ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、3世紀から始まるとされる古墳時代に「王」(きみ)や「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国の首長を中心として、いくつかの有力氏族が連合して成立した政治権力、政治組織。または大王を中心に統合された政治組織。今の大阪平野や奈良盆地、または九州(邪馬台国九州説)を中心とする大和地方の国がまわりの国を従えたことからこう呼ばれる。 旧来より一般的に大和朝廷(やまとちょうてい)と呼ばれてきたが、歴史学者の中で「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が1970年代以降に現れており、その歴史観を反映する用語として「ヤマト王権」の語等が用いられはじめた。 本記事では、これら「大和朝廷」および「ヤマト王権」について、解説をする。 呼称については、古墳時代の前半においては近年「倭王権」「ヤマト政権」「倭政権」などの用語も用いられている(詳細は「名称について」の節を参照)。古墳時代の後、飛鳥時代での天皇を中心とした日本国の中央集権組織のことは「朝廷」と表現するのが歴史研究でも世間の多くでも、ともに一般的な表現である。 ヤマト王権の語彙は「奈良盆地などの近畿地方中央部を念頭にした王権力」の意であるが、一方で「地域国家」と称せられる日本列島各地の多様な権力(王権)の存在を重視すべきとの見解がある。

Property Value
dbo:abstract
  • ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、3世紀から始まるとされる古墳時代に「王」(きみ)や「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国の首長を中心として、いくつかの有力氏族が連合して成立した政治権力、政治組織。または大王を中心に統合された政治組織。今の大阪平野や奈良盆地、または九州(邪馬台国九州説)を中心とする大和地方の国がまわりの国を従えたことからこう呼ばれる。 旧来より一般的に大和朝廷(やまとちょうてい)と呼ばれてきたが、歴史学者の中で「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が1970年代以降に現れており、その歴史観を反映する用語として「ヤマト王権」の語等が用いられはじめた。 本記事では、これら「大和朝廷」および「ヤマト王権」について、解説をする。 呼称については、古墳時代の前半においては近年「倭王権」「ヤマト政権」「倭政権」などの用語も用いられている(詳細は「名称について」の節を参照)。古墳時代の後、飛鳥時代での天皇を中心とした日本国の中央集権組織のことは「朝廷」と表現するのが歴史研究でも世間の多くでも、ともに一般的な表現である。 ヤマト王権の語彙は「奈良盆地などの近畿地方中央部を念頭にした王権力」の意であるが、一方で「地域国家」と称せられる日本列島各地の多様な権力(王権)の存在を重視すべきとの見解がある。 (ja)
  • ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、3世紀から始まるとされる古墳時代に「王」(きみ)や「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国の首長を中心として、いくつかの有力氏族が連合して成立した政治権力、政治組織。または大王を中心に統合された政治組織。今の大阪平野や奈良盆地、または九州(邪馬台国九州説)を中心とする大和地方の国がまわりの国を従えたことからこう呼ばれる。 旧来より一般的に大和朝廷(やまとちょうてい)と呼ばれてきたが、歴史学者の中で「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が1970年代以降に現れており、その歴史観を反映する用語として「ヤマト王権」の語等が用いられはじめた。 本記事では、これら「大和朝廷」および「ヤマト王権」について、解説をする。 呼称については、古墳時代の前半においては近年「倭王権」「ヤマト政権」「倭政権」などの用語も用いられている(詳細は「名称について」の節を参照)。古墳時代の後、飛鳥時代での天皇を中心とした日本国の中央集権組織のことは「朝廷」と表現するのが歴史研究でも世間の多くでも、ともに一般的な表現である。 ヤマト王権の語彙は「奈良盆地などの近畿地方中央部を念頭にした王権力」の意であるが、一方で「地域国家」と称せられる日本列島各地の多様な権力(王権)の存在を重視すべきとの見解がある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 5157 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 32814 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80958587 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:代表
prop-ja:備考
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:地域
prop-ja:後政府
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:政庁所在地
  • 大和地方 (ja)
  • 大和地方 (ja)
prop-ja:政府名
  • ヤマト政権 (ja)
  • ヤマト王権 (ja)
  • ヤマト政権 (ja)
  • ヤマト王権 (ja)
prop-ja:機関
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • 北東側の藤原宮跡から見た畝傍山。 (ja)
  • 奈良県橿原市(旧大和国) (ja)
  • 後方に見えるのは金剛山地。 (ja)
  • 北東側の藤原宮跡から見た畝傍山。 (ja)
  • 奈良県橿原市(旧大和国) (ja)
  • 後方に見えるのは金剛山地。 (ja)
prop-ja:背景色
  • #daa520 (ja)
  • #daa520 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、3世紀から始まるとされる古墳時代に「王」(きみ)や「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国の首長を中心として、いくつかの有力氏族が連合して成立した政治権力、政治組織。または大王を中心に統合された政治組織。今の大阪平野や奈良盆地、または九州(邪馬台国九州説)を中心とする大和地方の国がまわりの国を従えたことからこう呼ばれる。 旧来より一般的に大和朝廷(やまとちょうてい)と呼ばれてきたが、歴史学者の中で「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が1970年代以降に現れており、その歴史観を反映する用語として「ヤマト王権」の語等が用いられはじめた。 本記事では、これら「大和朝廷」および「ヤマト王権」について、解説をする。 呼称については、古墳時代の前半においては近年「倭王権」「ヤマト政権」「倭政権」などの用語も用いられている(詳細は「名称について」の節を参照)。古墳時代の後、飛鳥時代での天皇を中心とした日本国の中央集権組織のことは「朝廷」と表現するのが歴史研究でも世間の多くでも、ともに一般的な表現である。 ヤマト王権の語彙は「奈良盆地などの近畿地方中央部を念頭にした王権力」の意であるが、一方で「地域国家」と称せられる日本列島各地の多様な権力(王権)の存在を重視すべきとの見解がある。 (ja)
  • ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、3世紀から始まるとされる古墳時代に「王」(きみ)や「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国の首長を中心として、いくつかの有力氏族が連合して成立した政治権力、政治組織。または大王を中心に統合された政治組織。今の大阪平野や奈良盆地、または九州(邪馬台国九州説)を中心とする大和地方の国がまわりの国を従えたことからこう呼ばれる。 旧来より一般的に大和朝廷(やまとちょうてい)と呼ばれてきたが、歴史学者の中で「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が1970年代以降に現れており、その歴史観を反映する用語として「ヤマト王権」の語等が用いられはじめた。 本記事では、これら「大和朝廷」および「ヤマト王権」について、解説をする。 呼称については、古墳時代の前半においては近年「倭王権」「ヤマト政権」「倭政権」などの用語も用いられている(詳細は「名称について」の節を参照)。古墳時代の後、飛鳥時代での天皇を中心とした日本国の中央集権組織のことは「朝廷」と表現するのが歴史研究でも世間の多くでも、ともに一般的な表現である。 ヤマト王権の語彙は「奈良盆地などの近畿地方中央部を念頭にした王権力」の意であるが、一方で「地域国家」と称せられる日本列島各地の多様な権力(王権)の存在を重視すべきとの見解がある。 (ja)
rdfs:label
  • ヤマト王権 (ja)
  • ヤマト王権 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:result of
is prop-ja:前政府 of
is foaf:primaryTopic of