ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire、1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、フランスの詩人、小説家、美術・文芸評論家。代表作に「ミラボー橋」を含む自由律の詩集『アルコール』、ピカソ、ブラック、ローランサンらの「新しい画家たち」を絶賛した評論『キュビスムの画家たち』、シュルレアリスムの演劇『ティレジアスの乳房』(フランシス・プーランクのオペラの原作)と小説『虐殺された詩人』、監督によって映画化された性愛小説『若きドン・ジュアンの冒険』などがある。処女詩集『動物詩集』の副題にある「オルフェ」からオルフィスムの概念が生まれたほか、シュルレアリスム、カリグラムもアポリネールの造語である。

Property Value
dbo:abstract
  • ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire、1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、フランスの詩人、小説家、美術・文芸評論家。代表作に「ミラボー橋」を含む自由律の詩集『アルコール』、ピカソ、ブラック、ローランサンらの「新しい画家たち」を絶賛した評論『キュビスムの画家たち』、シュルレアリスムの演劇『ティレジアスの乳房』(フランシス・プーランクのオペラの原作)と小説『虐殺された詩人』、監督によって映画化された性愛小説『若きドン・ジュアンの冒険』などがある。処女詩集『動物詩集』の副題にある「オルフェ」からオルフィスムの概念が生まれたほか、シュルレアリスム、カリグラムもアポリネールの造語である。 (ja)
  • ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire、1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、フランスの詩人、小説家、美術・文芸評論家。代表作に「ミラボー橋」を含む自由律の詩集『アルコール』、ピカソ、ブラック、ローランサンらの「新しい画家たち」を絶賛した評論『キュビスムの画家たち』、シュルレアリスムの演劇『ティレジアスの乳房』(フランシス・プーランクのオペラの原作)と小説『虐殺された詩人』、監督によって映画化された性愛小説『若きドン・ジュアンの冒険』などがある。処女詩集『動物詩集』の副題にある「オルフェ」からオルフィスムの概念が生まれたほか、シュルレアリスム、カリグラムもアポリネールの造語である。 (ja)
dbo:birthDate
  • 1880-08-26 (xsd:date)
dbo:birthName
  • Guglielmo Alberto Wladimiro Alessandro Apollinare de Kostrowitzky (ja)
  • Guglielmo Alberto Wladimiro Alessandro Apollinare de Kostrowitzky (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1918-11-09 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:genre
dbo:influenced
dbo:influencedBy
dbo:language
dbo:movement
dbo:occupation
dbo:restingPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 336715 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 51654 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80406937 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1880-08-26 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • Guglielmo Alberto Wladimiro Alessandro Apollinare de Kostrowitzky (ja)
  • Guglielmo Alberto Wladimiro Alessandro Apollinare de Kostrowitzky (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 、ローマ (ja)
  • 、ローマ (ja)
prop-ja:caption
  • 第一次大戦で負傷したギヨーム・アポリネール(1916年) (ja)
  • 第一次大戦で負傷したギヨーム・アポリネール(1916年) (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1918-11-09 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 、パリ (ja)
  • 、パリ (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
  • ジョヴァンニ・ボッカッチョ、シャルル・ペロー、ラシーヌ、ラ・フォンテーヌ、、バルザック、、マルキ・ド・サド、エミール・ゾラ、トルストイ、ステファヌ・マラルメ (ja)
  • ジョヴァンニ・ボッカッチョ、シャルル・ペロー、ラシーヌ、ラ・フォンテーヌ、、バルザック、、マルキ・ド・サド、エミール・ゾラ、トルストイ、ステファヌ・マラルメ (ja)
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • Guillaume Apollinaire (ja)
  • ギヨーム・アポリネール (ja)
  • Guillaume Apollinaire (ja)
  • ギヨーム・アポリネール (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『キュビスムの画家たち(美の省察)』 (ja)
  • 『アルコール』 (ja)
  • 『カリグラム』 (ja)
  • 『動物詩集』 (ja)
  • 『異端教祖株式会社』 (ja)
  • 『腐ってゆく魔術師』 (ja)
  • 『若きドン・ジュアンの冒険』 (ja)
  • 『虐殺された詩人』 (ja)
  • 『キュビスムの画家たち(美の省察)』 (ja)
  • 『アルコール』 (ja)
  • 『カリグラム』 (ja)
  • 『動物詩集』 (ja)
  • 『異端教祖株式会社』 (ja)
  • 『腐ってゆく魔術師』 (ja)
  • 『若きドン・ジュアンの冒険』 (ja)
  • 『虐殺された詩人』 (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:restingPlace
prop-ja:signature
  • Guillaume Apollinaire signature.svg (ja)
  • Guillaume Apollinaire signature.svg (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire、1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、フランスの詩人、小説家、美術・文芸評論家。代表作に「ミラボー橋」を含む自由律の詩集『アルコール』、ピカソ、ブラック、ローランサンらの「新しい画家たち」を絶賛した評論『キュビスムの画家たち』、シュルレアリスムの演劇『ティレジアスの乳房』(フランシス・プーランクのオペラの原作)と小説『虐殺された詩人』、監督によって映画化された性愛小説『若きドン・ジュアンの冒険』などがある。処女詩集『動物詩集』の副題にある「オルフェ」からオルフィスムの概念が生まれたほか、シュルレアリスム、カリグラムもアポリネールの造語である。 (ja)
  • ギヨーム・アポリネール(Guillaume Apollinaire、1880年8月26日 - 1918年11月9日)は、フランスの詩人、小説家、美術・文芸評論家。代表作に「ミラボー橋」を含む自由律の詩集『アルコール』、ピカソ、ブラック、ローランサンらの「新しい画家たち」を絶賛した評論『キュビスムの画家たち』、シュルレアリスムの演劇『ティレジアスの乳房』(フランシス・プーランクのオペラの原作)と小説『虐殺された詩人』、監督によって映画化された性愛小説『若きドン・ジュアンの冒険』などがある。処女詩集『動物詩集』の副題にある「オルフェ」からオルフィスムの概念が生まれたほか、シュルレアリスム、カリグラムもアポリネールの造語である。 (ja)
rdfs:label
  • ギヨーム・アポリネール (ja)
  • ギヨーム・アポリネール (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Guillaume Apollinaire (ja)
  • ギヨーム・アポリネール (ja)
  • Guillaume Apollinaire (ja)
  • ギヨーム・アポリネール (ja)
is dbo:influencedBy of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:influences of
is foaf:primaryTopic of