奏任官(そうにんかん)は明治憲法下の高等官の一種で、高等官三等から八等に相当する職とされていた。奏任官は天皇の任命大権の委任という形式を採って内閣総理大臣が任命し、には内閣印が捺されていた。

Property Value
dbo:abstract
  • 奏任官(そうにんかん)は明治憲法下の高等官の一種で、高等官三等から八等に相当する職とされていた。奏任官は天皇の任命大権の委任という形式を採って内閣総理大臣が任命し、には内閣印が捺されていた。 (ja)
  • 奏任官(そうにんかん)は明治憲法下の高等官の一種で、高等官三等から八等に相当する職とされていた。奏任官は天皇の任命大権の委任という形式を採って内閣総理大臣が任命し、には内閣印が捺されていた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 458400 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 793 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76671964 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dct:subject
rdfs:comment
  • 奏任官(そうにんかん)は明治憲法下の高等官の一種で、高等官三等から八等に相当する職とされていた。奏任官は天皇の任命大権の委任という形式を採って内閣総理大臣が任命し、には内閣印が捺されていた。 (ja)
  • 奏任官(そうにんかん)は明治憲法下の高等官の一種で、高等官三等から八等に相当する職とされていた。奏任官は天皇の任命大権の委任という形式を採って内閣総理大臣が任命し、には内閣印が捺されていた。 (ja)
rdfs:label
  • 奏任官 (ja)
  • 奏任官 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of