下野宇都宮氏(しもつけうつのみやし)は、藤原北家道兼流の名族・宇都宮氏の嫡流。代々下野国司を務め、鬼怒川(当時は毛野川)流域一帯を治めた大身。奥州を見据える要衝の地・宇都宮及び日光の地を治める社務職(等)を務め、京都との繋がりが強かった。 下野国は宇都宮氏の発祥地であり、当地の宇都宮氏が嫡流。庶流として豊前宇都宮氏(城井氏)があり、さらに伊予宇都宮氏、筑後宇都宮氏(蒲池氏)などがある。それらと区別するため本貫の下野の地名を付けて下野宇都宮氏と呼ばれる。

Property Value
dbo:abstract
  • 下野宇都宮氏(しもつけうつのみやし)は、藤原北家道兼流の名族・宇都宮氏の嫡流。代々下野国司を務め、鬼怒川(当時は毛野川)流域一帯を治めた大身。奥州を見据える要衝の地・宇都宮及び日光の地を治める社務職(等)を務め、京都との繋がりが強かった。 下野国は宇都宮氏の発祥地であり、当地の宇都宮氏が嫡流。庶流として豊前宇都宮氏(城井氏)があり、さらに伊予宇都宮氏、筑後宇都宮氏(蒲池氏)などがある。それらと区別するため本貫の下野の地名を付けて下野宇都宮氏と呼ばれる。 (ja)
  • 下野宇都宮氏(しもつけうつのみやし)は、藤原北家道兼流の名族・宇都宮氏の嫡流。代々下野国司を務め、鬼怒川(当時は毛野川)流域一帯を治めた大身。奥州を見据える要衝の地・宇都宮及び日光の地を治める社務職(等)を務め、京都との繋がりが強かった。 下野国は宇都宮氏の発祥地であり、当地の宇都宮氏が嫡流。庶流として豊前宇都宮氏(城井氏)があり、さらに伊予宇都宮氏、筑後宇都宮氏(蒲池氏)などがある。それらと区別するため本貫の下野の地名を付けて下野宇都宮氏と呼ばれる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 132103 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14925 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79564918 (xsd:integer)
  • 85841468 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
prop-ja:出身地
prop-ja:家名
  • 下野宇都宮氏 (ja)
  • 下野宇都宮氏 (ja)
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋
  • Hidari mitsudomoe.svg (ja)
  • Hidari mitsudomoe.svg (ja)
prop-ja:支流
prop-ja:本姓
  • dbpedia-ja:中原氏
  • 下毛野朝臣? (ja)
  • 藤原北家中御門流? (ja)
  • 藤原北家道兼流? (ja)
prop-ja:根拠地
prop-ja:種別
dct:subject
rdfs:comment
  • 下野宇都宮氏(しもつけうつのみやし)は、藤原北家道兼流の名族・宇都宮氏の嫡流。代々下野国司を務め、鬼怒川(当時は毛野川)流域一帯を治めた大身。奥州を見据える要衝の地・宇都宮及び日光の地を治める社務職(等)を務め、京都との繋がりが強かった。 下野国は宇都宮氏の発祥地であり、当地の宇都宮氏が嫡流。庶流として豊前宇都宮氏(城井氏)があり、さらに伊予宇都宮氏、筑後宇都宮氏(蒲池氏)などがある。それらと区別するため本貫の下野の地名を付けて下野宇都宮氏と呼ばれる。 (ja)
  • 下野宇都宮氏(しもつけうつのみやし)は、藤原北家道兼流の名族・宇都宮氏の嫡流。代々下野国司を務め、鬼怒川(当時は毛野川)流域一帯を治めた大身。奥州を見据える要衝の地・宇都宮及び日光の地を治める社務職(等)を務め、京都との繋がりが強かった。 下野国は宇都宮氏の発祥地であり、当地の宇都宮氏が嫡流。庶流として豊前宇都宮氏(城井氏)があり、さらに伊予宇都宮氏、筑後宇都宮氏(蒲池氏)などがある。それらと区別するため本貫の下野の地名を付けて下野宇都宮氏と呼ばれる。 (ja)
rdfs:label
  • 下野宇都宮氏 (ja)
  • 下野宇都宮氏 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:氏族 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of