松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の作家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。 緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鷗外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。

Property Value
dbo:abstract
  • 松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の作家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。 緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鷗外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。 (ja)
  • 松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の作家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。 緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鷗外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1992-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1950-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1921-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1992-08-04 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:language
dbo:nationality
dbo:occupation
dbo:restingPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 30949 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 73653 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81114508 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:1a
  • 藤井康栄 (ja)
  • 藤井康栄 (ja)
prop-ja:1pp
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:1y
  • 2002 (xsd:integer)
prop-ja:2a
  • 郷原宏 (ja)
  • 郷原宏 (ja)
prop-ja:2p
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:2y
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:almaMater
  • 板櫃尋常高等小学校卒業 (ja)
  • 板櫃尋常高等小学校卒業 (ja)
prop-ja:birthDate
  • --12-21
prop-ja:birthPlace
  • 広島県広島市または福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市小倉北区) (ja)
  • 広島県広島市または福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市小倉北区) (ja)
prop-ja:caption
  • 練馬区・関町居住の頃(1955年) (ja)
  • 練馬区・関町居住の頃(1955年) (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1992-08-04 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京都新宿区河田町(東京女子医科大学病院) (ja)
  • 東京都新宿区河田町(東京女子医科大学病院) (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『西郷札』 (ja)
  • 『西郷札』 (ja)
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:language
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1950 (xsd:integer)
prop-ja:relations
  • 岡田タニ(母) (ja)
  • 松本峯太郎(父) (ja)
  • 岡田タニ(母) (ja)
  • 松本峯太郎(父) (ja)
prop-ja:restingPlace
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の作家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。 緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鷗外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。 (ja)
  • 松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の作家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。 緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鷗外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。 (ja)
rdfs:label
  • 松本清張 (ja)
  • 松本清張 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:author of
is dbo:basedOn of
is dbo:type of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:author of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:専門分野 of
is foaf:primaryTopic of