勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。このほかに南朝で編纂された『新葉和歌集』は準勅撰集とされる。 また、編纂時期により、「八代集」(『古今集』から『新古今集』)と「十三代集」(『新勅撰集』から『新続古今集』)に大別され、八代集のうち最初の三集は特に「三代集」(『古今集』・『後撰集』・『拾遺集』)と呼ばれる。

Property Value
dbo:abstract
  • 勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。このほかに南朝で編纂された『新葉和歌集』は準勅撰集とされる。 また、編纂時期により、「八代集」(『古今集』から『新古今集』)と「十三代集」(『新勅撰集』から『新続古今集』)に大別され、八代集のうち最初の三集は特に「三代集」(『古今集』・『後撰集』・『拾遺集』)と呼ばれる。 (ja)
  • 勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。このほかに南朝で編纂された『新葉和歌集』は準勅撰集とされる。 また、編纂時期により、「八代集」(『古今集』から『新古今集』)と「十三代集」(『新勅撰集』から『新続古今集』)に大別され、八代集のうち最初の三集は特に「三代集」(『古今集』・『後撰集』・『拾遺集』)と呼ばれる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 191167 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2568 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77206831 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。このほかに南朝で編纂された『新葉和歌集』は準勅撰集とされる。 また、編纂時期により、「八代集」(『古今集』から『新古今集』)と「十三代集」(『新勅撰集』から『新続古今集』)に大別され、八代集のうち最初の三集は特に「三代集」(『古今集』・『後撰集』・『拾遺集』)と呼ばれる。 (ja)
  • 勅撰和歌集(ちょくせんわかしゅう)は、天皇や上皇の命により編纂された歌集。『古今和歌集』(延喜5年(905年)成立)に始まり、『新続古今和歌集』(永享11年(1439年)成立)までの534年間で21の勅撰和歌集が編纂され、「二十一代集」と総称される。このほかに南朝で編纂された『新葉和歌集』は準勅撰集とされる。 また、編纂時期により、「八代集」(『古今集』から『新古今集』)と「十三代集」(『新勅撰集』から『新続古今集』)に大別され、八代集のうち最初の三集は特に「三代集」(『古今集』・『後撰集』・『拾遺集』)と呼ばれる。 (ja)
rdfs:label
  • 勅撰和歌集 (ja)
  • 勅撰和歌集 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of