寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華な屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。

Property Value
dbo:abstract
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華な屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華の屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華な屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華の屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 131760 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 68485 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 68688 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81443734 (xsd:integer)
  • 86419204 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華な屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華の屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華な屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
  • 寝殿造(しんでんづくり)とは、平安時代から中世にかけての上層住宅の建築様式である。かつては東西に立派な対、南に大きな池を持つ左右対称の豪華の屋敷と考えられていたが、それは江戸時代の故実家の想像に過ぎず、その実態は階層により、時代により甚だ変化のあるものと見られている。寝殿造は中世に様々な技術の進歩や社会生活の変化の影響を受け、室町時代末から桃山時代に書院造へと変化し、現在の和風住宅の源流でもある。 (ja)
rdfs:label
  • 寝殿造 (ja)
  • 寝殿造 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of