DVD(英語: Digital Versatile Disc、デジタル多用途〈多目的〉ディスク)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDの約6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録を可能とした。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いからVHSビデオテープ方式と同等画質で133分の録画が可能となる4.7 GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)と同様、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。また、民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴い、自主編集した映像のDVD記録も可能になった。また映像用途だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。

Property Value
dbo:abstract
  • DVD(英語: Digital Versatile Disc、デジタル多用途〈多目的〉ディスク)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDの約6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録を可能とした。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いからVHSビデオテープ方式と同等画質で133分の録画が可能となる4.7 GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)と同様、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。また、民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴い、自主編集した映像のDVD記録も可能になった。また映像用途だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。 ただしDVDの登場当初に比べると、2010年代以降は容量面でフラッシュメモリのほうが勝っている。1メディアの容量当たり単価はフラッシュメモリが上回ってはいるが、USBメモリなどの堅牢性、融通性から、PCなどでの単なるデータの受け渡し用途としては、フラッシュメモリにその座を明け渡している。一方AV機器でのフラッシュメモリ媒体の採用は、据え置き型映像レコーダーの分野においては、著作権保護 (DRM) の絡みもあり、限定的である。 (ja)
  • DVD(英語: Digital Versatile Disc、デジタル多用途〈多目的〉ディスク)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDの約6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録を可能とした。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いからVHSビデオテープ方式と同等画質で133分の録画が可能となる4.7 GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)と同様、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。また、民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴い、自主編集した映像のDVD記録も可能になった。また映像用途だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。 ただしDVDの登場当初に比べると、2010年代以降は容量面でフラッシュメモリのほうが勝っている。1メディアの容量当たり単価はフラッシュメモリが上回ってはいるが、USBメモリなどの堅牢性、融通性から、PCなどでの単なるデータの受け渡し用途としては、フラッシュメモリにその座を明け渡している。一方AV機器でのフラッシュメモリ媒体の採用は、据え置き型映像レコーダーの分野においては、著作権保護 (DRM) の絡みもあり、限定的である。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1344 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 43717 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87580511 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
  • 2021 (xsd:integer)
  • --07-20
  • --07-27
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ディスク径
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:ロゴ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:上位
prop-ja:下位
  • CD (ja)
  • CD (ja)
prop-ja:名称
  • DVD (ja)
  • (ja)
  • DVD (ja)
  • (ja)
prop-ja:大きさ
  • 80 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:容量
  • * 120mmディスク ** 片面一層4.7GB ** 片面二層8.54GB ** 両面一層9.4GB ** 両面二層17.08GB * 80mmディスク ** 片面一層1.4GB ** 片面二層2.6GB ** 両面一層2.8GB ** 両面二層5.2GB (ja)
  • * 120mmディスク ** 片面一層4.7GB ** 片面二層8.54GB ** 両面一層9.4GB ** 両面二層17.08GB * 80mmディスク ** 片面一層1.4GB ** 片面二層2.6GB ** 両面一層2.8GB ** 両面二層5.2GB (ja)
prop-ja:用途
  • 映像、音楽、データ、ゲーム等 (ja)
  • 映像、音楽、データ、ゲーム等 (ja)
prop-ja:種類
  • 光ディスク (ja)
  • 光ディスク (ja)
prop-ja:読み取り方法
  • 650 (xsd:integer)
prop-ja:読み込み速度
  • 11.080000 (xsd:double)
  • 最高16倍速 (ja)
  • (1385kiB/s、1倍速) (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • DVD(英語: Digital Versatile Disc、デジタル多用途〈多目的〉ディスク)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDの約6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録を可能とした。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いからVHSビデオテープ方式と同等画質で133分の録画が可能となる4.7 GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)と同様、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。また、民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴い、自主編集した映像のDVD記録も可能になった。また映像用途だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。 (ja)
  • DVD(英語: Digital Versatile Disc、デジタル多用途〈多目的〉ディスク)は、デジタルデータの記録媒体である第2世代光ディスクの一種である。 媒体の形状や記録・読取方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが記録容量がCDの約6倍になるため、CDでは不可能だった長時間映像の記録を可能とした。 開発にあたっては、ハリウッド映画業界からの要求で「現在のメディアを上回る高画質・高音質で、1枚につき片面133分以上の収録時間」を目指すこととされ、1枚あたりの記録容量は当時の技術水準との兼ね合いからVHSビデオテープ方式と同等画質で133分の録画が可能となる4.7 GB(片面一層の場合)のディスクとして開発された。 従来のビデオテープ(VHSなど)と同様、映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなど、様々な映像ソフトが市販されている。また、民生用カムコーダやノンリニア編集対応パソコンなどの普及に伴い、自主編集した映像のDVD記録も可能になった。また映像用途だけでなくコンピュータ用のデータ・ストレージ(保存媒体)としても使用される。 (ja)
rdfs:label
  • DVD (ja)
  • DVD (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingMedia of
is dbo:format of
is dbo:position of
is dbo:product of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:bgmフォーマット of
is prop-ja:distributor of
is prop-ja:format of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:headline of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:media of
is prop-ja:products of
is prop-ja:publications of
is prop-ja:spec of
is prop-ja:status of
is prop-ja:thisAlbum of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:フォーマット of
is prop-ja:メディア of
is prop-ja:上位 of
is prop-ja:下位 of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:公開 of
is prop-ja:出版以外の事業 of
is prop-ja:活動備考 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of