Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 算術 (さんじゅつ、英: arithmetic) は、数の概念や数の演算を扱い、その性質や計算規則、あるいは計算法などの論理的手続きを明らかにしようとする学問分野である。「算術」という日本語としては、文明開化前後の「数学」(mathematics) いわゆる西洋数学の本格的な輸入以前は、今日において和算と呼ばれているような、当時の、いわゆる「日本の数学」全般を指していた。また、算術および "Arithmetic" の語は、数論を指し示す場合もある。算術の中でも初等的な演算として後述する四則演算(しそくえんざん)がある。四則演算は加算(かさん、英: addition)、減算(げんさん、英: subtraction)、乗算(じょうさん、英: multiplication)、除算(じょさん、英: division)の4つの演算の総称であり、減算は加算の、除算は乗算の逆演算としてそれぞれ定義される。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3716 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57466998 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 算術 (さんじゅつ、英: arithmetic) は、数の概念や数の演算を扱い、その性質や計算規則、あるいは計算法などの論理的手続きを明らかにしようとする学問分野である。「算術」という日本語としては、文明開化前後の「数学」(mathematics) いわゆる西洋数学の本格的な輸入以前は、今日において和算と呼ばれているような、当時の、いわゆる「日本の数学」全般を指していた。また、算術および "Arithmetic" の語は、数論を指し示す場合もある。算術の中でも初等的な演算として後述する四則演算(しそくえんざん)がある。四則演算は加算(かさん、英: addition)、減算(げんさん、英: subtraction)、乗算(じょうさん、英: multiplication)、除算(じょさん、英: division)の4つの演算の総称であり、減算は加算の、除算は乗算の逆演算としてそれぞれ定義される。
rdfs:label
  • 算術
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of