清華家(せいがけ)とは、公家の家格のひとつ。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する。大臣・大将を兼ねて太政大臣になることのできる主に7家(三条・西園寺・徳大寺・久我・花山院・大炊御門・今出川)を指す(7家よりも多くの家が存在していた時代から徐々に数を減らしたり、江戸期には広幡・醍醐の両家を加えて数を増やしたりなど、時代によって家格を有した家の数が異なる)。 また豊臣政権においては、五大老の徳川・毛利・小早川・前田・宇喜多・上杉らも清華成を果たしたとされ、清華家と同等の扱い(武家清華家)を受けた。

Property Value
dbo:abstract
  • 清華家(せいがけ)とは、公家の家格のひとつ。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する。大臣・大将を兼ねて太政大臣になることのできる主に7家(三条・西園寺・徳大寺・久我・花山院・大炊御門・今出川)を指す(7家よりも多くの家が存在していた時代から徐々に数を減らしたり、江戸期には広幡・醍醐の両家を加えて数を増やしたりなど、時代によって家格を有した家の数が異なる)。 また豊臣政権においては、五大老の徳川・毛利・小早川・前田・宇喜多・上杉らも清華成を果たしたとされ、清華家と同等の扱い(武家清華家)を受けた。 (ja)
  • 清華家(せいがけ)とは、公家の家格のひとつ。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する。大臣・大将を兼ねて太政大臣になることのできる主に7家(三条・西園寺・徳大寺・久我・花山院・大炊御門・今出川)を指す(7家よりも多くの家が存在していた時代から徐々に数を減らしたり、江戸期には広幡・醍醐の両家を加えて数を増やしたりなど、時代によって家格を有した家の数が異なる)。 また豊臣政権においては、五大老の徳川・毛利・小早川・前田・宇喜多・上杉らも清華成を果たしたとされ、清華家と同等の扱い(武家清華家)を受けた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 119454 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5830 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80919064 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --01-31
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
dct:subject
rdfs:comment
  • 清華家(せいがけ)とは、公家の家格のひとつ。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する。大臣・大将を兼ねて太政大臣になることのできる主に7家(三条・西園寺・徳大寺・久我・花山院・大炊御門・今出川)を指す(7家よりも多くの家が存在していた時代から徐々に数を減らしたり、江戸期には広幡・醍醐の両家を加えて数を増やしたりなど、時代によって家格を有した家の数が異なる)。 また豊臣政権においては、五大老の徳川・毛利・小早川・前田・宇喜多・上杉らも清華成を果たしたとされ、清華家と同等の扱い(武家清華家)を受けた。 (ja)
  • 清華家(せいがけ)とは、公家の家格のひとつ。最上位の摂家に次ぎ、大臣家の上の序列に位置する。大臣・大将を兼ねて太政大臣になることのできる主に7家(三条・西園寺・徳大寺・久我・花山院・大炊御門・今出川)を指す(7家よりも多くの家が存在していた時代から徐々に数を減らしたり、江戸期には広幡・醍醐の両家を加えて数を増やしたりなど、時代によって家格を有した家の数が異なる)。 また豊臣政権においては、五大老の徳川・毛利・小早川・前田・宇喜多・上杉らも清華成を果たしたとされ、清華家と同等の扱い(武家清華家)を受けた。 (ja)
rdfs:label
  • 清華家 (ja)
  • 清華家 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:支流 of
is prop-ja:種別 of
is prop-ja:身位 of
is foaf:primaryTopic of