マントヴァ(イタリア語: Mantova [ˈmantova])は、イタリア共和国ロンバルディア州南東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約49,000人の基礎自治体(コムーネ)。マントヴァ県の県都である。 マントヴァは三方を12世紀につくられた人工湖によって囲まれている。これらはガルダ湖から発したミンチョ川の水をせき止めたものである。3つの湖はそれぞれ大きな方から、スペリオーレ湖、メッツォ湖、インフェリオーレ湖と呼ばれている。4番目の湖パジョロ湖はかつて市を環状に巡った防御用のものであったが、18世紀末に干拓された。 マントヴァは、ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇『ロミオとジュリエット』の中に登場する。劇中、ロミオはティボルトを誤って殺害し、町から追放される。彼はただちにマントヴァへ向けて発ち、愛するジュリエットの死の知らせを聞いてヴェローナへ帰還する。 またヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」の舞台であり、市内にはオペラに縁のある建物や登場人物の像が現存するが、劇中の人物は全て架空の人物である。 マントヴァは、カトリック教会のマントヴァ司教座が置かれている。 マントヴァの中心市街などは、サッビオネータの中心部とともに「マントヴァとサッビオネータ」の名で世界遺産リストに登録されている。

Property Value
dbo:abstract
  • マントヴァ(イタリア語: Mantova [ˈmantova])は、イタリア共和国ロンバルディア州南東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約49,000人の基礎自治体(コムーネ)。マントヴァ県の県都である。 マントヴァは三方を12世紀につくられた人工湖によって囲まれている。これらはガルダ湖から発したミンチョ川の水をせき止めたものである。3つの湖はそれぞれ大きな方から、スペリオーレ湖、メッツォ湖、インフェリオーレ湖と呼ばれている。4番目の湖パジョロ湖はかつて市を環状に巡った防御用のものであったが、18世紀末に干拓された。 マントヴァは、ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇『ロミオとジュリエット』の中に登場する。劇中、ロミオはティボルトを誤って殺害し、町から追放される。彼はただちにマントヴァへ向けて発ち、愛するジュリエットの死の知らせを聞いてヴェローナへ帰還する。 またヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」の舞台であり、市内にはオペラに縁のある建物や登場人物の像が現存するが、劇中の人物は全て架空の人物である。 マントヴァは、カトリック教会のマントヴァ司教座が置かれている。 マントヴァの中心市街などは、サッビオネータの中心部とともに「マントヴァとサッビオネータ」の名で世界遺産リストに登録されている。 (ja)
  • マントヴァ(イタリア語: Mantova [ˈmantova])は、イタリア共和国ロンバルディア州南東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約49,000人の基礎自治体(コムーネ)。マントヴァ県の県都である。 マントヴァは三方を12世紀につくられた人工湖によって囲まれている。これらはガルダ湖から発したミンチョ川の水をせき止めたものである。3つの湖はそれぞれ大きな方から、スペリオーレ湖、メッツォ湖、インフェリオーレ湖と呼ばれている。4番目の湖パジョロ湖はかつて市を環状に巡った防御用のものであったが、18世紀末に干拓された。 マントヴァは、ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇『ロミオとジュリエット』の中に登場する。劇中、ロミオはティボルトを誤って殺害し、町から追放される。彼はただちにマントヴァへ向けて発ち、愛するジュリエットの死の知らせを聞いてヴェローナへ帰還する。 またヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」の舞台であり、市内にはオペラに縁のある建物や登場人物の像が現存するが、劇中の人物は全て架空の人物である。 マントヴァは、カトリック教会のマントヴァ司教座が置かれている。 マントヴァの中心市街などは、サッビオネータの中心部とともに「マントヴァとサッビオネータ」の名で世界遺産リストに登録されている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 70679 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9506 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 11096 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75916113 (xsd:integer)
  • 86467456 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:abitanti
  • 48523 (xsd:integer)
  • 49308 (xsd:integer)
prop-ja:altitudine
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:anno
  • 2017-01-01 (xsd:date)
  • 2021-01-01 (xsd:date)
prop-ja:cap
  • 46100 (xsd:integer)
prop-ja:comunilimitrofi
  • [[#隣接コムーネ]]参照 (ja)
  • [[#隣接コムーネ]]参照 (ja)
prop-ja:densita
  • 48523 (xsd:integer)
  • 49308 (xsd:integer)
prop-ja:didascaliaMappa
  • マントヴァ県におけるコムーネの領域 (ja)
  • マントヴァ県におけるコムーネの領域 (ja)
prop-ja:festivo
  • --03-18
prop-ja:fiscale
  • E897 (ja)
  • E897 (ja)
prop-ja:frazioni
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:gradigiorno
  • 2388 (xsd:integer)
prop-ja:istat
  • 20030 (xsd:integer)
prop-ja:latitudinegradi
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:latitudineminuti
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:latitudinesecondi
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:longitudinegradi
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:longitudineminuti
  • 47 (xsd:integer)
prop-ja:longitudinesecondi
  • 28 (xsd:integer)
prop-ja:mappa
  • Map of comune of Mantua .svg (ja)
  • Map of comune of Mantua .svg (ja)
prop-ja:mappax
  • 105 (xsd:integer)
prop-ja:mappay
  • 67 (xsd:integer)
prop-ja:nomeabitanti
  • mantovani (ja)
  • mantovani (ja)
prop-ja:nomecomune
  • Mantova (ja)
  • Mantova (ja)
prop-ja:nomecomuneJa
  • マントヴァ (ja)
  • マントヴァ (ja)
prop-ja:panorama
  • Mantova Skyline.jpg (ja)
  • Mantova Skyline.jpg (ja)
prop-ja:patrono
  • 聖アンセルモ (ja)
  • 聖アンセルモ (ja)
prop-ja:prefisso
  • 376 (xsd:integer)
prop-ja:siglaprovincia
  • MN (ja)
  • MN (ja)
prop-ja:siglaregione
  • LOM (ja)
  • LOM (ja)
prop-ja:sito
prop-ja:superficie
  • 63.970000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zonasismica
  • [[#気候分類・地震分類]]参照 (ja)
  • [[#気候分類・地震分類]]参照 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • マントヴァ(イタリア語: Mantova [ˈmantova])は、イタリア共和国ロンバルディア州南東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約49,000人の基礎自治体(コムーネ)。マントヴァ県の県都である。 マントヴァは三方を12世紀につくられた人工湖によって囲まれている。これらはガルダ湖から発したミンチョ川の水をせき止めたものである。3つの湖はそれぞれ大きな方から、スペリオーレ湖、メッツォ湖、インフェリオーレ湖と呼ばれている。4番目の湖パジョロ湖はかつて市を環状に巡った防御用のものであったが、18世紀末に干拓された。 マントヴァは、ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇『ロミオとジュリエット』の中に登場する。劇中、ロミオはティボルトを誤って殺害し、町から追放される。彼はただちにマントヴァへ向けて発ち、愛するジュリエットの死の知らせを聞いてヴェローナへ帰還する。 またヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」の舞台であり、市内にはオペラに縁のある建物や登場人物の像が現存するが、劇中の人物は全て架空の人物である。 マントヴァは、カトリック教会のマントヴァ司教座が置かれている。 マントヴァの中心市街などは、サッビオネータの中心部とともに「マントヴァとサッビオネータ」の名で世界遺産リストに登録されている。 (ja)
  • マントヴァ(イタリア語: Mantova [ˈmantova])は、イタリア共和国ロンバルディア州南東部にある都市で、その周辺地域を含む人口約49,000人の基礎自治体(コムーネ)。マントヴァ県の県都である。 マントヴァは三方を12世紀につくられた人工湖によって囲まれている。これらはガルダ湖から発したミンチョ川の水をせき止めたものである。3つの湖はそれぞれ大きな方から、スペリオーレ湖、メッツォ湖、インフェリオーレ湖と呼ばれている。4番目の湖パジョロ湖はかつて市を環状に巡った防御用のものであったが、18世紀末に干拓された。 マントヴァは、ウィリアム・シェイクスピア作の悲劇『ロミオとジュリエット』の中に登場する。劇中、ロミオはティボルトを誤って殺害し、町から追放される。彼はただちにマントヴァへ向けて発ち、愛するジュリエットの死の知らせを聞いてヴェローナへ帰還する。 またヴェルディ作曲のオペラ「リゴレット」の舞台であり、市内にはオペラに縁のある建物や登場人物の像が現存するが、劇中の人物は全て架空の人物である。 マントヴァは、カトリック教会のマントヴァ司教座が置かれている。 マントヴァの中心市街などは、サッビオネータの中心部とともに「マントヴァとサッビオネータ」の名で世界遺産リストに登録されている。 (ja)
rdfs:label
  • マントヴァ (ja)
  • マントヴァ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:deathPlace of
is dbo:hometown of
is dbo:restingPlace of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:capoluogo of
is prop-ja:deathplace of
is prop-ja:locationTown of
is prop-ja:place of
is prop-ja:ホームタウン of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:出身地 of
is prop-ja:埋葬地 of
is prop-ja:家名・爵位 of
is prop-ja:没地 of
is prop-ja:河口 of
is prop-ja:生地 of
is prop-ja:首都 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of