Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。第一感染経路は性行為であるが、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代のペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつある。たびたびヒト免疫不全ウイルスと併発するケースがあり、乱交、売春、コンドーム不使用、男性同士の危険な性行為に起因する。in vitroでの培養は不可能のため、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA 配列が決定、公開されている。また、理由は不明だが、ウサギの睾丸内では培養することができる。
dbpedia-owl:commonName
  • 梅毒
dbpedia-owl:icd10
  • A50-A53
dbpedia-owl:icd9
  • -
  • 090
  • 097
dbpedia-owl:meshId
  • D013587
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 51211 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15391 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58801987 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Treponema pallidumの電子顕微鏡写真
prop-ja:diseasesdb
  • 29054 (xsd:integer)
prop-ja:emedicinesubj
  • med
prop-ja:emedicinetopic
  • 2224 (xsd:integer)
prop-ja:icd
  • 90 (xsd:integer)
  • 97 (xsd:integer)
  • -
  • A50-A53
prop-ja:medlineplus
  • 861 (xsd:integer)
prop-ja:meshid
  • D013587
prop-ja:name
  • 梅毒
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく)とも)は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。第一感染経路は性行為であるが、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。梅毒は、1999年、全世界で推定1200万人で新規感染したと考えられており、その90%以上は発展途上国での感染である。1940年代のペニシリンの普及以降、発症は劇的に減少したが、2000年以降、多くの国々で感染率が増加しつつある。たびたびヒト免疫不全ウイルスと併発するケースがあり、乱交、売春、コンドーム不使用、男性同士の危険な性行為に起因する。in vitroでの培養は不可能のため、病原性の機構はほとんど解明されていない。1998年には全ゲノムのDNA 配列が決定、公開されている。また、理由は不明だが、ウサギの睾丸内では培養することができる。
rdfs:label
  • 梅毒
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:死因 of
is foaf:primaryTopic of