Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 災害対策基本法(さいがいたいさくきほんほう、昭和36年11月15日法律第223号)は、災害対策に関する、日本の法律である。1959年(昭和34年)に愛知県、岐阜県、三重県及び紀伊半島一帯を中心として全国に大きな被害をもたらした伊勢湾台風を契機に制定された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 421269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4999 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58521237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 防災計画の作成、災害発生時の措置及び対処など
prop-ja:効力
  • 現行法
prop-ja:番号
  • --11-15
prop-ja:種類
  • 行政法
prop-ja:通称
  • なし
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 災害対策基本法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 災害対策基本法(さいがいたいさくきほんほう、昭和36年11月15日法律第223号)は、災害対策に関する、日本の法律である。1959年(昭和34年)に愛知県、岐阜県、三重県及び紀伊半島一帯を中心として全国に大きな被害をもたらした伊勢湾台風を契機に制定された。
rdfs:label
  • 災害対策基本法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of