後北条氏(ごほうじょうし、ごほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名の氏族。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年 - 1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏の後裔(こうえい)ではないことから、また両氏族の繁栄期には時代的に狭間があることから、後代の史家が両者を区別するため、後世のほうすなわち伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった相模国小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)あるいは相模北条氏とも呼ばれる。最大時(氏政)には関八州で240万石の一大版図を支配していた。

Property Value
dbo:abstract
  • 後北条氏(ごほうじょうし、ごほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名の氏族。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年 - 1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏の後裔(こうえい)ではないことから、また両氏族の繁栄期には時代的に狭間があることから、後代の史家が両者を区別するため、後世のほうすなわち伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった相模国小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)あるいは相模北条氏とも呼ばれる。最大時(氏政)には関八州で240万石の一大版図を支配していた。 (ja)
  • 後北条氏(ごほうじょうし、ごほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名の氏族。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年 - 1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏の後裔(こうえい)ではないことから、また両氏族の繁栄期には時代的に狭間があることから、後代の史家が両者を区別するため、後世のほうすなわち伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった相模国小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)あるいは相模北条氏とも呼ばれる。最大時(氏政)には関八州で240万石の一大版図を支配していた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 37847 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22379 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81521321 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
prop-ja:出典の明記
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 京洛(山城国平安京) (ja)
  • 京洛(山城国平安京) (ja)
prop-ja:参照方法
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:家名
  • 北条氏(北條氏) (ja)
  • 北条氏(北條氏) (ja)
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋
  • Mitsuuroko.svg (ja)
  • Mitsuuroko.svg (ja)
prop-ja:本姓
  • 桓武平氏伊勢氏流 (ja)
  • 桓武平氏伊勢氏流 (ja)
prop-ja:根拠地
  • 相模国小田原 (ja)
  • 相模国小田原 (ja)
prop-ja:種別
dct:subject
rdfs:comment
  • 後北条氏(ごほうじょうし、ごほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名の氏族。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年 - 1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏の後裔(こうえい)ではないことから、また両氏族の繁栄期には時代的に狭間があることから、後代の史家が両者を区別するため、後世のほうすなわち伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった相模国小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)あるいは相模北条氏とも呼ばれる。最大時(氏政)には関八州で240万石の一大版図を支配していた。 (ja)
  • 後北条氏(ごほうじょうし、ごほうじょううじ、旧字体表記:後北條氏)は、関東の戦国大名の氏族。本姓は平氏。家系は武家の桓武平氏伊勢氏流。室町幕府の御家人・伊勢氏の一族にあたる「北条早雲」こと伊勢盛時(1432年/1456年 - 1519年)をその祖とする。正式な名字は「北条(北條)」だが、代々鎌倉幕府の執権をつとめた北条氏の後裔(こうえい)ではないことから、また両氏族の繁栄期には時代的に狭間があることから、後代の史家が両者を区別するため、後世のほうすなわち伊勢氏流北条家には「後」を付して「後北条」と呼ぶようになった。また居城のあった相模国小田原の地名から小田原北条氏(おだわら ほうじょうし/おだわら ほうじょううじ)あるいは相模北条氏とも呼ばれる。最大時(氏政)には関八州で240万石の一大版図を支配していた。 (ja)
rdfs:label
  • 後北条氏 (ja)
  • 後北条氏 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:isPartOfMilitaryConflict of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:result of
is prop-ja:revamp of
is prop-ja:rulers of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:氏族 of
is prop-ja:開基 of
is foaf:primaryTopic of