一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機。 四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として運用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位。

Property Value
dbo:abstract
  • 一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機。 四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として運用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位。 (ja)
  • 一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機。 四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として運用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位。 (ja)
dbo:aircraftType
  • 軽戦闘機
dbo:firstFlight
dbo:manufacturer
dbo:numberBuilt
  • 5751 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 31430 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 103343 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79532877 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
prop-ja:分類
prop-ja:初飛行年月日
  • --12-12
prop-ja:名称
  • キ43 一式戦闘機「隼」 (ja)
  • キ43 一式戦闘機「隼」 (ja)
prop-ja:生産数
  • 5751 (xsd:integer)
prop-ja:生産開始年月日
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:Nakajima Ki-43-IIa.jpg (ja)
  • File:Nakajima Ki-43-IIa.jpg (ja)
prop-ja:製造者
  • ** 中島飛行機(開発) ** 立川飛行機 ** 陸軍航空工廠 (ja)
  • ** 中島飛行機(開発) ** 立川飛行機 ** 陸軍航空工廠 (ja)
prop-ja:設計者
prop-ja:退役年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 退役 (ja)
  • 退役 (ja)
prop-ja:運用者More
  • ** (陸軍) ** 満州国(飛行隊) ** (空軍) ** (空軍) ** (空軍) ** (空軍) ** (空軍) (ja)
  • ** (陸軍) ** 満州国(飛行隊) ** (空軍) ** (空軍) ** (空軍) ** (空軍) ** (空軍) (ja)
prop-ja:運用開始年月日
  • 1941 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機。 四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として運用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位。 (ja)
  • 一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。キ番号(試作名称)はキ43。愛称は隼(はやぶさ)。呼称・略称は一式戦、一戦、ヨンサンなど。連合軍のコードネームはOscar(オスカー)。開発は中島飛行機、製造は中島および立川飛行機。 四式戦闘機「疾風」(キ84)とともに帝国陸軍を代表する戦闘機として、太平洋戦争(大東亜戦争)における事実上の主力機として運用された。総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零式艦上戦闘機に次いで2番目に多く、陸軍機としては第1位。 (ja)
rdfs:label
  • 一式戦闘機 (ja)
  • 一式戦闘機 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • キ43 一式戦闘機「隼」 (ja)
  • (ja)
  • キ43 一式戦闘機「隼」 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of