新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、2019年末に始まった、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を病原体とする急性呼吸器疾患(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)である。 全世界が感染症の危険に晒された事で、世界規模のロックダウンや入国制限、2020年東京オリンピックの延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなどの反グローバル化、反民主主義的側面を持つ政策により、行動の自由は大きく後退し、経済活動はかなり縮小した。このため、世界の経済状態は一変した。流行により生活のオンライン化が進んだが、外食、観光、レジャー、興行、運輸などはオンライン化できないため、ワクチン接種により行動の自由を回復する事が急務となっている他、ニュー・ノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も行われている。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照

Property Value
dbo:abstract
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、2019年末に始まった、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を病原体とする急性呼吸器疾患(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)である。 全世界が感染症の危険に晒された事で、世界規模のロックダウンや入国制限、2020年東京オリンピックの延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなどの反グローバル化、反民主主義的側面を持つ政策により、行動の自由は大きく後退し、経済活動はかなり縮小した。このため、世界の経済状態は一変した。流行により生活のオンライン化が進んだが、外食、観光、レジャー、興行、運輸などはオンライン化できないため、ワクチン接種により行動の自由を回復する事が急務となっている他、ニュー・ノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も行われている。 SARS-CoV-2が研究途上のウイルスであるため、先の見えない状況が続いている。2021年12月時点で、感染は223の国と地域で起きており、感染者は2.5億人以上、死者は500万を超えている。2021年5月には、全世界で約690万人が死亡しているという推計をワシントン州立大学が発表。世界保健機関は1918年のスペインかぜのパンデミックと比較している。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)のことである。2019年末から流行は始まり、この新型コロナウイルスの感染拡大(しんがたコロナウイルスのかんせんかくだい)を阻止する過程で世界の体制を再編する事態となった。 全世界が感染症の危険に晒された事で、ロックダウンや入国制限、オリンピック延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなど各種政策において、反グローバリズム、反民主主義的な措置も一部必要となり、世界の体制に大きな変化を及ぼした。コロナ以後の世界では社会生活のオンライン化が顕著な反面、行動の自由では従来より大きく後退し、経済活動が大きく縮小した。外食、観光、レジャー、興行、公共交通など、未だオンライン化できない商業活動もあり、巣ごもりの状況は実体経済を着実に蝕むため、COVID-19ワクチンの接種により行動の自由を回復する事が急務となっているが、ニューノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も始まっている。 SARS-CoV-2が研究途上のウイルスであることから、未だに先の見えない状況が続いている。2020年10月2日時点で、感染は215の国と地域で起きており、感染者34,205,773人、死者1,021,576人、回復者23,104,496人となった。また、世界の感染者数は指数関数的な伸びを続けている。2021年5月には、全世界で約690万人の死者が出ているという分析をワシントン州立大学が発表。WHOが、1918年に発生したスペインかぜのパンデミックと比較を行っている。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、2019年末に始まった、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を病原体とする急性呼吸器疾患(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)である。 全世界が感染症の危険に晒された事で、世界規模のロックダウンや入国制限、2020年東京オリンピックの延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなどの反グローバル化、反民主主義的側面を持つ政策により、行動の自由は大きく後退し、経済活動はかなり縮小した。このため、世界の経済状態は一変した。流行により生活のオンライン化が進んだが、外食、観光、レジャー、興行、運輸などはオンライン化できないため、ワクチン接種により行動の自由を回復する事が急務となっている他、ニュー・ノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も行われている。 SARS-CoV-2が研究途上のウイルスであるため、先の見えない状況が続いている。2021年12月時点で、感染は223の国と地域で起きており、感染者は2.5億人以上、死者は500万を超えている。2021年5月には、全世界で約690万人が死亡しているという推計をワシントン州立大学が発表。世界保健機関は1918年のスペインかぜのパンデミックと比較している。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)のことである。2019年末から流行は始まり、この新型コロナウイルスの感染拡大(しんがたコロナウイルスのかんせんかくだい)を阻止する過程で世界の体制を再編する事態となった。 全世界が感染症の危険に晒された事で、ロックダウンや入国制限、オリンピック延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなど各種政策において、反グローバリズム、反民主主義的な措置も一部必要となり、世界の体制に大きな変化を及ぼした。コロナ以後の世界では社会生活のオンライン化が顕著な反面、行動の自由では従来より大きく後退し、経済活動が大きく縮小した。外食、観光、レジャー、興行、公共交通など、未だオンライン化できない商業活動もあり、巣ごもりの状況は実体経済を着実に蝕むため、COVID-19ワクチンの接種により行動の自由を回復する事が急務となっているが、ニューノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も始まっている。 SARS-CoV-2が研究途上のウイルスであることから、未だに先の見えない状況が続いている。2020年10月2日時点で、感染は215の国と地域で起きており、感染者34,205,773人、死者1,021,576人、回復者23,104,496人となった。また、世界の感染者数は指数関数的な伸びを続けている。2021年5月には、全世界で約690万人の死者が出ているという分析をワシントン州立大学が発表。WHOが、1918年に発生したスペインかぜのパンデミックと比較を行っている。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4065542 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 193109 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 206583 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81612791 (xsd:integer)
  • 86771461 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:confirmedCases
  • 88421128 (xsd:integer)
  • 254156257 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:deaths
  • 1904701 (xsd:integer)
  • 5118180 (xsd:integer)
prop-ja:disease
prop-ja:firstCase
  • 2019-11-17 (xsd:date)
  • --11-17
  • () (ja)
prop-ja:id
  • D0009030824_00000 (ja)
  • D0009030824_00000 (ja)
prop-ja:legend
  • --01-12
  • 新型コロナウイルス感染症の流行状況を示した地図(適宜更新) (ja)
  • 流行状況を示した世界地図 (ja)
prop-ja:location
  • 世界中 (ja)
  • 世界中 (ja)
prop-ja:map
  • COVID-19 Outbreak World Map.svg (ja)
  • COVID-19-outbreak-timeline.gif (ja)
  • COVID-19 Outbreak World Map.svg (ja)
  • COVID-19-outbreak-timeline.gif (ja)
prop-ja:name
  • 新型コロナウイルス感染症 (ja)
  • (COVID-19)の世界的流行 (ja)
  • 新型コロナウイルス 世界中で感染拡大 (ja)
  • 世界的流行 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症 の (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症 (ja)
  • (COVID-19)の世界的流行 (ja)
  • 新型コロナウイルス 世界中で感染拡大 (ja)
  • 世界的流行 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症 の (ja)
prop-ja:origin
  • 湖北省武漢市 (ja)
  • 湖北省武漢市 (ja)
prop-ja:recoveryCases
  • 63548979 (xsd:integer)
  • 229820639 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:territories
  • 220 (xsd:integer)
  • 223 (xsd:integer)
prop-ja:virusStrain
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:国際化
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:百科事典的でない
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:領域
  • 日本 (ja)
  • 日本 (ja)
dct:subject
georss:point
  • 30.619722222222222 114.25777777777778
rdf:type
rdfs:comment
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、2019年末に始まった、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を病原体とする急性呼吸器疾患(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)である。 全世界が感染症の危険に晒された事で、世界規模のロックダウンや入国制限、2020年東京オリンピックの延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなどの反グローバル化、反民主主義的側面を持つ政策により、行動の自由は大きく後退し、経済活動はかなり縮小した。このため、世界の経済状態は一変した。流行により生活のオンライン化が進んだが、外食、観光、レジャー、興行、運輸などはオンライン化できないため、ワクチン接種により行動の自由を回復する事が急務となっている他、ニュー・ノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も行われている。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)のことである。2019年末から流行は始まり、この新型コロナウイルスの感染拡大(しんがたコロナウイルスのかんせんかくだい)を阻止する過程で世界の体制を再編する事態となった。 全世界が感染症の危険に晒された事で、ロックダウンや入国制限、オリンピック延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなど各種政策において、反グローバリズム、反民主主義的な措置も一部必要となり、世界の体制に大きな変化を及ぼした。コロナ以後の世界では社会生活のオンライン化が顕著な反面、行動の自由では従来より大きく後退し、経済活動が大きく縮小した。外食、観光、レジャー、興行、公共交通など、未だオンライン化できない商業活動もあり、巣ごもりの状況は実体経済を着実に蝕むため、COVID-19ワクチンの接種により行動の自由を回復する事が急務となっているが、ニューノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も始まっている。 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、2019年末に始まった、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を病原体とする急性呼吸器疾患(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)である。 全世界が感染症の危険に晒された事で、世界規模のロックダウンや入国制限、2020年東京オリンピックの延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなどの反グローバル化、反民主主義的側面を持つ政策により、行動の自由は大きく後退し、経済活動はかなり縮小した。このため、世界の経済状態は一変した。流行により生活のオンライン化が進んだが、外食、観光、レジャー、興行、運輸などはオンライン化できないため、ワクチン接種により行動の自由を回復する事が急務となっている他、ニュー・ノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も行われている。 各国と地域の詳細な流行状況については「国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況」を参照各国と地域の社会・経済的な影響については「2019年コロナウイルス感染症による社会・経済的影響」を参照 (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行(しんがたコロナウイルスかんせんしょうのせかいてきりゅうこう、英語: COVID-19 pandemic)とは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染によって引き起こされる急性呼吸器疾患(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)のことである。2019年末から流行は始まり、この新型コロナウイルスの感染拡大(しんがたコロナウイルスのかんせんかくだい)を阻止する過程で世界の体制を再編する事態となった。 全世界が感染症の危険に晒された事で、ロックダウンや入国制限、オリンピック延期・縮小など、人類が過去に経験していない事態に陥った。パンデミックを収束させるために実施されたロックダウンなど各種政策において、反グローバリズム、反民主主義的な措置も一部必要となり、世界の体制に大きな変化を及ぼした。コロナ以後の世界では社会生活のオンライン化が顕著な反面、行動の自由では従来より大きく後退し、経済活動が大きく縮小した。外食、観光、レジャー、興行、公共交通など、未だオンライン化できない商業活動もあり、巣ごもりの状況は実体経済を着実に蝕むため、COVID-19ワクチンの接種により行動の自由を回復する事が急務となっているが、ニューノーマル(人間活動の新たな常態)への適応も始まっている。 (ja)
rdfs:label
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-) (ja)
  • 新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-) (ja)
geo:geometry
  • POINT(114.25777435303 30.619722366333)
geo:lat
  • 30.619722 (xsd:float)
geo:long
  • 114.257774 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:その他 of
is prop-ja:備考 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of