斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日〈安政5年10月27日〉- 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。 第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵を授爵。 犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で暗殺された。

Property Value
dbo:abstract
  • 斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日〈安政5年10月27日〉- 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。 第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵を授爵。 犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で暗殺された。 (ja)
  • 斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日〈安政5年10月27日〉- 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。 第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵を授爵。 犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で暗殺された。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 2010-02-01 (xsd:date)
dbo:activeYearsStartDate
  • 1926-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1936-02-26 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15469 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19849 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81433222 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
  • 子爵 (ja)
  • 朝鮮総督 (ja)
  • 男爵 (ja)
  • 外務大臣 (ja)
  • 海軍大臣 (ja)
  • 内閣総理大臣 (ja)
  • 文部大臣 (ja)
  • 海軍次官 (ja)
  • 艦政本部長 (ja)
  • 子爵 (ja)
  • 朝鮮総督 (ja)
  • 男爵 (ja)
  • 外務大臣 (ja)
  • 海軍大臣 (ja)
  • 内閣総理大臣 (ja)
  • 文部大臣 (ja)
  • 海軍次官 (ja)
  • 艦政本部長 (ja)
prop-ja:titlenote
  • --05-20
  • 海軍次官と兼務 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1907 (xsd:integer)
  • 1925 (xsd:integer)
  • --01-07
  • --03-03
  • --05-26
  • --08-13
  • --08-17
  • --10-27
  • --11-10
  • 斎藤(実)家初代 (ja)
prop-ja:その他職歴
  • 第3代 朝鮮総督 (ja)
  • 第6代 海軍大臣 (ja)
  • 第3代 朝鮮総督 (ja)
  • 第6代 海軍大臣 (ja)
prop-ja:サイン
  • SaitoM kao.png (ja)
  • SaitoM kao.png (ja)
prop-ja:人名
  • 斎藤 実 (ja)
  • 斎藤 実 (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 陸奥国胆沢郡鹽竈村 (ja)
  • (現:岩手県奥州市水沢) (ja)
  • 陸奥国胆沢郡鹽竈村 (ja)
  • (現:岩手県奥州市水沢) (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前代
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:前職
  • 艦政本部本部長 (ja)
  • 艦政本部本部長 (ja)
prop-ja:前首相名
  • 犬養毅 (ja)
  • 犬養毅 (ja)
prop-ja:各国語表記
  • さいとう まこと (ja)
  • さいとう まこと (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:在任期間
  • --05-26
prop-ja:就任日
  • --01-07
  • --03-03
  • --05-26
  • --08-13
  • --08-17
  • --12-26
prop-ja:当代
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:次代
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 岡田啓介 (ja)
  • 岡田啓介 (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京府東京市四谷区 (ja)
  • 東京府東京市四谷区 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1936-02-26 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --10-27
  • --12-02
prop-ja:画像
  • Makoto Saito 2.jpg (ja)
  • Makoto Saito 2.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 総理在任時(昭和7〜9年) (ja)
  • 総理在任時(昭和7〜9年) (ja)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • dbpedia-ja:日本
  • 第30代 内閣総理大臣 (ja)
  • 第41代 文部大臣(首相兼任) (ja)
  • 第47代 外務大臣(首相兼任) (ja)
  • 第5代 朝鮮総督 (ja)
  • 第9代 内大臣 (ja)
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --02-26
  • --04-16
  • --06-17
  • --07-06
  • --07-08
  • --12-10
prop-ja:配偶者
  • 斎藤春子 (ja)
  • 斎藤春子 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日〈安政5年10月27日〉- 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。 第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵を授爵。 犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で暗殺された。 (ja)
  • 斎藤 実(さいとう まこと、旧字体:齋藤 實、1858年12月2日〈安政5年10月27日〉- 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の海軍軍人、政治家。階級は海軍大将。位階は従一位。勲等は大勲位。功級は功二級。爵位は子爵。出生時の名前は富五郎(とみごろう)といったが、海軍兵学校卒業後に改名した。号は皋水(こうすい)。 第一次西園寺・第二次桂・第二次西園寺・第三次桂・第一次山本の5内閣で海軍大臣を務めた後、シーメンス汚職事件により大臣を引責辞任した。その後、ジュネーブ海軍軍縮会議の主席全権を務め、朝鮮総督を2期務めているあいだに、子爵を授爵。 犬養毅首相が海軍将校らによって殺害された五・一五事件のあとの第30代内閣総理大臣として、陸軍関東軍による前年からの満州事変など混迷した政局に対処し、満州国を認めなかった国際連盟を脱退しながらも、2年1か月という当時としては長い政権を保ったが、帝人事件での政府批判の高まりにより内閣総辞職した。その後内大臣となって宮中にまわったが、直後に二・二六事件で暗殺された。 (ja)
rdfs:label
  • 斎藤実 (ja)
  • 斎藤実 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 斎藤 実 (ja)
  • 斎藤 実 (ja)
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:primeminister of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:死亡 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of