Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 永禄の変(えいろくのへん)は、永禄8年5月19日(1565年6月17日)、三好義継、三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と松永久通らの軍勢によって室町幕府第13代将軍足利義輝が京都二条御所に襲撃され、討死した事件である。なお松永久秀がこの事件の主導者であるという見解が広く巷間に流布しているが、久秀はこの事件が起こった際大和国にいて直接には関与していない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 707554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 212 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58702532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 永禄の変(えいろくのへん)は、永禄8年5月19日(1565年6月17日)、三好義継、三好三人衆(三好長逸・三好政康・岩成友通)と松永久通らの軍勢によって室町幕府第13代将軍足利義輝が京都二条御所に襲撃され、討死した事件である。なお松永久秀がこの事件の主導者であるという見解が広く巷間に流布しているが、久秀はこの事件が起こった際大和国にいて直接には関与していない。
rdfs:label
  • 永禄の変
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of