渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治、大正、昭和期にかけて活躍した日本の実業家で、近代日本資本主義の指導者である。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 明治政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣・戸籍・出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京商法会議所(現東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社、経済団体の設立・経営に関わった。それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現一橋大学)、大倉商業学校(現東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現拓殖大学)の設立、二松學舍(現二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また「論語と算盤」の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。

Property Value
dbo:abstract
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、1840年3月16日〈天保11年2月13日〉- 1931年〈昭和6年〉11月11日)は、日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(一橋家家臣)に取り立てられ、のちに主君・徳川慶喜の将軍就任にともない幕臣となり、明治政府では官僚も務めた。民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣、戸籍、出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現・みずほ銀行)や東京商法会議所(現・東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社や経済団体の設立・経営に関わった。そのうち企業は約500社にもおよび、「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現:一橋大学)、大倉商業学校(現:東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現:高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現:拓殖大学)の設立、二松學舍(現:二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また『論語と算盤』の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。 (ja)
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治、大正、昭和期にかけて活躍した日本の実業家で、近代日本資本主義の指導者である。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 明治政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣・戸籍・出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京商法会議所(現東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社、経済団体の設立・経営に関わった。それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現一橋大学)、大倉商業学校(現東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現拓殖大学)の設立、二松學舍(現二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また「論語と算盤」の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。 (ja)
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、1840年3月16日〈天保11年2月13日〉- 1931年〈昭和6年〉11月11日)は、日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(一橋家家臣)に取り立てられ、のちに主君・徳川慶喜の将軍就任にともない幕臣となり、明治政府では官僚も務めた。民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣、戸籍、出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現・みずほ銀行)や東京商法会議所(現・東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社や経済団体の設立・経営に関わった。そのうち企業は約500社にもおよび、「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現:一橋大学)、大倉商業学校(現:東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現:高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現:拓殖大学)の設立、二松學舍(現:二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また『論語と算盤』の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。 (ja)
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治、大正、昭和期にかけて活躍した日本の実業家で、近代日本資本主義の指導者である。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 明治政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣・戸籍・出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京商法会議所(現東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社、経済団体の設立・経営に関わった。それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現一橋大学)、大倉商業学校(現東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現拓殖大学)の設立、二松學舍(現二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また「論語と算盤」の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。 (ja)
dbo:alias
  • しぶさわ えいいち (ja)
  • しぶさわ えいいち (ja)
dbo:birthPlace
dbo:child
dbo:deathDate
  • 1931-11-11 (xsd:date)
  • 2011-01-01 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:parent
dbo:predecessor
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 108451 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 50581 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 59141 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81626949 (xsd:integer)
  • 86760642 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:beforenote
  • 二松學舍長 (ja)
  • 東京女学館長 (ja)
  • 二松學舍長 (ja)
  • 東京女学館長 (ja)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1875 (xsd:integer)
  • 1879 (xsd:integer)
  • 1885 (xsd:integer)
  • 1890 (xsd:integer)
  • 1893 (xsd:integer)
  • 1900 (xsd:integer)
  • 1907 (xsd:integer)
  • 1908 (xsd:integer)
  • 1919 (xsd:integer)
  • 1920 (xsd:integer)
  • 1921 (xsd:integer)
  • 1924 (xsd:integer)
  • 1925 (xsd:integer)
  • 1930 (xsd:integer)
  • 1931 (xsd:integer)
  • 初代 (ja)
  • 第3代 (ja)
  • 渋沢家初代 (ja)
  • ''東京女学館長事務取扱 (ja)
  • ''東京養育院長 (ja)
  • ''社会事業協会会長 (ja)
  • 中央慈善協会会長 (ja)
  • 初代:1925年 - 1931年 (ja)
  • 東京府養育院長 (ja)
  • 第3代:1921年 - 1931年 (ja)
prop-ja:ふりがな
  • しぶさわ えいいち (ja)
  • しぶさわ えいいち (ja)
prop-ja:人名
  • 渋沢 栄一 (ja)
  • (澁澤 榮一) (ja)
  • 渋沢 栄一 (ja)
  • (澁澤 榮一) (ja)
prop-ja:出生地
  • 25 (xsd:integer)
  • (現・埼玉県深谷市血洗島) (ja)
prop-ja:各国語表記
  • しぶさわ えいいち (ja)
  • しぶさわ えいいち (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN1870 (ja)
  • JPN1870 (ja)
prop-ja:子供
prop-ja:子女
  • 七男・渋沢秀雄 (ja)
  • 五男・渋沢武之助 (ja)
  • 六男・渋沢正雄 (ja)
  • 次男・渋沢篤二 (ja)
  • 長女・穂積歌子 (ja)
  • 養子・渋沢平九郎 (ja)
  • 七男・渋沢秀雄 (ja)
  • 五男・渋沢武之助 (ja)
  • 六男・渋沢正雄 (ja)
  • 次男・渋沢篤二 (ja)
  • 長女・穂積歌子 (ja)
  • 養子・渋沢平九郎 (ja)
prop-ja:就任日
  • 1889 (xsd:integer)
  • --09-29
prop-ja:栄誉
prop-ja:死没地
  • 東京府下北豊島郡滝野川村元西ヶ原(王子飛鳥山邸) (ja)
  • (現・東京都北区西ヶ原) (ja)
  • 、東京府下北豊島郡滝野川村元西ヶ原(王子飛鳥山邸) (ja)
  • 東京府下北豊島郡滝野川村元西ヶ原(王子飛鳥山邸) (ja)
  • (現・東京都北区西ヶ原) (ja)
  • 、東京府下北豊島郡滝野川村元西ヶ原(王子飛鳥山邸) (ja)
prop-ja:氏名
  • 渋沢 栄一 (ja)
  • (澁澤 榮一) (ja)
  • 渋沢 栄一 (ja)
  • (澁澤 榮一) (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1931-11-11 (xsd:date)
  • --11-11
prop-ja:生年月日
  • --02-13
  • --03-16
prop-ja:生誕地
  • 25 (xsd:integer)
  • 武蔵国榛沢郡血洗島村 (ja)
  • (現・埼玉県深谷市血洗島) (ja)
  • (現埼玉県深谷市血洗島) (ja)
prop-ja:画像
  • Eiichi Shibusawa.jpg (ja)
  • Eiichi Shibusawa.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
prop-ja:職業
prop-ja:
  • 母・渋沢エイ (ja)
  • 父・渋沢市郎右衛門元助 (ja)
  • 母・渋沢ゑい (ja)
  • 父・渋沢市郎右衛門 (ja)
  • 母・渋沢エイ (ja)
  • 父・渋沢市郎右衛門元助 (ja)
  • 母・渋沢ゑい (ja)
  • 父・渋沢市郎右衛門 (ja)
prop-ja:親族(政治家)_
  • 娘婿・大川平三郎 (ja)
  • 娘婿・穂積陳重 (ja)
  • 娘婿・阪谷芳郎 (ja)
  • 孫・渋沢敬三 (ja)
  • 孫・穂積真六郎 (ja)
  • 孫・穂積重遠 (ja)
  • 孫・阪谷希一 (ja)
  • 孫婿・中村貫之 (ja)
  • 孫婿・壬生基泰 (ja)
  • 孫婿・石黒忠篤 (ja)
  • 来孫・橋本岳 (ja)
  • 娘婿・大川平三郎 (ja)
  • 娘婿・穂積陳重 (ja)
  • 娘婿・阪谷芳郎 (ja)
  • 孫・渋沢敬三 (ja)
  • 孫・穂積真六郎 (ja)
  • 孫・穂積重遠 (ja)
  • 孫・阪谷希一 (ja)
  • 孫婿・中村貫之 (ja)
  • 孫婿・壬生基泰 (ja)
  • 孫婿・石黒忠篤 (ja)
  • 来孫・橋本岳 (ja)
prop-ja:退任日
  • 1904 (xsd:integer)
  • --10-29
prop-ja:配偶者
  • 兼子(1883年 - 1934年) (ja)
  • 千代(1841年 - 1882年) (ja)
  • 千代(1858年 - 1882年) (ja)
  • 渋沢兼子 (ja)
  • 渋沢千代 (ja)
  • 兼子(1883年 - 1934年) (ja)
  • 千代(1841年 - 1882年) (ja)
  • 千代(1858年 - 1882年) (ja)
  • 渋沢兼子 (ja)
  • 渋沢千代 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治、大正、昭和期にかけて活躍した日本の実業家で、近代日本資本主義の指導者である。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 明治政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣・戸籍・出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京商法会議所(現東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社、経済団体の設立・経営に関わった。それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現一橋大学)、大倉商業学校(現東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現拓殖大学)の設立、二松學舍(現二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また「論語と算盤」の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。 (ja)
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、1840年3月16日〈天保11年2月13日〉- 1931年〈昭和6年〉11月11日)は、日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(一橋家家臣)に取り立てられ、のちに主君・徳川慶喜の将軍就任にともない幕臣となり、明治政府では官僚も務めた。民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣、戸籍、出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現・みずほ銀行)や東京商法会議所(現・東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社や経済団体の設立・経営に関わった。そのうち企業は約500社にもおよび、「日本資本主義の父」と称される。 (ja)
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、天保11年2月13日〈1840年3月16日〉 - 昭和6年〈1931年〉11月11日)は、江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(幕臣)に取り立てられ、明治、大正、昭和期にかけて活躍した日本の実業家で、近代日本資本主義の指導者である。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 明治政府では、民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣・戸籍・出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京商法会議所(現東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社、経済団体の設立・経営に関わった。それらの功績を元に「日本資本主義の父」と称される。 同時に東京養育院等の福祉事業、東京慈恵会等の医療事業、商法講習所(現一橋大学)、大倉商業学校(現東京経済大学)、高千穂高等商業学校(現高千穂大学)等の実業教育、東京女学館などの女子教育、台湾協会学校(現拓殖大学)の設立、二松學舍(現二松学舎大学)第3代舎長就任等による私学教育支援や、理化学研究所設立等の研究事業支援、国際交流、民間外交の実践等にも尽力した。また「論語と算盤」の言葉に代表されるその道徳経済合一の思想でも広く知られている。 (ja)
  • 渋沢 栄一(しぶさわ えいいち、旧字体:澁澤 榮一、1840年3月16日〈天保11年2月13日〉- 1931年〈昭和6年〉11月11日)は、日本の明治・大正期の実業家、財界の指導者。位階勲等爵位は正二位勲一等子爵。雅号は青淵(せいえん)。 江戸時代末期に農民(名主身分)から武士(一橋家家臣)に取り立てられ、のちに主君・徳川慶喜の将軍就任にともない幕臣となり、明治政府では官僚も務めた。民部省を経て直属の上司である大蔵大輔と井上馨の下で大蔵少輔、吉田清成らと共に造幣、戸籍、出納など様々な政策立案を行い、初代紙幣頭、次いで大蔵省三等官の大蔵少輔事務取扱となる。 井上馨と共に退官後は実業界に転じ、第一国立銀行(現・みずほ銀行)や東京商法会議所(現・東京商工会議所)、東京証券取引所といった多種多様な会社や経済団体の設立・経営に関わった。そのうち企業は約500社にもおよび、「日本資本主義の父」と称される。 (ja)
rdfs:label
  • 渋沢栄一 (ja)
  • 渋沢栄一 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 渋沢 栄一 (ja)
  • (澁澤 榮一) (ja)
  • 渋沢 栄一 (ja)
  • (澁澤 榮一) (ja)
is dbo:child of
is dbo:keyPerson of
is dbo:parent of
is dbo:predecessor of
is dbo:relation of
is dbo:relative of
is dbo:successor of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:spouse of
is prop-ja:代表者 of
is prop-ja:創業者 of
is prop-ja:創立者 of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:影響を与えたもの of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is prop-ja:画像説明 of
is prop-ja: of
is prop-ja:親戚 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is prop-ja:設立者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of