彦島(ひこしま)は、日本の中国地方西部の、山口県下関市の南端にある陸繋島。本州最西端部の島の一つ。関門海峡に周囲を囲まれた島。かつては大瀬戸と小瀬戸の間の島であったが、小瀬戸が埋立てられた1937年(昭和12年)以来、人工の陸繋島となっている。本州と九州が関門海峡によって分断されている地形にあって、九州側へ深く入り込んだ本州側の西南端部に当たる地域。 また、歴史地名としては、近世における長門国豊浦郡彦島、江戸幕藩体制下の長門府中藩知行彦島を指す。 現在行政区画においては、旧・彦島村、旧・彦島町に相当する、下関市彦島(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所彦島支所の所管する区域)をいう。この場合、彦島本島のほか、響灘に浮かぶ六連島(むつれじま)、彦島の至近にある竹ノ子島(たけのこじま、彦島と道路橋で接続)、船島(通称:巌流島)の3島を含む。

Property Value
dbo:abstract
  • 彦島(ひこしま)は、日本の中国地方西部の、山口県下関市の南端にある陸繋島。本州最西端部の島の一つ。関門海峡に周囲を囲まれた島。かつては大瀬戸と小瀬戸の間の島であったが、小瀬戸が埋立てられた1937年(昭和12年)以来、人工の陸繋島となっている。本州と九州が関門海峡によって分断されている地形にあって、九州側へ深く入り込んだ本州側の西南端部に当たる地域。 また、歴史地名としては、近世における長門国豊浦郡彦島、江戸幕藩体制下の長門府中藩知行彦島を指す。 現在行政区画においては、旧・彦島村、旧・彦島町に相当する、下関市彦島(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所彦島支所の所管する区域)をいう。この場合、彦島本島のほか、響灘に浮かぶ六連島(むつれじま)、彦島の至近にある竹ノ子島(たけのこじま、彦島と道路橋で接続)、船島(通称:巌流島)の3島を含む。 (ja)
  • 彦島(ひこしま)は、日本の中国地方西部の、山口県下関市の南端にある陸繋島。本州最西端部の島の一つ。関門海峡に周囲を囲まれた島。かつては大瀬戸と小瀬戸の間の島であったが、小瀬戸が埋立てられた1937年(昭和12年)以来、人工の陸繋島となっている。本州と九州が関門海峡によって分断されている地形にあって、九州側へ深く入り込んだ本州側の西南端部に当たる地域。 また、歴史地名としては、近世における長門国豊浦郡彦島、江戸幕藩体制下の長門府中藩知行彦島を指す。 現在行政区画においては、旧・彦島村、旧・彦島町に相当する、下関市彦島(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所彦島支所の所管する区域)をいう。この場合、彦島本島のほか、響灘に浮かぶ六連島(むつれじま)、彦島の至近にある竹ノ子島(たけのこじま、彦島と道路橋で接続)、船島(通称:巌流島)の3島を含む。 (ja)
dbo:country
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 187985 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 90822 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81162591 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 彦島の七島。斜体は現在はない島を表している。 (ja)
  • 彦島の七浦。 (ja)
  • 彦島の七島。斜体は現在はない島を表している。 (ja)
  • 彦島の七浦。 (ja)
prop-ja:float
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:group
  • "注" (ja)
  • "注" (ja)
prop-ja:height
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:imageLeft
  • -37 (xsd:integer)
prop-ja:imageTop
  • -37 (xsd:integer)
prop-ja:imageWidth
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:osmズーム
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:世帯数
  • 12469 (xsd:integer)
prop-ja:人口
  • 24500 (xsd:integer)
prop-ja:人口の時点
  • --01-01
prop-ja:人口統計url
prop-ja:人口統計種類
  • 住民基本台帳 (ja)
  • 住民基本台帳 (ja)
prop-ja:仮名
  • ひこしま (ja)
  • ひこしま (ja)
prop-ja:
  • ・山口県 (ja)
  • ・山口県 (ja)
prop-ja:地区名
  • 彦島 (ja)
  • 彦島 (ja)
prop-ja:島名
  • 彦島 (ja)
  • 彦島 (ja)
prop-ja:所在地
  • 彦島江の浦町一丁目3番1号 (ja)
  • 彦島江の浦町一丁目3番1号 (ja)
prop-ja:旧自治体
  • 彦島町 (ja)
  • 彦島町 (ja)
prop-ja:最高峰
  • 大山 (ja)
  • 大山 (ja)
prop-ja:標高
  • 113 (xsd:integer)
prop-ja:海域
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:管轄役所
  • 支所 (ja)
  • 支所 (ja)
prop-ja:経度分
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:経度度
  • 130 (xsd:integer)
prop-ja:経度秒
  • 52 (xsd:integer)
prop-ja:緯度分
  • 56 (xsd:integer)
prop-ja:緯度度
  • 33 (xsd:integer)
prop-ja:緯度秒
  • 14 (xsd:integer)
prop-ja:自治体
  • 下関市 (ja)
  • 下関市 (ja)
prop-ja:郵便番号
  • 750 (xsd:integer)
prop-ja:都道府県
  • 山口県 (ja)
  • 山口県 (ja)
prop-ja:面積
  • 11.620000 (xsd:double)
dct:subject
georss:point
  • 33.937222222222225 130.91444444444446
rdf:type
rdfs:comment
  • 彦島(ひこしま)は、日本の中国地方西部の、山口県下関市の南端にある陸繋島。本州最西端部の島の一つ。関門海峡に周囲を囲まれた島。かつては大瀬戸と小瀬戸の間の島であったが、小瀬戸が埋立てられた1937年(昭和12年)以来、人工の陸繋島となっている。本州と九州が関門海峡によって分断されている地形にあって、九州側へ深く入り込んだ本州側の西南端部に当たる地域。 また、歴史地名としては、近世における長門国豊浦郡彦島、江戸幕藩体制下の長門府中藩知行彦島を指す。 現在行政区画においては、旧・彦島村、旧・彦島町に相当する、下関市彦島(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所彦島支所の所管する区域)をいう。この場合、彦島本島のほか、響灘に浮かぶ六連島(むつれじま)、彦島の至近にある竹ノ子島(たけのこじま、彦島と道路橋で接続)、船島(通称:巌流島)の3島を含む。 (ja)
  • 彦島(ひこしま)は、日本の中国地方西部の、山口県下関市の南端にある陸繋島。本州最西端部の島の一つ。関門海峡に周囲を囲まれた島。かつては大瀬戸と小瀬戸の間の島であったが、小瀬戸が埋立てられた1937年(昭和12年)以来、人工の陸繋島となっている。本州と九州が関門海峡によって分断されている地形にあって、九州側へ深く入り込んだ本州側の西南端部に当たる地域。 また、歴史地名としては、近世における長門国豊浦郡彦島、江戸幕藩体制下の長門府中藩知行彦島を指す。 現在行政区画においては、旧・彦島村、旧・彦島町に相当する、下関市彦島(下関市役所支所設置条例で示された下関市役所彦島支所の所管する区域)をいう。この場合、彦島本島のほか、響灘に浮かぶ六連島(むつれじま)、彦島の至近にある竹ノ子島(たけのこじま、彦島と道路橋で接続)、船島(通称:巌流島)の3島を含む。 (ja)
rdfs:label
  • 彦島 (ja)
  • 彦島 (ja)
geo:geometry
  • POINT(130.91444396973 33.9372215271)
geo:lat
  • 33.937222 (xsd:float)
geo:long
  • 130.914444 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:墓所 of
is prop-ja:画像説明 of
is foaf:primaryTopic of