Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『三国史記』(さんごくしき)は、高麗17代仁宗の命を受けて金富軾らが作成した、三国時代(新羅・高句麗・百済)から統一新羅末期までを対象とする紀伝体の歴史書。朝鮮半島に現存する最古の歴史書である。1143年執筆開始、1145年完成、全50巻。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 63003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57453420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alphabet
  • History of the Three Kingdoms
  • Samguk-sagi
  • Samkuk-saki
prop-ja:alphabetType
prop-ja:hangeul
  • 삼국사기
prop-ja:hanja
  • 三國史記
prop-ja:hiragana
  • さんごくしき
prop-ja:katakana
  • サムグクサギ
prop-ja:title
  • 三国史記
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『三国史記』(さんごくしき)は、高麗17代仁宗の命を受けて金富軾らが作成した、三国時代(新羅・高句麗・百済)から統一新羅末期までを対象とする紀伝体の歴史書。朝鮮半島に現存する最古の歴史書である。1143年執筆開始、1145年完成、全50巻。
rdfs:label
  • 三国史記
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of