嘉吉の乱(かきつのらん)、または嘉吉の変(かきつのへん)は、室町時代の嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が、室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱である。 軍記物語『』には、嘉吉の乱から後の神器奪還までの赤松氏の事情が記されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 嘉吉の乱(かきつのらん)、または嘉吉の変(かきつのへん)は、室町時代の嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が、室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱である。 軍記物語『』には、嘉吉の乱から後の神器奪還までの赤松氏の事情が記されている。 (ja)
  • 嘉吉の乱(かきつのらん)、または嘉吉の変(かきつのへん)は、室町時代の嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が、室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱である。 軍記物語『』には、嘉吉の乱から後の神器奪還までの赤松氏の事情が記されている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 39682 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9010 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76785486 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 嘉吉の乱(かきつのらん)、または嘉吉の変(かきつのへん)は、室町時代の嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が、室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱である。 軍記物語『』には、嘉吉の乱から後の神器奪還までの赤松氏の事情が記されている。 (ja)
  • 嘉吉の乱(かきつのらん)、または嘉吉の変(かきつのへん)は、室町時代の嘉吉元年(1441年)に播磨・備前・美作の守護赤松満祐が、室町幕府6代将軍足利義教を暗殺し、領国の播磨で幕府方討伐軍に敗れて討たれるまでの一連の騒乱である。 軍記物語『』には、嘉吉の乱から後の神器奪還までの赤松氏の事情が記されている。 (ja)
rdfs:label
  • 嘉吉の乱 (ja)
  • 嘉吉の乱 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of