平 維盛(たいら の これもり)は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の嫡子平重盛の嫡男。 美貌の貴公子として宮廷にある時には「光源氏の再来」と称された。治承・寿永の乱において大将軍として出陣するが、富士川の戦いで敗北し、倶利伽羅峠の戦いでは壊滅的な敗北を喫する。父の早世もあって一門の中では孤立気味であり、平氏一門が都を落ちたのちに戦線を離脱、那智の沖で入水したとされている。

Property Value
dbo:abstract
  • 平 維盛(たいら の これもり)は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の嫡子平重盛の嫡男。 美貌の貴公子として宮廷にある時には「光源氏の再来」と称された。治承・寿永の乱において大将軍として出陣するが、富士川の戦いで敗北し、倶利伽羅峠の戦いでは壊滅的な敗北を喫する。父の早世もあって一門の中では孤立気味であり、平氏一門が都を落ちたのちに戦線を離脱、那智の沖で入水したとされている。 (ja)
  • 平 維盛(たいら の これもり)は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の嫡子平重盛の嫡男。 美貌の貴公子として宮廷にある時には「光源氏の再来」と称された。治承・寿永の乱において大将軍として出陣するが、富士川の戦いで敗北し、倶利伽羅峠の戦いでは壊滅的な敗北を喫する。父の早世もあって一門の中では孤立気味であり、平氏一門が都を落ちたのちに戦線を離脱、那智の沖で入水したとされている。 (ja)
dbo:alias
  • 惟盛、権亮三位中将、小松三位中将、 (ja)
  • 千手院殿前三位中将義山貞公大居士 (ja)
  • 桜梅少将、光源氏 (ja)
  • 維盛、浄円 (ja)
  • 惟盛、権亮三位中将、小松三位中将、 (ja)
  • 千手院殿前三位中将義山貞公大居士 (ja)
  • 桜梅少将、光源氏 (ja)
  • 維盛、浄円 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 70931 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8298 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87653199 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
  • 維盛、資盛、清経、有盛、師盛、忠房、宗実、その他 (ja)
  • 維盛、資盛、清経、有盛、師盛、忠房、宗実、その他 (ja)
prop-ja:別名
  • 惟盛、権亮三位中将、小松三位中将、 (ja)
  • 桜梅少将、光源氏 (ja)
  • 惟盛、権亮三位中将、小松三位中将、 (ja)
  • 桜梅少将、光源氏 (ja)
prop-ja:墓所
  • dbpedia-ja:紀伊半島
  • 奈良県吉野郡十津川村五百瀬(旧南望山宝蔵寺)、 (ja)
  • 静岡県富士宮市上稲子西ヶ谷戸、 (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 千手院殿前三位中将義山貞公大居士 (ja)
  • 千手院殿前三位中将義山貞公大居士 (ja)
prop-ja:改名
  • 維盛、浄円 (ja)
  • 維盛、浄円 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --03-28
prop-ja:氏名
  • 平 維盛 (ja)
  • 平 維盛 (ja)
prop-ja:氏族
  • 桓武平氏維衡流(伊勢平氏) (ja)
  • 桓武平氏維衡流(伊勢平氏) (ja)
prop-ja:父母
  • 父:平重盛、母:官女(平時信の娘の坊門殿か) (ja)
  • 父:平重盛、母:官女(平時信の娘の坊門殿か) (ja)
prop-ja:生誕
prop-ja:画像
  • Taira no Koremori.jpg (ja)
  • Taira no Koremori.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 『英雄百首』(歌川貞秀画) (ja)
  • 『英雄百首』(歌川貞秀画) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 平 維盛(たいら の これもり)は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の嫡子平重盛の嫡男。 美貌の貴公子として宮廷にある時には「光源氏の再来」と称された。治承・寿永の乱において大将軍として出陣するが、富士川の戦いで敗北し、倶利伽羅峠の戦いでは壊滅的な敗北を喫する。父の早世もあって一門の中では孤立気味であり、平氏一門が都を落ちたのちに戦線を離脱、那智の沖で入水したとされている。 (ja)
  • 平 維盛(たいら の これもり)は、平安時代末期の平家一門の武将。平清盛の嫡子平重盛の嫡男。 美貌の貴公子として宮廷にある時には「光源氏の再来」と称された。治承・寿永の乱において大将軍として出陣するが、富士川の戦いで敗北し、倶利伽羅峠の戦いでは壊滅的な敗北を喫する。父の早世もあって一門の中では孤立気味であり、平氏一門が都を落ちたのちに戦線を離脱、那智の沖で入水したとされている。 (ja)
rdfs:label
  • 平維盛 (ja)
  • 平維盛 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 平 維盛 (ja)
  • 平 維盛 (ja)
is dbo:child of
is dbo:opponents of
is dbo:sibling of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:兄弟 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of