北畠 顕家(きたばたけ あきいえ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の南朝公卿・武将。『神皇正統記』を著した准三后北畠親房の長男。主著に『北畠顕家上奏文』。南朝従二位権中納言兼陸奥大介鎮守府大将軍、贈従一位右大臣。 後醍醐天皇側近「後の三房」のひとり北畠親房の子として、前例のない数え14歳(満12歳)で参議に任じられて公卿に登り、建武の新政では、鎮守府大将軍として義良親王(後の後村上天皇)を奉じて陸奥国に下向した(陸奥将軍府)。のち足利尊氏との戦い建武の乱が起こると、西上し、で新田義貞や楠木正成らと協力してこれを京で破り、九州に追いやった。やがて任地に戻るも、尊氏が再挙して南北朝の内乱が開始するに及び、再びこれを討とうとして西上し、鎌倉を陥落させ、上洛しようと進撃した。青野原の戦いで幕将土岐頼遠を破るが、義貞との連携に失敗し直進を遮られたため、転進。伊勢経由で迂回して大和などを中心に北朝軍相手に果敢に挑むも遂に和泉国堺浦・石津に追い詰められ、石津の戦いで奮戦の末に幕府執事高師直の軍に討ち取られて戦死した。享年数え21歳(満20歳)。 政治思想家としても父と類似の才覚を持ち、戦死の一週間前に後醍醐天皇への諫言として著した『北畠顕家上奏文』は、美文かつ歴史的価値の高い史料とされている。後醍醐天皇の御前で、眉目秀麗な北斉の皇族武将高長恭に扮して『陵王』を舞ったなどの芸能関係の逸話もある。

Property Value
dbo:abstract
  • 北畠 顕家(きたばたけ あきいえ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の南朝公卿・武将。『神皇正統記』を著した准三后北畠親房の長男。主著に『北畠顕家上奏文』。南朝従二位権中納言兼陸奥大介鎮守府大将軍、贈従一位右大臣。 後醍醐天皇側近「後の三房」のひとり北畠親房の子として、前例のない数え14歳(満12歳)で参議に任じられて公卿に登り、建武の新政では、鎮守府大将軍として義良親王(後の後村上天皇)を奉じて陸奥国に下向した(陸奥将軍府)。のち足利尊氏との戦い建武の乱が起こると、西上し、で新田義貞や楠木正成らと協力してこれを京で破り、九州に追いやった。やがて任地に戻るも、尊氏が再挙して南北朝の内乱が開始するに及び、再びこれを討とうとして西上し、鎌倉を陥落させ、上洛しようと進撃した。青野原の戦いで幕将土岐頼遠を破るが、義貞との連携に失敗し直進を遮られたため、転進。伊勢経由で迂回して大和などを中心に北朝軍相手に果敢に挑むも遂に和泉国堺浦・石津に追い詰められ、石津の戦いで奮戦の末に幕府執事高師直の軍に討ち取られて戦死した。享年数え21歳(満20歳)。 政治思想家としても父と類似の才覚を持ち、戦死の一週間前に後醍醐天皇への諫言として著した『北畠顕家上奏文』は、美文かつ歴史的価値の高い史料とされている。後醍醐天皇の御前で、眉目秀麗な北斉の皇族武将高長恭に扮して『陵王』を舞ったなどの芸能関係の逸話もある。 年少の公家であるにもかかわらず、顕家の第一回遠征軍が強かった理由の一つとして、日本史研究者の亀田俊和は、後醍醐天皇の優れた政策と、後醍醐がその奥州での権限を顕家に委ねた影響が大きかったのではないか、と推測している。後醍醐は雑訴決断所施行牒というものを推進し、恩賞(領土)を与える指示に強制執行能力を付加することで、弱者の保護を図った。顕家は奥州においてこの権限を託され、第一回遠征軍の前では、その施行システムによって武家からの求心力を集めることができた。ところが、第二回遠征軍の前では奥州でこの制度が行われなかったため、弱体化してしまった。その一方で、室町幕府執事の高師直は、後醍醐の施行システムをさらに洗練させた執事施行状というものを多く発給したため、武家からの求心力で差が付いてしまったでのはないか、という。 死後、明治時代に顕家を主祭神とする霊山神社と阿部野神社が建設され、これらは建武中興十五社となった。 (ja)
  • 北畠 顕家(きたばたけ あきいえ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の南朝公卿・武将。『神皇正統記』を著した准三后北畠親房の長男。主著に『北畠顕家上奏文』。南朝従二位権中納言兼陸奥大介鎮守府大将軍、贈従一位右大臣。 後醍醐天皇側近「後の三房」のひとり北畠親房の子として、前例のない数え14歳(満12歳)で参議に任じられて公卿に登り、建武の新政では、鎮守府大将軍として義良親王(後の後村上天皇)を奉じて陸奥国に下向した(陸奥将軍府)。のち足利尊氏との戦い建武の乱が起こると、西上し、で新田義貞や楠木正成らと協力してこれを京で破り、九州に追いやった。やがて任地に戻るも、尊氏が再挙して南北朝の内乱が開始するに及び、再びこれを討とうとして西上し、鎌倉を陥落させ、上洛しようと進撃した。青野原の戦いで幕将土岐頼遠を破るが、義貞との連携に失敗し直進を遮られたため、転進。伊勢経由で迂回して大和などを中心に北朝軍相手に果敢に挑むも遂に和泉国堺浦・石津に追い詰められ、石津の戦いで奮戦の末に幕府執事高師直の軍に討ち取られて戦死した。享年数え21歳(満20歳)。 政治思想家としても父と類似の才覚を持ち、戦死の一週間前に後醍醐天皇への諫言として著した『北畠顕家上奏文』は、美文かつ歴史的価値の高い史料とされている。後醍醐天皇の御前で、眉目秀麗な北斉の皇族武将高長恭に扮して『陵王』を舞ったなどの芸能関係の逸話もある。 年少の公家であるにもかかわらず、顕家の第一回遠征軍が強かった理由の一つとして、日本史研究者の亀田俊和は、後醍醐天皇の優れた政策と、後醍醐がその奥州での権限を顕家に委ねた影響が大きかったのではないか、と推測している。後醍醐は雑訴決断所施行牒というものを推進し、恩賞(領土)を与える指示に強制執行能力を付加することで、弱者の保護を図った。顕家は奥州においてこの権限を託され、第一回遠征軍の前では、その施行システムによって武家からの求心力を集めることができた。ところが、第二回遠征軍の前では奥州でこの制度が行われなかったため、弱体化してしまった。その一方で、室町幕府執事の高師直は、後醍醐の施行システムをさらに洗練させた執事施行状というものを多く発給したため、武家からの求心力で差が付いてしまったでのはないか、という。 死後、明治時代に顕家を主祭神とする霊山神社と阿部野神社が建設され、これらは建武中興十五社となった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 60035 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 23617 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81046561 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
  • 顕家、顕信、顕能、唐橋顕雄、顕子、冷泉持定室 (ja)
  • 顕家、顕信、顕能、唐橋顕雄、顕子、冷泉持定室 (ja)
prop-ja:墓所
  • 大阪市阿倍野区北畠の阿部野神社 (ja)
  • 大阪市阿倍野区王子町の北畠公園 (ja)
  • 福島県伊達市大石の霊山神社 (ja)
  • 大阪市阿倍野区北畠の阿部野神社 (ja)
  • 大阪市阿倍野区王子町の北畠公園 (ja)
  • 福島県伊達市大石の霊山神社 (ja)
prop-ja:
  • 日野資朝娘(萩の局?)、松代の方 (ja)
  • 日野資朝娘(萩の局?)、松代の方 (ja)
prop-ja:
  • 北畠顕成、北畠師顕、女子(安東貞季室)、村上師清? (ja)
  • 北畠顕成、北畠師顕、女子(安東貞季室)、村上師清? (ja)
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • --01-01
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-22
prop-ja:氏名
  • 北畠顕家 (ja)
  • 北畠顕家 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:北畠親房、母:不明 (ja)
  • 父:北畠親房、母:不明 (ja)
prop-ja:生誕
  • --03-02
prop-ja:画像
  • 北畠顕家.png (ja)
  • 北畠顕家.png (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 北畠顕家(霊山神社蔵) (ja)
  • 北畠顕家(霊山神社蔵) (ja)
prop-ja:神号
  • 北畠顕家命 (ja)
  • 北畠顕家命 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 北畠 顕家(きたばたけ あきいえ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の南朝公卿・武将。『神皇正統記』を著した准三后北畠親房の長男。主著に『北畠顕家上奏文』。南朝従二位権中納言兼陸奥大介鎮守府大将軍、贈従一位右大臣。 後醍醐天皇側近「後の三房」のひとり北畠親房の子として、前例のない数え14歳(満12歳)で参議に任じられて公卿に登り、建武の新政では、鎮守府大将軍として義良親王(後の後村上天皇)を奉じて陸奥国に下向した(陸奥将軍府)。のち足利尊氏との戦い建武の乱が起こると、西上し、で新田義貞や楠木正成らと協力してこれを京で破り、九州に追いやった。やがて任地に戻るも、尊氏が再挙して南北朝の内乱が開始するに及び、再びこれを討とうとして西上し、鎌倉を陥落させ、上洛しようと進撃した。青野原の戦いで幕将土岐頼遠を破るが、義貞との連携に失敗し直進を遮られたため、転進。伊勢経由で迂回して大和などを中心に北朝軍相手に果敢に挑むも遂に和泉国堺浦・石津に追い詰められ、石津の戦いで奮戦の末に幕府執事高師直の軍に討ち取られて戦死した。享年数え21歳(満20歳)。 政治思想家としても父と類似の才覚を持ち、戦死の一週間前に後醍醐天皇への諫言として著した『北畠顕家上奏文』は、美文かつ歴史的価値の高い史料とされている。後醍醐天皇の御前で、眉目秀麗な北斉の皇族武将高長恭に扮して『陵王』を舞ったなどの芸能関係の逸話もある。 (ja)
  • 北畠 顕家(きたばたけ あきいえ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の南朝公卿・武将。『神皇正統記』を著した准三后北畠親房の長男。主著に『北畠顕家上奏文』。南朝従二位権中納言兼陸奥大介鎮守府大将軍、贈従一位右大臣。 後醍醐天皇側近「後の三房」のひとり北畠親房の子として、前例のない数え14歳(満12歳)で参議に任じられて公卿に登り、建武の新政では、鎮守府大将軍として義良親王(後の後村上天皇)を奉じて陸奥国に下向した(陸奥将軍府)。のち足利尊氏との戦い建武の乱が起こると、西上し、で新田義貞や楠木正成らと協力してこれを京で破り、九州に追いやった。やがて任地に戻るも、尊氏が再挙して南北朝の内乱が開始するに及び、再びこれを討とうとして西上し、鎌倉を陥落させ、上洛しようと進撃した。青野原の戦いで幕将土岐頼遠を破るが、義貞との連携に失敗し直進を遮られたため、転進。伊勢経由で迂回して大和などを中心に北朝軍相手に果敢に挑むも遂に和泉国堺浦・石津に追い詰められ、石津の戦いで奮戦の末に幕府執事高師直の軍に討ち取られて戦死した。享年数え21歳(満20歳)。 政治思想家としても父と類似の才覚を持ち、戦死の一週間前に後醍醐天皇への諫言として著した『北畠顕家上奏文』は、美文かつ歴史的価値の高い史料とされている。後醍醐天皇の御前で、眉目秀麗な北斉の皇族武将高長恭に扮して『陵王』を舞ったなどの芸能関係の逸話もある。 (ja)
rdfs:label
  • 北畠顕家 (ja)
  • 北畠顕家 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:child of
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:opponents of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:rulers of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja: of
is prop-ja:家祖 of
is prop-ja:祭神 of
is foaf:primaryTopic of