打倒ではなく、院宣のとおり義時の排除であったとする見解()もある。 (ja)
dbo:combatant
  • 25x20px鎌倉幕府
  • 25x20px朝廷
dbo:description
  • 瀬田の唐橋 (ja)
  • 瀬田も戦場となった(瀬田の唐橋) (ja)
  • 瀬田の唐橋 (ja)
  • 瀬田も戦場となった(瀬田の唐橋) (ja)
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 鎌倉幕府の圧勝
dbo:strength
  • 約190,000(吾妻鏡)
dbo:wikiPageID
  • 40571 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16251 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 17986 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81423997 (xsd:integer)
  • 86600731 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
prop-ja:caption
prop-ja:combatant
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:commander
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:conflict
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
prop-ja:date
  • (ユリウス暦)1221年6月 (ja)
  • (旧暦)承久3年6月 (ja)
  • (ユリウス暦)1221年6月 (ja)
  • (旧暦)承久3年6月 (ja)
prop-ja:place
prop-ja:result
prop-ja:strength
  • 約190,000(吾妻鏡) (ja)
  • 約190,000(吾妻鏡) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、1221年(承久3年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。承久の変、承久合戦ともいう。 上皇の院宣で討伐対象として挙げていたのは義時であったが、北条家は鎌倉幕府全体への攻撃であるとして東国御家人たちを動員することに成功。京都に攻め上って勝利した。乱後、後鳥羽上皇は隠岐に配流され、鎌倉幕府は朝廷を監視する六波羅探題を京都に置いた。以降、明治維新まで600年以上に及ぶ朝廷に対する武家政権の優位を決定づけた画期となった。 後鳥羽上皇の挙兵目的については、武家政権の打倒ではなく、院宣のとおり義時の排除であったとする見解()もある。 (ja)
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、1221年(承久3年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。承久の変、承久合戦ともいう。 上皇の院宣で討伐対象として挙げていたのは義時であったが、北条家は鎌倉幕府全体への攻撃であるとして東国御家人たちを動員することに成功。京都に攻め上って勝利した。乱後、後鳥羽上皇は隠岐に配流され、鎌倉幕府は朝廷を監視する六波羅探題を京都に置いた。以降、明治維新まで600年以上に及ぶ朝廷に対する武家政権の優位を決定づけた画期となった。 後鳥羽上皇の挙兵目的については、武家政権の打倒ではなく、院宣のとおり義時の排除であったとする見解()もある。 (ja)
rdfs:label
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of