仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利(釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、塔(とう)、ストゥーパ(梵: Stūpa、巴: thūpa)、供養塔とも呼ばれる。 ストゥーパ(サンスクリット語: स्तूप, stūpa)とはサンスクリット語で「高く顕れる」という意味であり、仏教の世界観である涅槃の境地を象徴している。ストゥーパが古代インドから中国に仏教が伝来した際、 は「卒塔婆」と音訳された。「塔婆」や「塔」はこの略である。

Property Value
dbo:abstract
  • 仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利(釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、塔(とう)、ストゥーパ(梵: Stūpa、巴: thūpa)、供養塔とも呼ばれる。 ストゥーパ(サンスクリット語: स्तूप, stūpa)とはサンスクリット語で「高く顕れる」という意味であり、仏教の世界観である涅槃の境地を象徴している。ストゥーパが古代インドから中国に仏教が伝来した際、 は「卒塔婆」と音訳された。「塔婆」や「塔」はこの略である。 西洋では「仏塔」を指す語に、二種の出自の異なる語、ストゥーパ(stupa)とパゴダ(pagoda)がある(それぞれの言語によって、語形に多少の違いがある)。後者はポルトガル語 pagode に由来するとされるが、さらにそれ以前に何語のなんという言葉が、このように転訛したのかははっきりしない。ペルシア語の but-kadah (神像の寺)からという説、サンスクリット語 bhagavat (聖)からという説、ビルマ語のパヤ(Paya)とスリランカでのストゥーパの呼称ダーゴバ(Dāgoba)が結合したという説などがある。いずれの語も仏塔全般を表しうる言葉であるが、ストゥーパはインド風のものを、パゴダは極東風のものを意味することが多い。パゴダは少々意味が広く、仏塔に限らず、層塔のような設計をした通常の宗教建築を指すこともある。 (ja)
  • 仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利(釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、塔(とう)、ストゥーパ(梵: Stūpa、巴: thūpa)、供養塔とも呼ばれる。 ストゥーパ(サンスクリット語: स्तूप, stūpa)とはサンスクリット語で「高く顕れる」という意味であり、仏教の世界観である涅槃の境地を象徴している。ストゥーパが古代インドから中国に仏教が伝来した際、 は「卒塔婆」と音訳された。「塔婆」や「塔」はこの略である。 西洋では「仏塔」を指す語に、二種の出自の異なる語、ストゥーパ(stupa)とパゴダ(pagoda)がある(それぞれの言語によって、語形に多少の違いがある)。後者はポルトガル語 pagode に由来するとされるが、さらにそれ以前に何語のなんという言葉が、このように転訛したのかははっきりしない。ペルシア語の but-kadah (神像の寺)からという説、サンスクリット語 bhagavat (聖)からという説、ビルマ語のパヤ(Paya)とスリランカでのストゥーパの呼称ダーゴバ(Dāgoba)が結合したという説などがある。いずれの語も仏塔全般を表しうる言葉であるが、ストゥーパはインド風のものを、パゴダは極東風のものを意味することが多い。パゴダは少々意味が広く、仏塔に限らず、層塔のような設計をした通常の宗教建築を指すこともある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 149526 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7421 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79274901 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:bo
  • མཆོད་རྟེན་ (ja)
  • མཆོད་རྟེན་ (ja)
prop-ja:boLatn
  • chorten (ja)
  • chorten (ja)
prop-ja:ja
  • 卒塔婆, 舎利塔 (ja)
  • 卒塔婆, 舎利塔 (ja)
prop-ja:jaLatn
  • sotōba, sharitō (ja)
  • sotōba, sharitō (ja)
prop-ja:km
  • ចេតិយ (ja)
  • ចេតិយ (ja)
prop-ja:kmLatn
  • caetdəy (ja)
  • caetdəy (ja)
prop-ja:ko
  • 솔도파 (ja)
  • 솔도파 (ja)
prop-ja:koLatn
  • soldopha (ja)
  • soldopha (ja)
prop-ja:mn
  • суварга (ja)
  • суварга (ja)
prop-ja:mnLatn
  • suvarga (ja)
  • suvarga (ja)
prop-ja:mr
  • स्थूप (ja)
  • स्थूप (ja)
prop-ja:my
  • စေတီ (ja)
  • စေတီ (ja)
prop-ja:myLatn
  • zèdì (ja)
  • zèdì (ja)
prop-ja:pi
  • 𑀣𑀼𑀩𑁂 , thūpa (ja)
  • 𑀣𑀼𑀩𑁂 , thūpa (ja)
prop-ja:sa
  • स्तूप (ja)
  • स्तूप (ja)
prop-ja:si
  • දාගැබ් (ja)
  • දාගැබ් (ja)
prop-ja:siLatn
  • dagoba (ja)
  • dagoba (ja)
prop-ja:ta
  • தாது கோபுரம் (ja)
  • தாது கோபுரம் (ja)
prop-ja:te
  • స్తూపం (ja)
  • స్తూపం (ja)
prop-ja:th
  • สถูป, เจดีย์ (ja)
  • สถูป, เจดีย์ (ja)
prop-ja:title
  • Stupa (ja)
  • Stupa (ja)
prop-ja:vi
  • Phù đồ (ja)
  • Phù đồ (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zh
  • 窣堵坡 (ja)
  • 窣堵坡 (ja)
prop-ja:zhLatn
  • sūdǔpō (ja)
  • sūdǔpō (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利(釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、塔(とう)、ストゥーパ(梵: Stūpa、巴: thūpa)、供養塔とも呼ばれる。 ストゥーパ(サンスクリット語: स्तूप, stūpa)とはサンスクリット語で「高く顕れる」という意味であり、仏教の世界観である涅槃の境地を象徴している。ストゥーパが古代インドから中国に仏教が伝来した際、 は「卒塔婆」と音訳された。「塔婆」や「塔」はこの略である。 (ja)
  • 仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利(釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、塔(とう)、ストゥーパ(梵: Stūpa、巴: thūpa)、供養塔とも呼ばれる。 ストゥーパ(サンスクリット語: स्तूप, stūpa)とはサンスクリット語で「高く顕れる」という意味であり、仏教の世界観である涅槃の境地を象徴している。ストゥーパが古代インドから中国に仏教が伝来した際、 は「卒塔婆」と音訳された。「塔婆」や「塔」はこの略である。 (ja)
rdfs:label
  • 仏塔 (ja)
  • 仏塔 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:imageCaption of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:画像の解説 of
is foaf:primaryTopic of