Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大伴氏(おおともうじ)は、日本の古代氏族。氏の呼称は平安時代初期に淳和天皇の諱を避けて伴氏に改称。姓はもと連、のち八色の姓の制定により宿禰、平安時代中期以降は朝臣。天孫降臨の時に先導を行った天忍日命の子孫とされる天神系氏族で、佐伯氏とは同族関係とされる(一般には佐伯氏を大伴氏の分家とするが、その逆とする説もある)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 101226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 303 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55888423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:始祖
prop-ja:後裔
prop-ja:支流
prop-ja:氏名
  • 大伴氏(伴氏)
prop-ja:氏姓
  • のち大伴宿禰
  • 大伴連
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大伴氏(おおともうじ)は、日本の古代氏族。氏の呼称は平安時代初期に淳和天皇の諱を避けて伴氏に改称。姓はもと連、のち八色の姓の制定により宿禰、平安時代中期以降は朝臣。天孫降臨の時に先導を行った天忍日命の子孫とされる天神系氏族で、佐伯氏とは同族関係とされる(一般には佐伯氏を大伴氏の分家とするが、その逆とする説もある)。
rdfs:label
  • 大伴氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:本姓 of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of