Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戦時設計(せんじせっけい)とは、戦争が行われている期間中に「戦争が終わるまでの数年間もてば良い」という思想の下、極端に短いライフサイクルを想定して設計・製造された輸送機械や構造物のこと。「戦時型(形)」とも呼ばれる。また、大日本帝国陸軍が性能や規格を決定した工業製品の呼称としては、「統制型(形)」(今で言うモジュールに該当)がある。日本では、鋼材をはじめとした物資が極端に不足した第二次世界大戦中から敗戦直後において見られた。多くは戦災などにより失われたが、被災を免れたものは戦後復興に貢献し、さらに改修を施され延命したものも珍しくはない。以下、主に第二次世界大戦中の日本で行われた戦時設計について記す。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 539059 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58914859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戦時設計(せんじせっけい)とは、戦争が行われている期間中に「戦争が終わるまでの数年間もてば良い」という思想の下、極端に短いライフサイクルを想定して設計・製造された輸送機械や構造物のこと。「戦時型(形)」とも呼ばれる。また、大日本帝国陸軍が性能や規格を決定した工業製品の呼称としては、「統制型(形)」(今で言うモジュールに該当)がある。日本では、鋼材をはじめとした物資が極端に不足した第二次世界大戦中から敗戦直後において見られた。多くは戦災などにより失われたが、被災を免れたものは戦後復興に貢献し、さらに改修を施され延命したものも珍しくはない。以下、主に第二次世界大戦中の日本で行われた戦時設計について記す。
rdfs:label
  • 戦時設計
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of