承久の乱(じょうきゅうのらん)は、鎌倉時代の承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。武家政権という新興勢力を倒し、古代より続く朝廷の復権を目的とした争いである。北条義時は朝廷を武力で倒した唯一の武将として後世に名を残すこととなった。この乱は承久の変、承久合戦ともいう。 日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争いであり、朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流され、以後、鎌倉幕府は、朝廷の権力を制限し、京都に朝廷を監視する六波羅探題を置き、皇位継承等にも影響力を持つようになるなど、幕府主導の政治体制を固めた。また、将軍の代理人である執権職の北条氏が実質的に鎌倉幕府を支配する執権政治が100年以上続くこととなった。

Property Value
dbo:abstract
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、鎌倉時代の承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。武家政権という新興勢力を倒し、古代より続く朝廷の復権を目的とした争いである。北条義時は朝廷を武力で倒した唯一の武将として後世に名を残すこととなった。この乱は承久の変、承久合戦ともいう。 日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争いであり、朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流され、以後、鎌倉幕府は、朝廷の権力を制限し、京都に朝廷を監視する六波羅探題を置き、皇位継承等にも影響力を持つようになるなど、幕府主導の政治体制を固めた。また、将軍の代理人である執権職の北条氏が実質的に鎌倉幕府を支配する執権政治が100年以上続くこととなった。 平安時代末期の保元の乱や平治の乱により、貴族階級の衰退と武士階級の飛躍的な台頭の後、1185年に初めての武家政権となる鎌倉幕府が成立したが、東日本を勢力下においた鎌倉幕府と、西日本の支配を保った朝廷による2頭政治となり、朝廷では新興の武家政権への反感が募っていった。その鎌倉では、幕府の初代将軍の源頼朝が落馬で死亡、2代将軍の頼家と3代将軍の実朝が次々と暗殺され、天皇家の血を引く源氏将軍が鎌倉から滅亡し、この1219年以降、北条氏が執権職にもかかわらず鎌倉幕府を実質的に手中に収めるに至り、朝廷は、武家政権打倒と日本全土の統治回復を目指すこととなり、この2年後に承久の乱が起きた。 (ja)
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、鎌倉時代の承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。武家政権という新興勢力を倒し、古代より続く朝廷の復権を目的とした争いである。北条義時は朝廷を武力で倒した唯一の武将として後世に名を残すこととなった。この乱は承久の変、承久合戦ともいう。 日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争いであり、朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流され、以後、鎌倉幕府は、朝廷の権力を制限し、京都に朝廷を監視する六波羅探題を置き、皇位継承等にも影響力を持つようになるなど、幕府主導の政治体制を固めた。また、将軍の代理人である執権職の北条氏が実質的に鎌倉幕府を支配する執権政治が100年以上続くこととなった。 平安時代末期の保元の乱や平治の乱により、貴族階級の衰退と武士階級の飛躍的な台頭の後、1185年に初めての武家政権となる鎌倉幕府が成立したが、東日本を勢力下においた鎌倉幕府と、西日本の支配を保った朝廷による2頭政治となり、朝廷では新興の武家政権への反感が募っていった。その鎌倉では、幕府の初代将軍の源頼朝が落馬で死亡、2代将軍の頼家と3代将軍の実朝が次々と暗殺され、天皇家の血を引く源氏将軍が鎌倉から滅亡し、この1219年以降、北条氏が執権職にもかかわらず鎌倉幕府を実質的に手中に収めるに至り、朝廷は、武家政権打倒と日本全土の統治回復を目指すこととなり、この2年後に承久の乱が起きた。 (ja)
dbo:combatant
  • 25x20px鎌倉幕府
  • 25x20px朝廷
dbo:description
  • 瀬田の唐橋 (ja)
  • 瀬田の唐橋 (ja)
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 鎌倉幕府の圧勝
dbo:strength
  • 約190,000(吾妻鏡)
dbo:wikiPageID
  • 40571 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 16251 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81423997 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
prop-ja:caption
prop-ja:combatant
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:commander
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:conflict
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
prop-ja:date
  • (ユリウス暦)1221年6月 (ja)
  • (旧暦)承久3年6月 (ja)
  • (ユリウス暦)1221年6月 (ja)
  • (旧暦)承久3年6月 (ja)
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 鎌倉幕府の圧勝 (ja)
  • 鎌倉幕府の圧勝 (ja)
prop-ja:strength
  • 約190,000(吾妻鏡) (ja)
  • 約190,000(吾妻鏡) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、鎌倉時代の承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。武家政権という新興勢力を倒し、古代より続く朝廷の復権を目的とした争いである。北条義時は朝廷を武力で倒した唯一の武将として後世に名を残すこととなった。この乱は承久の変、承久合戦ともいう。 日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争いであり、朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流され、以後、鎌倉幕府は、朝廷の権力を制限し、京都に朝廷を監視する六波羅探題を置き、皇位継承等にも影響力を持つようになるなど、幕府主導の政治体制を固めた。また、将軍の代理人である執権職の北条氏が実質的に鎌倉幕府を支配する執権政治が100年以上続くこととなった。 (ja)
  • 承久の乱(じょうきゅうのらん)は、鎌倉時代の承久3年(1221年)に、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権の北条義時に対して討伐の兵を挙げて敗れた兵乱。武家政権という新興勢力を倒し、古代より続く朝廷の復権を目的とした争いである。北条義時は朝廷を武力で倒した唯一の武将として後世に名を残すこととなった。この乱は承久の変、承久合戦ともいう。 日本史上初の朝廷と武家政権の間で起きた武力による争いであり、朝廷側の敗北で後鳥羽上皇は隠岐に配流され、以後、鎌倉幕府は、朝廷の権力を制限し、京都に朝廷を監視する六波羅探題を置き、皇位継承等にも影響力を持つようになるなど、幕府主導の政治体制を固めた。また、将軍の代理人である執権職の北条氏が実質的に鎌倉幕府を支配する執権政治が100年以上続くこととなった。 (ja)
rdfs:label
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 承久の乱 (ja)
  • 承久の乱 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of