Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『軍隊調理法』(ぐんたいちょうりほう)は、大日本帝国陸軍が昭和期に編纂・発行した料理の基礎と献立をまとめたレシピ集。本稿では明治期に編纂された、『軍隊調理法』の前身である『軍隊料理法』(ぐんたいりょうりほう)および、兵食(へいしょく)と称される「帝国陸軍の食事(「日本陸軍の食事」・「軍隊料理」)」自体についても詳述する。なお、本書は主に兵営や駐屯地、後方において調理され食す兵食(給食)のレシピであり、乾パン・缶詰肉(大和煮など)・粉ミルク・乾燥食品・粉末調味料などといった演習地や戦地の前線で食される野戦糧食(戦用糧食・携帯口糧、レーション)については別に開発・供給されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 819364 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58225346 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『軍隊調理法』(ぐんたいちょうりほう)は、大日本帝国陸軍が昭和期に編纂・発行した料理の基礎と献立をまとめたレシピ集。本稿では明治期に編纂された、『軍隊調理法』の前身である『軍隊料理法』(ぐんたいりょうりほう)および、兵食(へいしょく)と称される「帝国陸軍の食事(「日本陸軍の食事」・「軍隊料理」)」自体についても詳述する。なお、本書は主に兵営や駐屯地、後方において調理され食す兵食(給食)のレシピであり、乾パン・缶詰肉(大和煮など)・粉ミルク・乾燥食品・粉末調味料などといった演習地や戦地の前線で食される野戦糧食(戦用糧食・携帯口糧、レーション)については別に開発・供給されている。
rdfs:label
  • 軍隊調理法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of