古代ローマ(こだいローマ、羅: Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる、都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。

Property Value
dbo:abstract
  • 古代ローマ(こだいローマ、羅: Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる、都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。 (ja)
  • 古代ローマ(こだいローマ、羅: Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる、都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 13208 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6598 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 7108 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80988842 (xsd:integer)
  • 85935833 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 476 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Roman Republic Empire map.gif (ja)
  • Roman Republic Empire map.gif (ja)
prop-ja:位置画像説明
  • ローマの領域の変遷 (ja)
  • ローマの領域の変遷 (ja)
prop-ja:元首等年代始
prop-ja:元首等年代終
  • 395 (xsd:integer)
  • 480 (xsd:integer)
  • 1453 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • エトルリア (ja)
  • サビニ人 (ja)
  • エトルリア (ja)
  • サビニ人 (ja)
prop-ja:先旗
  • Vergiasun.svg (ja)
  • Vergiasun.svg (ja)
prop-ja:公式国名
  • ''' (ja)
  • ''' (ja)
prop-ja:公用語
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
prop-ja:建国時期
prop-ja:日本語国名
  • 元老院ならびにローマ市民 (ja)
  • 元老院ならびにローマ市民 (ja)
prop-ja:標語
  • (ラテン語:ローマの元老院と市民) (ja)
  • (ラテン語:ローマの元老院と市民) (ja)
prop-ja:次代
  • オスマン帝国 (ja)
  • フランク王国 (ja)
  • ブルグント王国 (ja)
  • ヴァンダル王国 (ja)
  • ヴェネツィア共和国 (ja)
  • 東ゴート王国 (ja)
  • 西ゴート王国 (ja)
  • イスラム帝国 (ja)
  • スエビ王国 (ja)
  • ブルガリア帝国 (ja)
  • オスマン帝国 (ja)
  • フランク王国 (ja)
  • ブルグント王国 (ja)
  • ヴァンダル王国 (ja)
  • ヴェネツィア共和国 (ja)
  • 東ゴート王国 (ja)
  • 西ゴート王国 (ja)
  • イスラム帝国 (ja)
  • スエビ王国 (ja)
  • ブルガリア帝国 (ja)
prop-ja:次旗
  • Flag of Most Serene Republic of Venice.svg (ja)
  • Ottoman Flag.svg (ja)
  • Flag of Most Serene Republic of Venice.svg (ja)
  • Ottoman Flag.svg (ja)
prop-ja:通貨
prop-ja:面積値
  • 極大 (ja)
  • 極大 (ja)
prop-ja:面積測定時期
prop-ja:首相等年代始
prop-ja:首相等年代終
prop-ja:首相等氏名
prop-ja:首相等肩書
prop-ja:首都
dct:subject
rdfs:comment
  • 古代ローマ(こだいローマ、羅: Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる、都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。 (ja)
  • 古代ローマ(こだいローマ、羅: Roma antiqua)は、イタリア半島中部に位置した多部族からなる、都市国家から始まり、領土を拡大して地中海世界の全域を支配する世界帝国までになった国家の総称である。当時の正式な国号は元老院ならびにローマ市民(Senatus Populusque Romanus)であり、共和政成立から使用されて以来滅亡まで体制が変わっても維持された。伝統的には476年のロムルス・アウグストゥルスの退位をもって古代ローマの終焉とするのが一般的であるが、ユスティニアヌス1世によってイタリア本土が再構成される554年までを古代ローマに含める場合もある。ローマ市は、帝国の滅亡後も一都市として存続し、世界帝国ローマの記憶は以後の思想や制度に様々な形で残り、今日まで影響を与えている。 (ja)
rdfs:label
  • 古代ローマ (ja)
  • 古代ローマ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:spokenIn of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:cultures of
is prop-ja:epochs of
is prop-ja:established of
is prop-ja:imagecaption of
is prop-ja:location of
is prop-ja:longtype of
is prop-ja:occupants of
is prop-ja:origin of
is prop-ja:region of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:画像説明 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of