仏教美術(ぶっきょうびじゅつ)は、仏教信仰に基づいた礼拝対象、あるいはそれら活動のための美術の総称である。これらには、仏陀や菩薩、実在・伝説上の尊格や尊者、祖師、または彼らの生涯(仏伝図)や伝説を描いたもの、曼荼羅や修行のための図像、さらに、ストゥーパや塔門、寺院などの建築や、金剛杵などの仏具が挙げられる。 仏教美術は、釈迦入滅以降のインド亜大陸で興り、仏法(ダルマ)と僧伽(サンガ)が拡がるのと同様、仏教が伝来したアジア各地で発展した()。インド北部から中央アジアを経由して、東アジアへと至り、北伝仏教美術が生まれた一方()、東南アジアでは主に南伝仏教の美術が生まれた()。インドでは、先行するバラモン教の理論を取り入れ、ヒンドゥー教やジャイナ教とともに洞窟寺院をつくったように、各地でも、在来宗教を取り込み、独自の発展をした。

Property Value
dbo:abstract
  • 仏教美術(ぶっきょうびじゅつ)は、仏教信仰に基づいた礼拝対象、あるいはそれら活動のための美術の総称である。これらには、仏陀や菩薩、実在・伝説上の尊格や尊者、祖師、または彼らの生涯(仏伝図)や伝説を描いたもの、曼荼羅や修行のための図像、さらに、ストゥーパや塔門、寺院などの建築や、金剛杵などの仏具が挙げられる。 仏教美術は、釈迦入滅以降のインド亜大陸で興り、仏法(ダルマ)と僧伽(サンガ)が拡がるのと同様、仏教が伝来したアジア各地で発展した()。インド北部から中央アジアを経由して、東アジアへと至り、北伝仏教美術が生まれた一方()、東南アジアでは主に南伝仏教の美術が生まれた()。インドでは、先行するバラモン教の理論を取り入れ、ヒンドゥー教やジャイナ教とともに洞窟寺院をつくったように、各地でも、在来宗教を取り込み、独自の発展をした。 (ja)
  • 仏教美術(ぶっきょうびじゅつ)は、仏教信仰に基づいた礼拝対象、あるいはそれら活動のための美術の総称である。これらには、仏陀や菩薩、実在・伝説上の尊格や尊者、祖師、または彼らの生涯(仏伝図)や伝説を描いたもの、曼荼羅や修行のための図像、さらに、ストゥーパや塔門、寺院などの建築や、金剛杵などの仏具が挙げられる。 仏教美術は、釈迦入滅以降のインド亜大陸で興り、仏法(ダルマ)と僧伽(サンガ)が拡がるのと同様、仏教が伝来したアジア各地で発展した()。インド北部から中央アジアを経由して、東アジアへと至り、北伝仏教美術が生まれた一方()、東南アジアでは主に南伝仏教の美術が生まれた()。インドでは、先行するバラモン教の理論を取り入れ、ヒンドゥー教やジャイナ教とともに洞窟寺院をつくったように、各地でも、在来宗教を取り込み、独自の発展をした。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 158272 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 38773 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 139112 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80326697 (xsd:integer)
  • 86775871 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • Representation of the Buddha in the Greco-Buddhist art of Gandhara, 1st century CE (ja)
  • A Chinese Northern Wei Buddha Maitreya, 443 CE. (ja)
  • A seated Maitreya statue Northern Wei, 512 CE. (ja)
  • Tang Bodhisattva. (ja)
  • 右:日本の風神/17世紀日本の絵師・俵屋宗達が描いた風神図(風神雷神図屏風右隻の部分)。風袋を背負う様式を踏襲しながらも、姿は大きく変容し、青い鬼神になっている。 (ja)
  • 左:ヘレニズムの風神/2世紀のハッダにて、ガンダーラ美術の下で作られた像。風を蓄えた袋を背負っている。 (ja)
  • 中:キジル石窟の風神/7世紀のタリム盆地で造営された仏教石窟寺院の壁画に見られる風神の図。風袋を背負ってはいるが、ここではよりアジア的な、インド文化の影響の色濃い精霊の姿に変わっている。 (ja)
  •  ガンダーラ出土 クシャーナ朝 2-3世紀 東京国立博物館蔵 (ja)
  • 二仏並坐像 北魏 太和13年(489年)銘 総高 東京国立博物館 蔵 台座側面には父母のため発願した旨について刻まれている。 (ja)
  • 弥勒仏立像 北魏 太平真君(443年)4年銘 像高    東京国立博物館蔵 太武帝による以前に遡る、稀少な遺物。薄手の衣を通じて体躯の起伏を強調する造りは、グプタ朝の影響が推測される。 (ja)
  • Representation of the Buddha in the Greco-Buddhist art of Gandhara, 1st century CE (ja)
  • A Chinese Northern Wei Buddha Maitreya, 443 CE. (ja)
  • A seated Maitreya statue Northern Wei, 512 CE. (ja)
  • Tang Bodhisattva. (ja)
  • 右:日本の風神/17世紀日本の絵師・俵屋宗達が描いた風神図(風神雷神図屏風右隻の部分)。風袋を背負う様式を踏襲しながらも、姿は大きく変容し、青い鬼神になっている。 (ja)
  • 左:ヘレニズムの風神/2世紀のハッダにて、ガンダーラ美術の下で作られた像。風を蓄えた袋を背負っている。 (ja)
  • 中:キジル石窟の風神/7世紀のタリム盆地で造営された仏教石窟寺院の壁画に見られる風神の図。風袋を背負ってはいるが、ここではよりアジア的な、インド文化の影響の色濃い精霊の姿に変わっている。 (ja)
  •  ガンダーラ出土 クシャーナ朝 2-3世紀 東京国立博物館蔵 (ja)
  • 二仏並坐像 北魏 太和13年(489年)銘 総高 東京国立博物館 蔵 台座側面には父母のため発願した旨について刻まれている。 (ja)
  • 弥勒仏立像 北魏 太平真君(443年)4年銘 像高    東京国立博物館蔵 太武帝による以前に遡る、稀少な遺物。薄手の衣を通じて体躯の起伏を強調する造りは、グプタ朝の影響が推測される。 (ja)
prop-ja:captionAlign
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • vertical (ja)
  • horizontal (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:header
  • 仏教美術 (ja)
  • Buddhist art (ja)
  • Chinese Buddhist Art (ja)
  • アジアにおける風神像の変遷 (ja)
  • 仏教美術 (ja)
  • Buddhist art (ja)
  • Chinese Buddhist Art (ja)
  • アジアにおける風神像の変遷 (ja)
prop-ja:headerAlign
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:headerBackground
  • burlywood (ja)
  • burlywood (ja)
prop-ja:image
  • Gandhara Buddha .jpeg (ja)
  • NorthernWeiMaitreya.JPG (ja)
  • TangBodhisattva.JPG (ja)
  • Maitreia, Northern Wei dynasty, dated 512, Stone, Prague, NG Vp 3176, 151206.jpg (ja)
  • WindGods.JPG (ja)
  • NorthernWei489.JPG (ja)
  • Gandhara Buddha .jpeg (ja)
  • NorthernWeiMaitreya.JPG (ja)
  • TangBodhisattva.JPG (ja)
  • Maitreia, Northern Wei dynasty, dated 512, Stone, Prague, NG Vp 3176, 151206.jpg (ja)
  • WindGods.JPG (ja)
  • NorthernWei489.JPG (ja)
prop-ja:perrow
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:totalWidth
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 132 (xsd:integer)
  • 133 (xsd:integer)
  • 140 (xsd:integer)
  • 450 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 仏教美術(ぶっきょうびじゅつ)は、仏教信仰に基づいた礼拝対象、あるいはそれら活動のための美術の総称である。これらには、仏陀や菩薩、実在・伝説上の尊格や尊者、祖師、または彼らの生涯(仏伝図)や伝説を描いたもの、曼荼羅や修行のための図像、さらに、ストゥーパや塔門、寺院などの建築や、金剛杵などの仏具が挙げられる。 仏教美術は、釈迦入滅以降のインド亜大陸で興り、仏法(ダルマ)と僧伽(サンガ)が拡がるのと同様、仏教が伝来したアジア各地で発展した()。インド北部から中央アジアを経由して、東アジアへと至り、北伝仏教美術が生まれた一方()、東南アジアでは主に南伝仏教の美術が生まれた()。インドでは、先行するバラモン教の理論を取り入れ、ヒンドゥー教やジャイナ教とともに洞窟寺院をつくったように、各地でも、在来宗教を取り込み、独自の発展をした。 (ja)
  • 仏教美術(ぶっきょうびじゅつ)は、仏教信仰に基づいた礼拝対象、あるいはそれら活動のための美術の総称である。これらには、仏陀や菩薩、実在・伝説上の尊格や尊者、祖師、または彼らの生涯(仏伝図)や伝説を描いたもの、曼荼羅や修行のための図像、さらに、ストゥーパや塔門、寺院などの建築や、金剛杵などの仏具が挙げられる。 仏教美術は、釈迦入滅以降のインド亜大陸で興り、仏法(ダルマ)と僧伽(サンガ)が拡がるのと同様、仏教が伝来したアジア各地で発展した()。インド北部から中央アジアを経由して、東アジアへと至り、北伝仏教美術が生まれた一方()、東南アジアでは主に南伝仏教の美術が生まれた()。インドでは、先行するバラモン教の理論を取り入れ、ヒンドゥー教やジャイナ教とともに洞窟寺院をつくったように、各地でも、在来宗教を取り込み、独自の発展をした。 (ja)
rdfs:label
  • 仏教美術 (ja)
  • 仏教美術 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:field of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:field of
is prop-ja:専門分野 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of