ケーニヒスベルク(ドイツ語: Königsberg, 公式表記:Königsberg (Pr))は、中世後期から1945年まで東プロイセンの中心であった都市。ドイツ語で「王の山」という意味がある。現在はロシア連邦のカリーニングラードとなっている。 北方十字軍の時代、1255年に半島の真南のプレーゲル川河口にドイツ騎士団によって建設され、ボヘミア王オタカル2世を記念して名付けられた。街は、ドイツ騎士団国、プロイセン公国、東プロイセン州の首都となった。バルト海の港は、ドイツの文化的中心地へと発展していった。リヒャルト・ワーグナー、イマヌエル・カント、E.T.A.ホフマン、ダフィット・ヒルベルトなどの著名人の住居もあった。 ケーニヒスベルクは第二次世界大戦中の1944年の連合国軍が行った空襲により相当の被害を被り、赤軍との戦い(ケーニヒスベルクの戦い)に敗れ、陥落した。ポツダム宣言によりケーニヒスベルクを含む東プロイセンの北半分はソビエト連邦に併合、ドイツ人は追放され、その後主にロシア人が入植した。その後短期間、「キョーニクスベルク」 Кёнигсберг (Kyonigsberg) というようにロシア風の名称となり、時の最高会議幹部会議長ミハイル・カリーニンにちなんで、カリーニングラードと改称された。現在のカリーニングラード州州都である。

Property Value
dbo:abstract
  • ケーニヒスベルク(ドイツ語: Königsberg, 公式表記:Königsberg (Pr))は、中世後期から1945年まで東プロイセンの中心であった都市。ドイツ語で「王の山」という意味がある。現在はロシア連邦のカリーニングラードとなっている。 北方十字軍の時代、1255年に半島の真南のプレーゲル川河口にドイツ騎士団によって建設され、ボヘミア王オタカル2世を記念して名付けられた。街は、ドイツ騎士団国、プロイセン公国、東プロイセン州の首都となった。バルト海の港は、ドイツの文化的中心地へと発展していった。リヒャルト・ワーグナー、イマヌエル・カント、E.T.A.ホフマン、ダフィット・ヒルベルトなどの著名人の住居もあった。 ケーニヒスベルクは第二次世界大戦中の1944年の連合国軍が行った空襲により相当の被害を被り、赤軍との戦い(ケーニヒスベルクの戦い)に敗れ、陥落した。ポツダム宣言によりケーニヒスベルクを含む東プロイセンの北半分はソビエト連邦に併合、ドイツ人は追放され、その後主にロシア人が入植した。その後短期間、「キョーニクスベルク」 Кёнигсберг (Kyonigsberg) というようにロシア風の名称となり、時の最高会議幹部会議長ミハイル・カリーニンにちなんで、カリーニングラードと改称された。現在のカリーニングラード州州都である。 (ja)
  • ケーニヒスベルク(ドイツ語: Königsberg, 公式表記:Königsberg (Pr))は、中世後期から1945年まで東プロイセンの中心であった都市。ドイツ語で「王の山」という意味がある。現在はロシア連邦のカリーニングラードとなっている。 北方十字軍の時代、1255年に半島の真南のプレーゲル川河口にドイツ騎士団によって建設され、ボヘミア王オタカル2世を記念して名付けられた。街は、ドイツ騎士団国、プロイセン公国、東プロイセン州の首都となった。バルト海の港は、ドイツの文化的中心地へと発展していった。リヒャルト・ワーグナー、イマヌエル・カント、E.T.A.ホフマン、ダフィット・ヒルベルトなどの著名人の住居もあった。 ケーニヒスベルクは第二次世界大戦中の1944年の連合国軍が行った空襲により相当の被害を被り、赤軍との戦い(ケーニヒスベルクの戦い)に敗れ、陥落した。ポツダム宣言によりケーニヒスベルクを含む東プロイセンの北半分はソビエト連邦に併合、ドイツ人は追放され、その後主にロシア人が入植した。その後短期間、「キョーニクスベルク」 Кёнигсберг (Kyonigsberg) というようにロシア風の名称となり、時の最高会議幹部会議長ミハイル・カリーニンにちなんで、カリーニングラードと改称された。現在のカリーニングラード州州都である。 (ja)
dbo:country
dbo:isPartOf
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2108851 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25715 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81126916 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:coordinatesDisplay
  • inline,title (ja)
  • inline,title (ja)
prop-ja:coordinatesType
  • region:RU_type:city (ja)
  • region:RU_type:city (ja)
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:establishedDate
  • 1255 (xsd:integer)
prop-ja:imageCaption
prop-ja:imageSeal
  • Koenigsberg Wappen 2000 v01.jpg (ja)
  • Koenigsberg Wappen 2000 v01.jpg (ja)
prop-ja:imageSkyline
  • Königsberg Castle.jpg (ja)
  • Königsberg Castle.jpg (ja)
prop-ja:latd
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:latm
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:latns
  • N (ja)
  • N (ja)
prop-ja:lats
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:longd
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:longew
  • E (ja)
  • E (ja)
prop-ja:longm
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:longs
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:officialName
  • Königsberg (ja)
  • Königsberg (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:settlementType
prop-ja:subdivisionName
prop-ja:subdivisionType
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
georss:point
  • 54.71666666666667 20.516666666666666
rdf:type
rdfs:comment
  • ケーニヒスベルク(ドイツ語: Königsberg, 公式表記:Königsberg (Pr))は、中世後期から1945年まで東プロイセンの中心であった都市。ドイツ語で「王の山」という意味がある。現在はロシア連邦のカリーニングラードとなっている。 北方十字軍の時代、1255年に半島の真南のプレーゲル川河口にドイツ騎士団によって建設され、ボヘミア王オタカル2世を記念して名付けられた。街は、ドイツ騎士団国、プロイセン公国、東プロイセン州の首都となった。バルト海の港は、ドイツの文化的中心地へと発展していった。リヒャルト・ワーグナー、イマヌエル・カント、E.T.A.ホフマン、ダフィット・ヒルベルトなどの著名人の住居もあった。 ケーニヒスベルクは第二次世界大戦中の1944年の連合国軍が行った空襲により相当の被害を被り、赤軍との戦い(ケーニヒスベルクの戦い)に敗れ、陥落した。ポツダム宣言によりケーニヒスベルクを含む東プロイセンの北半分はソビエト連邦に併合、ドイツ人は追放され、その後主にロシア人が入植した。その後短期間、「キョーニクスベルク」 Кёнигсберг (Kyonigsberg) というようにロシア風の名称となり、時の最高会議幹部会議長ミハイル・カリーニンにちなんで、カリーニングラードと改称された。現在のカリーニングラード州州都である。 (ja)
  • ケーニヒスベルク(ドイツ語: Königsberg, 公式表記:Königsberg (Pr))は、中世後期から1945年まで東プロイセンの中心であった都市。ドイツ語で「王の山」という意味がある。現在はロシア連邦のカリーニングラードとなっている。 北方十字軍の時代、1255年に半島の真南のプレーゲル川河口にドイツ騎士団によって建設され、ボヘミア王オタカル2世を記念して名付けられた。街は、ドイツ騎士団国、プロイセン公国、東プロイセン州の首都となった。バルト海の港は、ドイツの文化的中心地へと発展していった。リヒャルト・ワーグナー、イマヌエル・カント、E.T.A.ホフマン、ダフィット・ヒルベルトなどの著名人の住居もあった。 ケーニヒスベルクは第二次世界大戦中の1944年の連合国軍が行った空襲により相当の被害を被り、赤軍との戦い(ケーニヒスベルクの戦い)に敗れ、陥落した。ポツダム宣言によりケーニヒスベルクを含む東プロイセンの北半分はソビエト連邦に併合、ドイツ人は追放され、その後主にロシア人が入植した。その後短期間、「キョーニクスベルク」 Кёнигсберг (Kyonigsberg) というようにロシア風の名称となり、時の最高会議幹部会議長ミハイル・カリーニンにちなんで、カリーニングラードと改称された。現在のカリーニングラード州州都である。 (ja)
rdfs:label
  • ケーニヒスベルク (プロイセン) (ja)
  • ケーニヒスベルク (プロイセン) (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(20.516666412354 54.716667175293)
geo:lat
  • 54.716667 (xsd:float)
geo:long
  • 20.516666 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Königsberg (Pr) (ja)
  • Königsberg (Pr) (ja)
is dbo:birthPlace of
is dbo:deathPlace of
is dbo:hometown of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:capital of
is prop-ja:deathplace of
is prop-ja:所在地 of
is prop-ja:没地 of
is prop-ja:生地 of
is prop-ja:生誕地 of
is prop-ja:首都 of
is foaf:primaryTopic of