シュヴァルム=エーダー郡 (Schwalm-Eder-Kreis) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル行政管区に属す郡である。この郡は、人口 179,673 人、面積 1,538.56 km2 で、面積では、ヴァルデック=フランケンベルク郡に次いでヘッセン州で2番目に大きな郡である。この郡は、1974年に旧フリッツラー=ホムベルク郡、旧メルズンゲン郡、旧ツィーゲンハイン郡から形成された。中央に位置するホムベルク (エフツェ)が郡庁所在地である。 この郡はクニュル山地およびの一部を包含しており、肥沃な土壌の西ヘッセン盆地が横切っている。また、名前の元となったとエーダー川が郡内を流れている。 シュヴァルム=エーダー郡は、歴史上のの定住地に位置している。北部はヘッセン方伯の元となったマーデン伯の、南部は1450年までの長きにわたり独立のツィーゲンハイン伯領であった。この地域は、中世にはマインツ選帝侯とヘッセン方伯との紛争が絶えなかった。

Property Value
dbo:abstract
  • シュヴァルム=エーダー郡 (Schwalm-Eder-Kreis) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル行政管区に属す郡である。この郡は、人口 179,673 人、面積 1,538.56 km2 で、面積では、ヴァルデック=フランケンベルク郡に次いでヘッセン州で2番目に大きな郡である。この郡は、1974年に旧フリッツラー=ホムベルク郡、旧メルズンゲン郡、旧ツィーゲンハイン郡から形成された。中央に位置するホムベルク (エフツェ)が郡庁所在地である。 この郡はクニュル山地およびの一部を包含しており、肥沃な土壌の西ヘッセン盆地が横切っている。また、名前の元となったとエーダー川が郡内を流れている。 シュヴァルム=エーダー郡は、歴史上のの定住地に位置している。北部はヘッセン方伯の元となったマーデン伯の、南部は1450年までの長きにわたり独立のツィーゲンハイン伯領であった。この地域は、中世にはマインツ選帝侯とヘッセン方伯との紛争が絶えなかった。 (ja)
  • シュヴァルム=エーダー郡 (Schwalm-Eder-Kreis) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル行政管区に属す郡である。この郡は、人口 179,673 人、面積 1,538.56 km2 で、面積では、ヴァルデック=フランケンベルク郡に次いでヘッセン州で2番目に大きな郡である。この郡は、1974年に旧フリッツラー=ホムベルク郡、旧メルズンゲン郡、旧ツィーゲンハイン郡から形成された。中央に位置するホムベルク (エフツェ)が郡庁所在地である。 この郡はクニュル山地およびの一部を包含しており、肥沃な土壌の西ヘッセン盆地が横切っている。また、名前の元となったとエーダー川が郡内を流れている。 シュヴァルム=エーダー郡は、歴史上のの定住地に位置している。北部はヘッセン方伯の元となったマーデン伯の、南部は1450年までの長きにわたり独立のツィーゲンハイン伯領であった。この地域は、中世にはマインツ選帝侯とヘッセン方伯との紛争が絶えなかった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2463787 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 43802 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72153207 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • シュヴァルム=エーダー郡 (Schwalm-Eder-Kreis) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル行政管区に属す郡である。この郡は、人口 179,673 人、面積 1,538.56 km2 で、面積では、ヴァルデック=フランケンベルク郡に次いでヘッセン州で2番目に大きな郡である。この郡は、1974年に旧フリッツラー=ホムベルク郡、旧メルズンゲン郡、旧ツィーゲンハイン郡から形成された。中央に位置するホムベルク (エフツェ)が郡庁所在地である。 この郡はクニュル山地およびの一部を包含しており、肥沃な土壌の西ヘッセン盆地が横切っている。また、名前の元となったとエーダー川が郡内を流れている。 シュヴァルム=エーダー郡は、歴史上のの定住地に位置している。北部はヘッセン方伯の元となったマーデン伯の、南部は1450年までの長きにわたり独立のツィーゲンハイン伯領であった。この地域は、中世にはマインツ選帝侯とヘッセン方伯との紛争が絶えなかった。 (ja)
  • シュヴァルム=エーダー郡 (Schwalm-Eder-Kreis) は、ドイツ連邦共和国ヘッセン州北部のカッセル行政管区に属す郡である。この郡は、人口 179,673 人、面積 1,538.56 km2 で、面積では、ヴァルデック=フランケンベルク郡に次いでヘッセン州で2番目に大きな郡である。この郡は、1974年に旧フリッツラー=ホムベルク郡、旧メルズンゲン郡、旧ツィーゲンハイン郡から形成された。中央に位置するホムベルク (エフツェ)が郡庁所在地である。 この郡はクニュル山地およびの一部を包含しており、肥沃な土壌の西ヘッセン盆地が横切っている。また、名前の元となったとエーダー川が郡内を流れている。 シュヴァルム=エーダー郡は、歴史上のの定住地に位置している。北部はヘッセン方伯の元となったマーデン伯の、南部は1450年までの長きにわたり独立のツィーゲンハイン伯領であった。この地域は、中世にはマインツ選帝侯とヘッセン方伯との紛争が絶えなかった。 (ja)
rdfs:label
  • シュヴァルム=エーダー郡 (ja)
  • シュヴァルム=エーダー郡 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of