アンモナイト(分類名:アンモナイト亜綱、学名:subclassis Ammonoidea)は、古生代シルル紀末期(もしくは、デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つ。全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。 古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。 アンモナイト亜綱は、オルドビス紀から生息する(Nautiloidea)の中から分化したものと考えられている。以来、彼らは実に長くの時代を繁栄していたが、中生代の幕引きとなる白亜紀末のK-Pg境界を最後に地球上から姿を消した。

Property Value
dbo:abstract
  • アンモナイト(分類名:アンモナイト亜綱、学名:subclassis Ammonoidea)は、古生代シルル紀末期(もしくは、デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つ。全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。 古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。 アンモナイト亜綱は、オルドビス紀から生息する(Nautiloidea)の中から分化したものと考えられている。以来、彼らは実に長くの時代を繁栄していたが、中生代の幕引きとなる白亜紀末のK-Pg境界を最後に地球上から姿を消した。 (ja)
  • アンモナイト(分類名:アンモナイト亜綱、学名:subclassis Ammonoidea)は、古生代シルル紀末期(もしくは、デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つ。全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。 古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。 アンモナイト亜綱は、オルドビス紀から生息する(Nautiloidea)の中から分化したものと考えられている。以来、彼らは実に長くの時代を繁栄していたが、中生代の幕引きとなる白亜紀末のK-Pg境界を最後に地球上から姿を消した。 (ja)
dbo:binomial
dbo:class
dbo:colour
dbo:colourName
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
dbo:conservationStatus
  • fossil
dbo:division
dbo:kingdom
dbo:phylum
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 69893 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17130 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81597739 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • fossil (ja)
  • fossil (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上門
  • 冠輪動物上門 (ja)
  • 冠輪動物上門 (ja)
prop-ja:下位分類
  • *?バクトリテス目 *アナルセステス目(la:アナルケステス目) Anarcestida *ゴニアタイト目 Goniatitida *クリメニア目 *プロレカニテス目 *セラタイト目 *フィロセラス目(la:フィロケラス目) *アンモナイト目 Ammonitida *リトセラス目(la:リトケラス目) Lytoceratida *アンキロセラス目(la:アンキロケラス目) Ancyloceratida *並びはおおよそ系統進化順。分類については異説多し。詳しくは本文を参照。 (ja)
  • *?バクトリテス目 *アナルセステス目(la:アナルケステス目) Anarcestida *ゴニアタイト目 Goniatitida *クリメニア目 *プロレカニテス目 *セラタイト目 *フィロセラス目(la:フィロケラス目) *アンモナイト目 Ammonitida *リトセラス目(la:リトケラス目) Lytoceratida *アンキロセラス目(la:アンキロケラス目) Ancyloceratida *並びはおおよそ系統進化順。分類については異説多し。詳しくは本文を参照。 (ja)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜界
  • 真正後生動物亜界 (ja)
  • 真正後生動物亜界 (ja)
prop-ja:亜界階級なし
prop-ja:亜綱
prop-ja:名称
  • アンモナイト亜綱 (ja)
  • アンモナイト亜綱 (ja)
prop-ja:和名
  • アンモナイト亜綱 (ja)
  • アンモナイト亜綱 (ja)
prop-ja:地質時代
  • 中生代白亜紀末 (ja)
  • 古生代シルル紀末期 (ja)
  • (もしくは、デボン紀中期) - (ja)
  • 中生代白亜紀末 (ja)
  • 古生代シルル紀末期 (ja)
  • (もしくは、デボン紀中期) - (ja)
prop-ja:学名
  • (Zittel, 1884) (ja)
  • Ammonoidea (ja)
  • (Zittel, 1884) (ja)
  • Ammonoidea (ja)
prop-ja:画像
  • 265 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • アンモナイトの化石標本(裁断面) (ja)
  • アンモナイトの化石標本(裁断面) (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:英名
prop-ja:
  • 軟体動物門 (ja)
  • 軟体動物門 (ja)
dc:description
  • アンモナイトの化石標本(裁断面)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アンモナイト(分類名:アンモナイト亜綱、学名:subclassis Ammonoidea)は、古生代シルル紀末期(もしくは、デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つ。全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。 古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。 アンモナイト亜綱は、オルドビス紀から生息する(Nautiloidea)の中から分化したものと考えられている。以来、彼らは実に長くの時代を繁栄していたが、中生代の幕引きとなる白亜紀末のK-Pg境界を最後に地球上から姿を消した。 (ja)
  • アンモナイト(分類名:アンモナイト亜綱、学名:subclassis Ammonoidea)は、古生代シルル紀末期(もしくは、デボン紀中期)から中生代白亜紀末までのおよそ3億5000万年前後の間を、海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つ。全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。 古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。 アンモナイト亜綱は、オルドビス紀から生息する(Nautiloidea)の中から分化したものと考えられている。以来、彼らは実に長くの時代を繁栄していたが、中生代の幕引きとなる白亜紀末のK-Pg境界を最後に地球上から姿を消した。 (ja)
rdfs:label
  • アンモナイト (ja)
  • アンモナイト (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ammonite (ja)
  • アンモナイト亜綱 (ja)
  • Ammonite (ja)
  • アンモナイト亜綱 (ja)
is dbo:class of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:亜綱 of
is prop-ja:画像の説明 of
is prop-ja:画像キャプション of
is foaf:primaryTopic of