鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦。最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた。日本海軍の軍艦としては、通報艦(防護巡洋艦)鈴谷(旧ロシア帝国軍艦ノーヴィック)に続いて二代目。15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。日本海軍の書類上の分類は、戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった。

Property Value
dbo:abstract
  • 鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦。最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた。日本海軍の軍艦としては、通報艦(防護巡洋艦)鈴谷(旧ロシア帝国軍艦ノーヴィック)に続いて二代目。15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。日本海軍の書類上の分類は、戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった。 (ja)
  • 鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦。最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた。日本海軍の軍艦としては、通報艦(防護巡洋艦)鈴谷(旧ロシア帝国軍艦ノーヴィック)に続いて二代目。15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。日本海軍の書類上の分類は、戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 73290 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 70919 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79675526 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 1938 (xsd:integer)
  • --01-01
  • --11-22
prop-ja:direction
  • vertical (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:image
  • Japanese Cruisers of the Seventh Squadron.jpg (ja)
  • Suzuya 1935.jpg (ja)
  • Suzuya trials.jpg (ja)
  • Japanese Cruisers of the Seventh Squadron.jpg (ja)
  • Suzuya 1935.jpg (ja)
  • Suzuya trials.jpg (ja)
prop-ja:width
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主機
  • 艦本式タービン4基4軸 (ja)
  • 艦本式タービン4基4軸 (ja)
prop-ja:主缶
  • ロ号艦本式缶8基 (ja)
  • ロ号艦本式缶8基 (ja)
prop-ja:乗員
  • 竣工時定員874名 (ja)
  • 竣工時定員874名 (ja)
prop-ja:全長
  • 200.6 m (ja)
  • 200.6 m (ja)
prop-ja:公試排水量
  • 13887 (xsd:integer)
prop-ja:兵装
  • 13 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 40 (xsd:integer)
  • 50 (xsd:integer)
  • 60 (xsd:integer)
  • 61 (xsd:integer)
  • 竣工時 (ja)
  • 主砲換装後 (ja)
prop-ja:出力
  • 154000 (xsd:integer)
prop-ja:吃水
  • 5.9 m (ja)
  • 5.9 m (ja)
prop-ja:名称
  • 鈴谷 (ja)
  • 鈴谷 (ja)
prop-ja:基準排水量
  • 12000 (xsd:integer)
prop-ja:建造所
prop-ja:搭載機
  • (ja)
  • 零式水偵1機、零式観測機2機 (ja)
  • 零式水偵3機 (ja)
  • (ja)
  • 零式水偵1機、零式観測機2機 (ja)
  • 零式水偵3機 (ja)
prop-ja:最大幅
  • 20.2 m (ja)
  • 20.2 m (ja)
prop-ja:最後
  • --10-25
prop-ja:燃料
  • 重油:2,243トン(新造時実測値) (ja)
  • 重油:2,243トン(新造時実測値) (ja)
prop-ja:画像
  • Suzuya trials2.jpg (ja)
  • Suzuya trials2.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • 第七戦隊就役時期(1937年) (ja)
  • 第七戦隊就役時期(1937年) (ja)
prop-ja:発注
prop-ja:竣工
  • --10-31
prop-ja:級名
prop-ja:航続距離
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:艦種
  • 二等巡洋艦 (ja)
  • 二等巡洋艦 (ja)
prop-ja:装甲
  • 舷側:100mm 弾薬庫:140mm 甲板:35 - 60mm (ja)
  • 舷側:100mm 弾薬庫:140mm 甲板:35 - 60mm (ja)
prop-ja:要目注記
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:起工
  • --12-11
prop-ja:速力
  • 35.500000 (xsd:double)
prop-ja:進水
  • --11-20
prop-ja:除籍
  • --12-20
dct:subject
georss:point
  • 11.8 122.43333333333334
rdf:type
rdfs:comment
  • 鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦。最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた。日本海軍の軍艦としては、通報艦(防護巡洋艦)鈴谷(旧ロシア帝国軍艦ノーヴィック)に続いて二代目。15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。日本海軍の書類上の分類は、戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった。 (ja)
  • 鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦。最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた。日本海軍の軍艦としては、通報艦(防護巡洋艦)鈴谷(旧ロシア帝国軍艦ノーヴィック)に続いて二代目。15.5cm砲搭載の二等巡洋艦(軽巡洋艦)として建造され、後に主砲を20cm砲に換装し重巡洋艦となった。日本海軍の書類上の分類は、戦没まで二等巡洋艦(軽巡洋艦)だった。 (ja)
rdfs:label
  • 鈴谷 (重巡洋艦) (ja)
  • 鈴谷 (重巡洋艦) (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(122.43333435059 11.800000190735)
geo:lat
  • 11.800000 (xsd:float)
geo:long
  • 122.433334 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of